NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年02月22日 更新 | 7,249 views

男性不妊が原因で不妊治療している妊活体験談ブログまとめ

妊活は男女どちらにもあてはまること。当然、不妊の原因が男性にある場合もあります。今回は乏精子症、無精子症といった男性不妊が発覚した方たちの妊活体験談ブログをまとめました。顕微授精といった男性の不妊治療や非配偶者間人工授精(AID)といった男性不妊の最後の砦まで、たくさんの情報が詰まっています。

妊活や不妊と聞くと、妊娠をするのが女性だからか、どうしても女性のイメージが先行してしまいます。

しかし、とうぜん男性も妊活や不妊を考えなければいけません。量と質ともに良い精子を作るためには、生活習慣や食生活に気を配る「妊活」をするのが大切ですし、不摂生だと「男性不妊」の可能性が高まります。

今回は、男性不妊だとわかった方たちの妊活体験談ブログをまとめました。不妊治療中の方だけではなく、自然妊娠を目指している妊活中の方も「こういうことがあるかもしれない」という目線で読んでみるのがいいと思います。

男性不妊の妊活体験談ブログ1:男性不妊から自然妊娠、その後。。。 ヘロヘロの記録

もし、子どもがうまれていなかったら、
どうなっていたんだろうと思うと、こわいものを感じます。

男性の私ですら、こんな思いをしているのだから、
早く子どもが欲しいと言われている女性はもっと大変だと思います。

偉そうな事を言える立場ではありませんが、
私の経験が少しでもお役に立てればと思い、再び日記を書くことにしました。

出典:男性不妊から自然妊娠、その後。。。 ヘロヘロの記録

妊活体験談ブログとしては珍しい、男性目線のブログです。

精子の数が少なく運動率が低いことが原因の男性不妊ながらも、自然妊娠で赤ちゃんを授かることができたヘロヘロさん。一度はブログを閉鎖しましたが復活しています。

現在は二人目の赤ちゃんを目指して妊活中。ただ、精液検査では機械で判断できず目視での確認になるほど精子が弱っている状態。今も不妊治療中のブロガーさんです。

男性不妊から自然妊娠、その後。。。 ヘロヘロの記録

男性不妊の妊活体験談ブログ2:男性不妊の治療を淡々と綴るブログ

1年4ヶ月通った不妊治療専門クリニックですが、無事に最終日を迎えました。
内診では、前回よりちょっと大きくなった赤ちゃんと心拍を無事に確認できました。
腫れていた卵巣も、片方は小さくなりつつあり、もう片方も、このままいけば処置は必要なさそう、ということで一安心です。

出典:男性不妊の治療を淡々と綴るブログ

精子がいない無精子症の夫を持つご夫婦のブログ。不妊治療専門クリニックに1年4ヶ月通った末に、お腹に赤ちゃんを宿すことができたようです。

不妊治療専門クリニックを卒業し、いわゆる「卒業証書」を受け取って「出産」という新たなステージに進むところでブログは終わっています。

ブログには1年4ヶ月にわたる不妊治療専門クリニックでの妊活の様子が書かれており、様々な検査の結果や不妊治療専門クリニックでの夫婦の心の揺れ動きが見て取れます。

男性不妊の治療を淡々と綴るブログ

男性不妊の妊活体験談ブログ3:男性不妊治療ブログ

先日の精液検査にて、運動率2%という絶望的な結果を出してしまった僕です。
本当にショックだ。

妻もショックだったのだろう。
その晩、僕は妻にこう言われた。

「ボクサーパンツは二度と穿かないで」

出典:男性不妊治療ブログ

こちらも妊活ブログではめずらしい男性目線のブログ。ブログでありながら、記事が大変読みやすくまとまっています。

妊活で男性が気をつけるべき知識がたくさん詰まっており、「男性不妊ならボクサーパンツはNG」「ラブコスメ、ラブグッズは最強の不妊治療サプリメント」といった、男子不妊でないと気づかないことが書かれています。

男性不妊でなくても、妊活中の妻がいる全国の夫にぜひ読んで欲しいブログです。

男性不妊治療ブログ

男性不妊の妊活体験談ブログ4:MR.20代の男性不妊備忘録

アナウンスが鳴り、診察室に入ると、顕微鏡を覗いている先生がいました。

私が椅子に座ると、先生はすぐに検査結果を言いました。

「前回は4~5匹はいたけど、今回は本当に0匹です。」

出典:MR.20代の男性不妊備忘録

乏精子症と無精子症の間にいるブロガーさん。不妊治療の記録だけでなく、妊活・不妊治療に役立つ情報を発信してくれています。

「精子の量と質の改善は体質改善から」とサプリメントやダイエット、食べ物、運動などの情報もたくさん。

不妊治療は男性も女性もすぐに結果が出ないことがあります。そういうときは回り道に思えても、食生活の見直しや運動など、体質からじっくり改善していくのがいいのかもしれません。

MR.20代の男性不妊備忘録

男性不妊の妊活体験談ブログ5:Modest Life ~無精子症の不妊治療ブログ~

もう、分かりやすく簡単に言うと自分を完全に全否定された感じ。

うーん。こんなもので伝えきれないですね。

正直、こんなタイトルのブログを書こうとしておいて、無精子症と言われたときの気持ちを一言では言えないというw

私の場合は、泣くことは無かったですが、頭にとてつもなく血が上るのと、全部の血の気がサーーーっと引くのが同時に起きたというか。

なんか不思議な感覚で。

出典:Modest Life ~無精子症の不妊治療ブログ~

無精子症には、薬剤で精子が現れるのを期待できる非閉塞性と手術が必要な閉塞性の2種類あります。このブログの管理人ひなたさんは閉塞性でした。

無精子症と知ってから、実は5年間何もしなかったというひなたさん。5年間は「休憩」し、なかなか手術を受ける勇気はなかったとか。

ただ、幸運な事に手術を受けて4ヶ月後に奥さんが妊娠。そのときの教訓をひなたさんはこう振り返っています。

最後は自分で決めるしかないんです。

決断するためには、ネットでも病院の先生でも何でも使い尽くしてください。
途中で休憩せずに、自分が納得するまでやり続けて下さい。

私は5年間も休憩してしまいました。その時間に後悔しかありません。

目を背けても結局はやってきます。
私と同じ後悔にならないように願っています。

出典:Modest Life ~無精子症の不妊治療ブログ~

いま妊活中で男性不妊だとしても、いろいろな情報がまとまっているこのブログがあります。途中で「休憩」せず妊活していくのがいいのかもしれません。

Modest Life ~無精子症の不妊治療ブログ~

男性不妊の妊活体験談ブログ6:~タネはなくても花は咲く~

たとえ半年後にできたとしてその次は?
AIDは妊娠率の低い難しい治療なので
最低20回はやるつもりでいたほうがいいよ
といわれてきましたが
半年に1回ってことは・・・20回やるとなると
じゅ、じゅ、じゅ、じゅうねん?

出典:~タネはなくても花は咲く~

妊活をして3年、夫の無精子症が発覚して18ヶ月経って、非配偶者間人工授精(AID)という治療をはじめたブロガーさんです。

非配偶者間人工授精(AID)とは配偶者以外の精液で人工授精をして妊娠を試みる方法。通常、いろいろな男性不妊の治療を行ったにもかかわらず、妊娠できなかったときに用いられる方法です。

ただ非配偶者間人工授精(AID)にも色々と問題があり、このブログはそういった問題を中心に書かれています。色々な男性不妊治療のなかでも非配偶者間人工授精(AID)に関するブログはあまりないので大変貴重。ぜひ妊活中の夫婦で読んでもらいたいブログです。

~タネはなくても花は咲く~

男性不妊だとわかっても妊活をあきらめない

男性側に不妊の原因があった場合、特に閉塞性無精子症だとわかった場合は、とてもショックなのがブログから伝わってきます。

でも、そこで不妊治療を辞め、妊活を終える必要は当然ありません。体質改善、生活習慣の見直し、タイミング法、人工授精、体外受精、手術、非配偶者間人工授精(AID)、特別養子縁組と、赤ちゃんや子どもを授かる方法は残っています。

納得がいくまで妊活を続けるのが夫婦の幸せにつながると思います。

written by nopaso

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44478 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ