NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年09月17日 更新 | 4,633 views

顔のたるみにさよならできる? 老化防止のフェイスエクササイズ

顔のシワやたるみの原因は、顔全体にある表情筋の衰えが大きな原因。エクササイズで表情筋を鍛えることでたるみの解消だけでなく、イキイキと若々しい表情も手に入れることができます! あわせて姿勢の悪さや生活の悪習慣も解消させることで効果が倍増します。

シミやしわは顔の老け度を左右する大きなサインですが、顔のたるみがあると、顔の見た目年齢をさらにグッと引き上げてしまいます。

顔のたるみの原因は大きく3つ

顔のたるみの原因は大きくわけて3つあります。

1. 表情筋・深層筋の衰え*

皮膚のすぐ下にある表情筋が衰えてくるとその上の脂肪や皮膚が支えられなくなり、たるみが生じます。

2. 肌弾力の低下*

紫外線・生活習慣・乾燥・加齢などのさまざまな要因で肌の弾力が失われるとたるみが生じます。

3. 猫背・姿勢の悪さ、生活の悪習慣*

顔の筋肉は首や頭とつながっており、猫背や悪い姿勢で顔の筋肉が本来と異なる方向に引っ張られることでたるみが生じます。

エクササイズで顔のたるみを解消!

この中でも表情筋の衰えは、エクササイズすることで解消することができます!

生活習慣や姿勢の問題も併せてクリアしていきたいですが、まずは最重要項目。ここからは表情筋のエクササイズを動画を使って紹介したいと思います。

顔全体を使った顔面体操で表情筋を鍛える!

  1. 目をギュッと閉じ、鼻先に顔のすべてのパーツを集めるような気持ちで力を入れます。唇は鼻先に向かってチューッと突き出し、眉間もしわを寄せて鼻方向を向かせます頬もギュッと力を入れて鼻の方に向かわせます。10秒ほどキープ
  2. 今度は目をカッと見開いて、今寄せていたパーツをすべて広げる気持ちで。口は大きくワッと開け、おでこのシワも伸ばすつもりで。これも10秒ほどキープ
  3. 眉間の運動。目を閉じて眉間にギュツとシワを寄せて10秒ほどキープ
  4. 次は目を閉じたまま黒目を上へ上げるようなつもりで、眉間のシワを延ばします。これも10秒ほどキープ
  5. 口輪筋の運動。目を見開いて大きく口を開けて「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」
  6. 頬の筋肉も動かします。同じく目を見開いて、頬を上げて口を大きく開けたまま横に伸ばします。「あ」の口のまま「え」を言うイメージです。次に頬を上げて口を縦に大きく開けます。「う」の口のまま大きく「お」を言うイメージです
  7. 法令線のケアをします。頬を思い切りふくらませて10秒キープします。次に、頬を思い切りへこませて10秒キープします。唇を突き出した状態のまま口を開け、「あ」「え」の形になるように大きく動かします
  8. あごの運動をします。あごを右に動かして10秒キープします。次に左に動かして10秒キープします。

肌年齢が出やすい口輪筋(口の周りの筋肉)のエクササイズでたるみ、法令線をケア!

  1. 「舌回し」で普段使わない顔の筋肉までも呼びさます! 唇を軽く閉じて、口の中で舌を外方向に突き出しながら、ゆっくり大きく3回転させます。皮膚と筋肉がしっかり伸びるのを意識するようにしてください
  2. 逆回りでまた3回転します。できるだけ大きく舌を回すのがポイント

顎の筋肉が疲れたり頬がほんのり温かくなるのを感じるはず。

慣れてきたら、黒目も一緒に同じ方向に動かせば、眼輪筋が鍛えられます。

顔以外にもある、顔のたるみの原因

意外なところに顔のたるみの原因はあります。

姿勢

猫背や肩甲骨のコリも、顔のたるみが原因となるのです。

猫背姿勢やあごを突き出して長時間デスクワークしている、あるいは肩甲骨のコリがあると、背中が丸くなり、骨盤が後ろに傾きます。顔に下方向への力がかかり続け、それを支えるはずの骨盤の力がうまく働かないために顔のたるみが生じるというわけです。

正しい姿勢を保つように心がけること、肩甲骨のコリをほぐすことで、次第に顔のたるみは解消されていきます。

ダイエットにも効果的といわれている肩甲骨はがしエクササイズが顔のたるみ改善にも効果的なのでご紹介します。

肩甲骨はがしエクササイズで顔のたるみ解消

  1. 正面を向いて立ち、頭を肩につけるようなつもりで横に倒し、30秒キープ。反対側も同じようにします
  2. 手のひらを上に向け腕を横に広げて伸ばし、肩の高さまで上げます。肘を90度に曲げて肩甲骨を下に動かします。充分に下げたらその位置で5秒間キープします
  3. 手順1~2を10回繰り返します。

エクササイズの効果を倍増させるために……絶対やめたい悪習慣

お気に入りのキャスケットを被ってポーズをとっている女性出典:Pinterest

生活習慣の中にも顔のたるみの原因はあります。以下のチェック項目を確認してみてください。

  • 柔らかいものばかり食べている:アゴが小さくなり顔の筋肉が支えられない
  • 糖質を摂り過ぎている:糖質の摂り過ぎは血液をドロドロにし、むくみやすくなったり、老廃物が溜まって肌が老化したりします。
  • 便秘がち:体の毒素が排出されず、身体全体の老化が進みます
  • 紫外線対策をしていない:紫外線A波は顔のたるみの原因となります
  • 日常会話が少ない、おしゃべりも少なく、無表情のことが多い:表情筋が使われないので筋力が衰えます
  • パソコンばかり眺めていて視線や顔を動かす機会が少ない:これも表情筋が衰える原因です

気軽に気を付けられることが多いので、ぜひ悪習慣を断ち切って、顔のたるみ解消にさらに近づいてくださいね。

顔のたるみの解消だけでなく、イキイキとした表情も手に入れられるはずです。そうすればきっと、周囲の人間関係にもいいことが起こるかも!

老けて見える「ゴルゴ線」をなくそう!

みなさん「ゴルゴ13」という漫画をご存じですか?ゴルゴの主人公は目の下から頬の方にかけてまるでクマのようなたるみがあります。

美容の専門用語でいうと「ミッドチークライン」とも言うそうです。

この「ミッドチークライン」が出てきてしまうと、一気に老け込んでいきます。どうすればこのゴルゴ線を作らないようにできるのでしょうか?

ゴルゴ線ができてしまう悪習慣

ゴルゴ線は主に顔の皮膚のたるみによって出てきます。このたるみはふだんの生活習慣が影響していると言われているのです。

以下のような生活習慣が、ゴルゴ線をより濃くする原因になっています!

  • 表情筋をあまり動かさない
  • スマートフォンやパソコンばかり見ている
  • スキンケアに力を入れていない

まず表情筋というのは意識していてもなかなか動かすのが難しい筋肉です。

人間はふだん持っている筋肉を20%ほどしか動かしていないといいますから、表情筋もほとんど動かさないまま一日を終える人が多いでしょう。

これだと頬はどんどんたるんでいきます。できるだけ表情は豊かにするように心がけて目の周りのリンパの流れを良くしたり、表情筋を鍛えてハリのある肌が保てるようにしてください!

そしてスマホやパソコンばかりいじっている方も要注意です。重力によって頬の肉が垂れ下がってしまい、ゴルゴ線がより濃いものとなってしまいます。

スマホやパソコンをいじるときは、ちゃんと時間を決めてさらに間にちょくちょく休憩を入れるようにしましょう。

ゴルゴ線解消に効くエクササイズ

ゴルゴ線を解消するためにおすすめのエクササイズがあります。ぜひ日常的に行って、頬の下にゴルゴ線画できないようにしてください!

エクササイズのやり方は以下のとおりです♪

  1. 口を「お」の形に目一杯広げて、鼻の下も伸ばす
  2. それをキープしながら目を見開いて目線を上方に
  3. その状態で下まぶただけを上にクイッと5回ほど上げましょう

これがゴルゴ線を解消するためのエクササイズです。実はけっこう難しいので、練習しながら慣れていきましょう。

「下まぶただけ上げる」というのはちょうど目を細めたような感じになるかと思います。下まぶたの筋肉がしっかり動かされているかが、このエクササイズにおける最重要事項です。

スキマ時間にもできるエクササイズなので、覚えて日常的に実践していきましょう!

エクササイズ+マッサージ

エクササイズが終わったら、目の周りをほぐすようなマッサージをしてください。マッサージをすることで、緊張していた表情筋がほぐれて血流やリンパの流れも良くなります!

まずは頬のマッサージ。両手でこぶしをつくって、口の端っこに当てましょう。口角を引き上げるようにしながら、上へ上へとこぶしで顔を揉みほぐしていきます。

この部分に関しては、ちょっと痛いと思うくらいがちょうどいいです。

そして次はリンパのマッサージ。リンパは鎖骨に通っているので、鎖骨を重点的にマッサージしていきます。

こちらも両手でこぶしをつくって鎖骨のすぐ下に当てたら、上へ上へマッサージしていきましょう。お風呂に入っているときにやると、より大きな効果が見込めます。

最後は耳マッサージです。マッサージと言っても、耳のふちを外側に向かって引っ張るだけの簡単なもの。

これによって顔の表情筋もいっしょに引っ張られ、上手にほぐすことができます。あまり強く引っ張らないようにするのがポイントですよ!

Top image via Pinterest

written by さんしょ

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ