NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月24日 更新 | 36,606 views

【連載】 デブスと呼ばれた私が10kg以上のダイエットに成功するまで -はじまり-

食べることが大好きで、ピーク時の体重は60kg越え。デブとからかわれくやしい思いを何度もし、ダイエットを決意しました。ですが何も口にしない極端なダイエットのせいで、摂食障害を発症。拒食と過食を繰り返し、5年間苦しんだ末に私がたどり着いたダイエット法とは……。

* お久しぶりのinsta💓 見てくれた方はわかると思うんだけど ID乗っ取り?みたいなのにあって 少しの間制限かかってました💦 とんだ迷惑😭🙌 今日からやっと復活です❣️❣️ * * そんな私ですが 腰痛めてからまだジム1回もいけてません😭🙌 なのに外食続きで...食べまくってます← * でもでもでも❣️ 先月あれだけ食事管理とジムで頑張って 1kgも減らなかった体重が ある事に挑戦中で3日で1.7kg痩せました👏✨ 詳しくはblogでレポしてます🐷💓 * ではではでは.....! これからもよろしくお願いします💓 * * #diet #ダイエット #ダイエッター #痩せる #食べて痩せる #食事管理 #style #code #coordinate #ファッション #fashion #make #love #bodymake #ボディーメイク #body #シンプル #happy #follow #followme

A photo posted by さーたん (@saachi_10) on

はじめまして、さーたんです。

幼い頃から太っていた私は、さまざまなダイエットに挑戦し10kg以上のダイエットに成功。

バキバキではない、女性らしいしなやかなボディを目指し、インナーマッスルを鍛えることを意識しながら日々ダイエット法を研究しています。

私のモットーは「可愛いはつくれる」。

私の経験やダイエット法が、見た目のコンプレックスに悩む女性に勇気を与えられたら……

連載第1回目の今回は、私が正しいダイエット法に出会うまでの葛藤をお伝えします。

太っていた学生時代

ダイエットのビフォーアフター

私は小さい頃から太っていました。

他の子どもより身体はひとまわり大きく、小学生になってからは「デブ、ブス」とからかわれるように。

中学生になっても変わらず太っていて、ピーク時の体重はなんと60kg

太るギャル曽根と呼ばれるくらいの大食いで、小学生の頃からお寿司を30皿近く食べたりしていました。

痩せたい願望はありましたが、食欲が勝ってしまっていたんです。

そんな私が最初にダイエットを意識したのは、女友達と一緒に男の子2人と遊んだとき。

その女友達に引き立て役に使われ、悔しい思いをしたんです。

「絶対見返してやる」と強い決意を胸に、高校卒業後から本格的なダイエットを始めました。

摂食障害に

女性の脚の写真

ダイエットのやりかたがちゃんと分からず、ただ食べないだけの極端なダイエットを行った私は、摂食障害を発症。

一般的に摂食障害は「拒食期→過食期→過食嘔吐期」と段階をふんでゆくと言われていますが、私も例外ではありませんでした。

拒食から始まった摂食障害は、私を5年近く苦しめたんです。

拒食期

当時は「ダイエット=食べない」ことだと思っていました。

極力何も食べず、お腹がすけばサラダ一口、スルメ、コーラ0だけ。

さらに消費しようと思い、サウナ通いを開始しました。

汗をかけば体重が減る。

水分が減っているだけなのに脂肪が落ちているとかんちがいし、サウナに6時間滞在する日も。

体重は急激に落ち、いろんな人に「やせたね」とほめられました。

過食期

何も食べない日が続いていましたが、ディズニーランドがきっかけで過食症に。

「ディズニーに行ったときくらい」とお菓子など好きなだけ食べあさりました。

その時に食べる楽しみを思い出したかのように、ディズニーを境に食欲が止まらなくなりました。

太りたくはなかったのでサウナ通いは継続していましたが、体重は増える一方。

あせりから、とうとう食べたものを「吐く」ようになっていったんです。

過食嘔吐期

「食べても吐けば吸収されない! 」と思い、食べては吐くようになりました。

けれど私の場合外食の際は吐くのをがまんし、代わりに次の日に絶食したりサウナにこもったり。

過食嘔吐は、仕事で疲れたときやストレスを感じたときに、特に衝動が強くなりました。

頭の中に食べものが浮かぶともう欲求はとまらず、コンビニにかけこんで菓子パン10個、おにぎり、ジュースを数本、マクドナルドのセットを3つ、牛丼を3つなど。

もともと大食いだったため、「吐けば太らずに済む」と思うと食欲はとどまるところを知りませんでした。

嘔吐を繰り返すうちに唾液腺がはれ、顔や身体はむくみ、肌は荒れる一方。

太ったりやせたりを繰り返し、気がつけば体重は60kgを超えていました。

このままじゃお金も時間もむだにして、身体はボロボロになるだけだ。

そう危機感を覚え、正しいダイエット法のための勉強を始めたんです。

written by さーたん

この記事は2016年3月2日(水)配信予定の【連載】 デブスと呼ばれた私が10kg以上のダイエットに成功するまで -食事編-に続きます。

いち早く連載の更新情報をゲットできる、NICOLY公式のメルマガやLINEをぜひチェックしてください!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

さーたん Profile

学生時代は食べることが大好きで、身長163cmにしてMAX体重は60kg越え。

極端なダイエットを行ううちに摂食障害に陥り、正しいダイエット法を研究。

10kg以上の減量に成功し、現在は46~50kgをキープしている。

体重より見た目を重視し、インナーを鍛えた女性らしいボディを目指して日々奮闘中。

歯科助手として働く一方、「可愛いはつくれる」をモットーに雑誌やテレビで自身のダイエット法について多くの女性に伝授。

instagramのフォロワーは1万人を超える

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ