NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 4,547 views

1日10粒でOK! アーモンドをダイエット中に食べるといい理由って?

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

植物性たんぱく質を含み、食物繊維やミネラルやビタミンEも豊富で、ダイエット中の間食にまさにうってつけのアーモンド。さまざまなナッツがある中で一番手頃なアーモンドを食生活に取りいれる人が増えています。では、アーモンドをどのようにしてダイエットに活かせばいいのでしょうか。

ダイエットや体調管理、美容目的でアーモンドを間食に取り入れている人が増えています。

なぜアーモンドにさまざまな効果があるのか、またより効果的にダイエットに取り入れるためにはどうしたらいいのか、紹介します。

アーモンドとダイエットとはどう結びつく?

ナッツは、基本的にカロリーが高いという印象を受けると思います。

たしかに、アーモンド100g中のカロリーは約600kcal。これは白飯の約3倍にもなります。

これだけ見ればたしかに高カロリーですが、アーモンド100gを粒に換算すると約100粒です。

さすがにこれはかなり無理をしなければ食べられるものではありません。

アーモンドはダイエットの中でも置き換えには向かず、ダイエット中の間食に取り入れてダイエットをサポートするという位置づけになります。

アーモンドはどうしてダイエットにいいの?

アーモンドを持ったくまさんのクッキー出典:Weheartit

アーモンドに含まれている栄養素でダイエットに効果があるのは食物繊維とビタミンB2。

そして、ビタミンEと良質な油として有名なオレイン酸を豊富に含んでいるので美容効果が非常に高いのが特徴です。

また、物理的に硬い繊維質であることから1回に噛む回数が格段に増えるため、満腹中枢への刺激が強くなり、食事前に取り入れれば食事量を抑えることができます。

食物繊維とビタミンB2のダイエット効果

アーモンドに含まれている食物繊維はそのほとんとが不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は消化されることなく腸まで届き、腸で水分を吸収して便量を増やし、腸を刺激して排便を促す効果があります。

ビタミンB2は糖質・たんぱく質・脂質のエネルギー代謝に大きく関わっており、脂質のエネルギー代謝を上げる効果で、ダイエットを助けてくれます。

またビタミンB2は肌の細胞の再生を促す効果があるので、ダイエット中の栄養バランスの崩れによる肌のカサつきやシミやしわの発生を防止する働きがあります。

美容効果がたっぷりのビタミンE

ビタミンの中でもっとも高い抗酸化力を示すのがビタミンEで、体に溜まった過酸化物質を除去して、ダイエット中の疲労感やイライラの軽減をしてくれます。

また血管壁の再生に作用して血液循環の良好な状態を維持します。

さらに毛細血管を広げる作用もあるので、ダイエットの燃焼効果を上げるのと同時に、肌の隅々まで栄養素が届くようになり、きれいな肌を維持することが出来ます。

その他にもホルモン分泌の、特に女性ホルモンのエストロゲンの分泌調整に働くので、エストロゲンの作用による潤いある肌の維持とホルモンバランスの崩れによって起こってくる精神的不調を防ぐ効果があります。

血液からキレイにするオレイン酸

アーモンドに含まれる脂質の約70%もの割合を占めるオレイン酸は、食品中の不飽和脂肪酸の中でもっとも酸化に強く、摂取した後の体内での過酸化脂質の発生量がもっとも少ない油です。

過酸化脂質は増えすぎると血液をドロドロにして、動脈硬化や梗塞や血栓の原因となります。

また血液中の増え過ぎたコレステロールや中性脂肪を排出する働きがるので血液をサラサラにしてくれます。

血液がサラサラな状態だと、ダイエットのためのエネルギー代謝量が上がり、美容や健康のための栄養素が隅々まで届くように。

この作用はビタミンEと合わさることでより強くなります。

また腸内でもオレイン酸は働き、乳化作用という油と水を結びつける作用により、便の中に排出するべき油を取り込んでくれます。また便が柔らかくなるので排便はより滑らかになります。

アーモンドを食べる時の注意

ダイエット期間中におすすめのアーモンドですが、注意するべきことはやはりあります。

それは、食べ過ぎはいけないということです。

アーモンドは、100gで約600kcalという白飯の約3倍ものカロリーがあります。当然食べ過ぎれば太る原因を作ることになってしまいます。

また、食物繊維ですが、アーモンドはそのほとんどが不溶性食物繊維なので、摂り過ぎると便の量が増えて便秘の原因を作ることにもなります。

さらに脂質のオレイン酸も体の中での量が多すぎると、腸内での油が増えすぎて下痢症状を呈することがあります。

便秘や下痢の状態を長期間繰り返していると、腸内の炎症から過敏性腸症候群や大腸炎、潰瘍性大腸炎のリスクを上げることになり、結果として近年増加傾向にある大腸がんのリスクを上げることになってしまいます。

これらの理由が置き換えダイエットの向かない理由です。

あくまでもダイエットのサポート

アーモンドはあくまでもメインのダイエットとは別にサポートするものという意識は常に持っていて下さい。

過ぎたるは及ばざるがごとし! バランスを崩さないように上手に取り入れて下さい。

image via Weheartit

written by 岩月啓四郎

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44329 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ