NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 1,626 views

一重さん必見♡失敗しない「アイライナー」の引き方講座

一重まぶたにぴったりな「アイライン」の引き方がわからない……と悩んでいる女性は多いはず。そこで今回は、腫れぼったい一重まぶたの印象がガラリと変わる、アイラインの引き方のポイントやパンダ目を防止する方法などくわしくご紹介します♡

アイラインは目元をより印象的に見せることができる、女子のマストアイテム。

とくに、まぶたが厚い一重まぶたさんは、アイライナーの引き方しだいで目元の雰囲気をガラリと変えることが可能なんです!

そこで今回は、一重まぶたさんにおすすめなアイライナーの引き方をくわしくご紹介します♡

用意するもの

アイライナーの画像

まず、 「ブラックアイライナー」「綿棒」を用意しましょう。

濃い色のアイライナーがおすすめ

より目を印象的に見せたいのなら、アイライナーはブラックを使いましょう。

ブラウンでもかわいい系の目元が演出できますが、とくにライトブラウンなど明るい色味の場合、目元がぼやけた印象になってしまいます。

そのため、一重まぶたさんは、まぶたの腫れぼったさをごまかす意味でも、濃い色のアイライナーを使うのがおすすめ。

綿棒は必須アイテム

アイライナーの他にもう一つ用意して欲しいものが「綿棒」。

綿棒を併用することによって、よりきれいにアイメイクを仕上げることができます。

アイライナーの引き方のポイント

柵により掛かる女性

次に、一重まぶたさんのアイラインの引き方のポイントをご紹介します。

まつ毛の間をしっかり埋める

一重まぶたの人は、まぶたに厚みがあり、アイラインが引きにくいので、指でまぶたを少し持ち上げて、まつ毛の隙間までアイラインを塗っていきましょう。

このとき粘膜や眼球を傷つけないように注意。

アイラインは目尻から

しっかり隙間を埋めることを意識しながら、「目尻から中央」にアイラインを引きます。

そして次に「目頭から中央」とアイラインを引きます。

ポイントは、一度にきれいな線を引こうと思わないこと。

アイラインは、2回に分けて引く方法がおすすめです。

「綿棒」でアイラインをなぞる

アイライナーがはみ出してしまった部分を、綿棒でオフしていきます。

地味な作業ですが、アイラインがヨレずに長持ちするためにも、このひと手間が大切。

薄くなってしまった部分は、またアイライナーを塗って足していきましょう。

目尻のアイラインは5mmまで

一重まぶたさんは、目を少しでも大きく見せるためにアイライナー使って長めに引くのが◎。

アイラインは目幅から5mmはみ出すくらいでOKです。

また、アイラインは、あまりハネ上げず、ナチュラルに流していくのもポイント。

できるだけ目のラインの延長といった感じで、自然に伸ばしていくとGOOD。

アイラインの太さは3mmくらい

一重まぶたさんは、目を開けた時にアイラインが埋もれてみえない……という悩みも。

一重まぶたさんのアイラインは、3mm以上の太さが必要です。

太めのアイラインは派手にみえるから苦手……という人は、ブラックのアイラインの外側にブラウンのアイラインを引くと印象が柔くなるのでおすすめ。

パンダ目を防止するには?

パンダのラテアート

太めのアイラインを引くと、どうしても心配なのがパンダ目になりやすい……ということ。

パンダ目を防止するには、水に強いウォータープルーフタイプのアイライナーを使用がおすすめです。

パウダーをつかってパンダ目を防ぐ

しっかりパウダーを肌にのせてからアイライナーを引くようにしましょう。

目の周りをパウダリーにしておくことで、化粧が崩れにくくなります。

逆にNGなのが、目元をオイリーな状態にしてしまうこと。メイクが落ちやすくなってしまうので、気をつけましょう。

アイライナーを引いたあとに、もう一度アイシャドウを重ねるというのもおすすめ。

自分に合ったメイクをしよう♡

金髪の女性が目をつむっている様子出典:We♡it

一重まぶたにぴったりなアイラインがマスターできれば、目元の雰囲気をガラリと変えることができます!

もちろん自分なりのアレンジを加えてもOK。

毎日、楽しく可愛くメイクアップしましょう♡

Top image via We♡it

written by kurihara

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ