NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年02月26日 更新 | 7,133 views

無精子症が男性不妊の原因だった妊活ブログまとめ

妊活は男性も考えるべきこと。無精子症が発覚した方の妊活ブログには、不妊治療のことだけではなく食生活や生活習慣を改善して質の良い精子を作ろうとする「男性の妊活」が書かれています。また、無精子症の方の妊活体験談ブログには解決法がたくさん。TESA(精巣内精子吸引法)やTESE(精巣内精子回収法)、顕微授精、AID(非配偶者間人工授精)特別養子縁組で養子を迎え入れる方。いろいろな方法で無精子症を克服する様子が妊活ブログには書かれています。

妊活や不妊治療と聞くと、どうしても女性が行うものだというイメージがあります。

ですが、男性の無精子症などが原因で起こる「男性不妊」のパターンも。 そのため、妊活や不妊治療は男性女性どちらにも関係のあることだと言えるでしょう。

最近では、ダイヤモンド☆ユカイさんが無精子症だと取り上げられて話題になりましたが、まだまだ男性の妊活、男性不妊、無精子症という言葉は知られていないようです。

妊活は夫婦で協力して男性女性どちらも行わなければいけないこと。今回は不妊の原因が無精子症だとわかった人の妊活ブログを紹介します。

無精子症の方の妊活ブログ1:雨上がりの空 ~無精子症でも諦めない~

夫婦が手を繋いでいる画像

私の内診もして、その後先生から飛び出した衝撃発言。

『今回の検査で精子は見つかりませんでした。
2カ月後もう一度検査してみましょう。僅かに見つかる人もいますから。』

は?今なんと…?二人とも絶句でした

無精子症にも2種類あり、精子が通常より作られない非閉塞性無精子症と、精子は作られるけど精管が閉塞しているために射精時に精子が含まれない閉塞性無精子症があります。

このブログでは、非閉塞性無精子症の夫を持つブロガーさんがご自身の体験談を綴っています。

結婚して3年経っても子宝に恵まれず、女性であるブロガーさんだけが婦人科に通院。2013年1月に、「念のため」という気持ちで不妊専門クリニックで夫が検査したところ、無精子症が発覚したようです。

無精子症が発覚してから2年間、離婚まで考えるほど複雑な感情で妊活を続けていましたが、2015年5月に待ちに望んだ妊娠判定。大晦日に元気な赤ちゃんを出産したところでブログが終わっています。

ブログではリプロダクションクリニックでの妊活の様子が書かれており、先生を慕っているブロガーさんの様子が垣間見れます。

雨上がりの空 ~無精子症でも諦めない~

無精子症の方の妊活ブログ2:精子ゼロから始める 夫の妊活

診察室では、隣にいる妻の顔が、怖くて見れませんでした。
ですが、診察室を出ると、妻は笑って話かけてくれました。

妻「早めに検査して良かったね!」
私「ごめんね。今日から俺のこと、種無しブドウって呼んでいいよ!」

お互い笑いました。

出典:精子ゼロから始める 夫の妊活

ブログではありますが、タイミング法を試していた時から、無精子症発覚、そして最終回まで、全7回で一連の流れがわかるブログです。

診察の様子や請求書など、豊富な画像で説明してくれていて、とても読みやくなっています。

また無精子症も明るく笑い飛ばすご夫婦の様子に元気をもらえるブログ。

ただ、残念ながら精子を形成する細胞自体がなく、治療もないという診察結果を受け妊活を終了します。

その後、前回の手術の診察結果の報告を受け、
やはり、精子を形成する細胞がなく、治療もないという結論でした。

▼全請求額合計
¥565,711

夫の手術だけで、50万超え・・・。
東京都福祉保健局に助成金について確認したところ、今回のような単体の手術の場合、助成金は出ないとのこと。
採卵までしないといけないらしい。

不妊治療は、高額過ぎる。人口が減っていく一方で、不妊治療を受けれない人もいるでしょう。
早く、国になんとかしてほしいですね。

俺の代わりに、みんな、元気な赤ちゃんを・・・。
さようなら、マイベイベー。

出典:精子ゼロから始める 夫の妊活

精子ゼロから始める 夫の妊活

無精子症の方の妊活ブログ3:続:男性不妊でも絶対ママになるッ!~無精子症奮闘日記~

「赤ちゃん欲しかったのにごめんね。でももう、うちには赤ちゃん来ないんだって。
ママ、体が弱いから赤ちゃん来れないんだって・・・」

と言いました。
本当は旦那の無精子症が不妊の原因ですが、娘には私の体が弱いからと言いました。

「わかった。まま、しなないで。」

出典:続:男性不妊でも絶対ママになるッ!~無精子症奮闘日記~

閉塞性無精子症の夫を持つブロガーさん。

以前にHRT周期(ホルモン補充周期)での凍結胚盤胞移植を行い、ひとりのお子さんを授かっています。

その5年後、幼稚園にあがった娘さんが、ぬぐるみを赤ちゃんに見立て遊んでいる様子を見て二人目の妊活を決心。二人目の妊活記録としてブログを開設したようです。

でも・・・・

娘が幼稚園にあがった頃から、ぬいぐるみを赤ちゃんにみたててお世話をしている姿を見て、
初めて赤ちゃんが欲しい と思うようになりました。

出典:続:男性不妊でも絶対ママになるッ!~無精子症奮闘日記~

ブログには、男性不妊による一人目と二人目不妊の違いや3度の流産、閉塞性無精子症のことが書かれており、男性不妊で子どもを授かった前回のブログと共に読んでおきたい内容です。

男性不妊でも絶対ママになるッ!~無精子症奮闘日記~

続:男性不妊でも絶対ママになるッ!~無精子症奮闘日記~

無精子症の方の妊活ブログ4:青天の霹靂~ゼロから始める不妊治療~

夫婦が手を繋いで歩いている画像

TESE後初の夫婦生活で
初めてそんなネガティブな気持ちにならずに行為を終えた時、
旦那のお決まりの

「役立たず」

発言が出ました。

いつものように聞き流そうかとも思ったのですが
自分の心境の変化もあり

「どういう気持ちで言ってるの?」

と聞いてみたんです。

すると、
旦那の中では既に無精子症というショックから立ち直っての発言だというではありませんか

そこまで立ち直っていて安心はしたものの


旦那よ
ブラックジョークがブラック過ぎるよ

出典:青天の霹靂~ゼロから始める不妊治療~

まずはタイミング法と考えていた矢先に夫の無精子症が発覚。現在も顕微授精で不妊治療を続けているブロガーさんです。

不妊治療の一環で生活習慣や体質改善に努めており、鍼灸院についても書かれています。

青天の霹靂~ゼロから始める不妊治療~

無精子症の方の妊活ブログ5:おたまくんゼロでも☆~無精子症で細胞ICSI~

振り返ってみて、私のマタニティライフは本当にハッピーエンドだったなぁと、今思っています。


初めて北九州セントマザーに行った時から、ちょうど5年。
時間はかかったけれど、こうして2人の子供に恵まれて、本当に幸せです。

初めての子育ては手探りだし、なにしろ2人だし、大変なのは当たり前ですが、我が子は本当にかわいい。
顔のパーツがだんなちゃんに似てるのが本当に嬉しい!!
正真正銘私たちの子なんだなぁって実感があります。

出典:おたまくんゼロでも☆~無精子症で細胞ICSI~

夫の無精子症発覚後、MD-TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)で後期精子細胞(成熟した精子になる前の状態の細胞)を見つけます。その後、凍結胚移植で双子の赤ちゃんを授かったブロガーさんです。

MD-TESEとは、顕微鏡を通して精巣を切開し精子を採取する手術。精子や後期精子細胞が一匹でもいれば顕微授精で受精できる可能性があります。

プロフィール欄に受けた不妊治療の種類と結果がのっており、顕微授精の採卵や受精の個数、割胚の移植や凍結まで詳しくのっているブログです。

おたまくんゼロでも☆~無精子症で細胞ICSI~

無精子症でも妊活すれば妊娠の可能性がある!

女性の手と赤ちゃんの足

射精時の精液に精子がいない無精子症。でも、精子がいないからといって妊娠できないというわけではありません。

たとえば食生活や生活習慣を改善する「男性妊活」で精子が増える可能性があります。またTESA(精巣内精子吸引法)やTESE(精巣内精子回収法)といった方法で精巣から精子を取り出し、顕微授精する方法も。

中には、配偶者以外の精液で人工授精をして妊娠を試みるAID(非配偶者間人工授精)や特別養子縁組で養子を迎え入れる方もいます。

方法も子どもへの愛情も色々な形があるもの。無精子症でも妊活や不妊治療、特別養子縁組など色々な方法で、子どもに愛情を注げるようになった方はたくさんいらっしゃいます。

written by nopaso

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ