NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月13日 更新 | 2,404 views

しみとくすみをまとめて対策! お風呂でできる3ステップ

年齢とともに気になってくるのが"しみ"と"くすみ"。ちゃんとケアしたい、エステに行きたいけど、仕事や子育てが忙しくてスキンケアまで手が回らないのが現実ではないでしょうか。そんなとき、しみとくすみの問題を手軽で早く解決することができれば助かりますよね! 今回はしみとくすみを手軽に早くケアする方法をご紹介します。

しみとくすみの原因

サングラスをして赤いリップをしている女性

まず、しみとくすみの原因について説明します。

しみは肌の頬骨やこめかみ辺りによくできる茶色や赤色の斑点で、紫外線などの外的刺激によっておこる色素沈着や炎症です。

くすみは、血行不良や寝不足、疲れ、乾燥、冷えなどによっておこり、顔色を暗くさせます。

しみとくすみが老け顔の元凶と言われるのはこのためです。

私は子どもを産んで夜も寝られない日が続いたとき、しみとくすみで一気に老け顔になってきたことに気づきました。赤ちゃんの肌にはいつも張りがあり、透明感があるのに! そこで、忙しい毎日の中で時短でできるお風呂でのケアを実践しました。

しみとくすみをお風呂で一気に撃退!

花を浮かべたお風呂につかっている女性

忙しい毎日の中で、簡単にできるお風呂でのケアをご紹介します。

Step1: 洗顔せっけんは泡立てて使い、お湯で優しく流す!

お風呂に入ったら必ず顔を洗いますよね。いつもの洗顔を少し変えるだけで、しみとくすみを予防することができます。

顔の皮膚は薄くデリケートなので、自分の手でゴシゴシ洗うと刺激になって、しみやくすみの原因になってしまいます。そのため、石けんは泡立てて優しく、泡で包み込むように洗いましょう。

水や熱すぎるお湯では肌を刺激してしまうので、泡を流すときは水ではなくぬるま湯で優しく流しましょう。私は100円ショップで泡立てネットを買い、赤ちゃんと私の洗顔を両方まとめて泡立てて使っていました!

Step2: 洗顔後はすぐに化粧水や乳液で保湿!

洗顔後にそのまま放っておくと、どんどん水分が蒸発して肌が乾燥してしまいます。乾燥はくすみの原因なので、なるべく早く化粧水や乳液で保湿することが大切です。

私は化粧水や乳液などたくさんの種類を使うのが面倒だったので、オールインワンタイプのものをお風呂場に置いて使っています。

子育て中だと子どもをお風呂に入れながらなので、時短でできるものがありがたいですよね。これを続けることで私の乾燥肌は改善しました。お風呂で蒸気がある中なので、さらに効果的に保湿できます。

Step3: 乳液の後は顔パックでさらに保湿と血行改善を!

洗顔や身体を洗った後にゆっくり湯船につかりながら顔パックをします。湯船につかることで血行がよくなり、さらに蒸気で顔もポカポカしてくるので、くすみの最大の原因である、血流不良や冷えを改善できます。また、リラックスできるので疲れも解消できるのではないでしょうか。

ちなみにパックもお風呂場に置いておきます。顔や身体を洗っている間に少しパック自体も温まり、保湿効果も増しますよ。

私が実践したお肌のケアはこれだけです。子どもを産んでから顔のしみやくすみがコンプレックスでしたが、この3つを続けてからは、家族に肌が綺麗になったといわれました! ぜひ皆さんも時短ケアを試してみてください。

しみやくすみのケア、対策で気をつける3つのこと

様々な色のチーク

お風呂場での時短ケア以外にこれだけは気をつけてほしいことを3つお伝えします。

1つめは、外出時は日焼け止めを塗ることです。紫外線は肌への強力な刺激になるので、これだけは面倒でもしておくと良いでしょう。

2つめは、きちんと睡眠をとることです。肌の細胞が刺激で炎症をおこした場合、炎症を抑えるために睡眠と休息が大切です。子育て中の人は睡眠もままならないのですが、少しでも休息をとりましょう。

3つめは、バランスのよい食事です。若い頃は多少偏った食事が続いても影響は少なかったとしても、年をとると食事バランスはとても大切。

毎日完璧な食事ができなくても、1週間かけてバランスのよい食事を心がけましょう。

しみのタイプ別で見る対策とは

しみタイプ出典:xn--navi-kq7i715c1o7cmjk.jp

しみと一言で言っても、いろいろな種類があることをご存知でしょうか?自分を悩ませているしみがどんなタイプなのかを、まずはしっかり見極めていきましょう。

タイプを把握してから対策をとると、また一段と効果でも出ていきます。

炎症性色素沈着

漢字で書かれるとなんだか威圧感がありますが、要は色素沈着の一種です。昔負った炎症だったり傷だったりが、肌に色素沈着してしまって残ったようなしみです。

虫刺されや脱毛によってできてしまったしみも、ここに分類されます。

こういったしみはビタミンC誘導体が含まれているスキンケアを使うと、改善されていくようです。

ビタミンC誘導体は、単体では肌に浸透しにくいビタミンCを肌の深層まで届ける働きをしてくれます。

さらにこうした種類のしみは、肌のターンオーバーによっても薄くすることができます。ターンオーバーを促進するために、定期的にピーリングを行ってもいいかもしれません。

日焼け記憶じみ

若い頃に日焼けをしてしまって、その影響でしみがでてしまうことを日焼け記憶じみといいます。

最初は薄くて気にならない程度のしみでも、年月が経つにつれて濃くなっていくのがこのしみの特徴です。

できれば薄いうちにしっかり対策をとって、それ以上しみが濃くならないようにしたいところでしょう!

さきほどの炎症性のものと比べると、しみと肌との境界線がくっきりしているのでこれも判断基準にしてみてください。

残念ながら紫外線によるしみはなかなかスキンケアでは改善していきません。なので美容整形やレーザーによってしみ除去するのがおすすめです!

そばかす

主に目の下に広い範囲でできる、細かいしみのことを指します。そばかすには遺伝的なものもありますが、これは改善するのが難しいようです。

改善できるのは後天的なそばかすのみ。10代の思春期に生活習慣や紫外線によってできたそばかすは、改善する余地があります。

美白化粧品をこまめに使ったり、日頃からUVカットを心がけることで改善していくとのことです。

しかし日焼け記憶じみ同様、なかなかデイリーケアでは劇的な改善は見込めない可能性があります。なのでこの種類のしみも、美容外科のお世話になることをおすすめします。

肝斑

目の下にぼんやりと浮き出るようなしみを指します。左右対称に近い形で出るので、肝斑だと判別がつきやすいかもしれません。

色は茶色だったり灰色だったり、さまざまです。肝臓に似ていることから肝斑という名前がつきましたが、肝臓とは無関係に発症するしみなんだとか。

実は肝斑は発症の原因がわかっていないしみなんです。美白化粧品でメラニンの生成を抑えれば、しみの悪化は防ぐことができます。

また摩擦によっても濃くなってしまうので、余計にこすったりするのもやめましょう。

肝斑には「トラネキサム酸」という成分が有効だそうです。「トラネキサム酸」はメラニンの生成を指示する伝達物質を阻害するような働きがあります。

「トラネキサム酸」は市販されているので、誰でも購入することができます!

効果のある美白成分を使おう

美白成分出典:topicks.jp

巷には「美白効果がある!」とうたわれている商品が溢れています。どれを使ったらいいのか・・・目移りしてしまうことも多いでしょう。

化粧品メーカーの広告などでも、さも美白に効果があるような言い回しをしていますが・・・。そういったものの全部が全部しみやくすみをなくしてくれるかは疑問です。

できれば厚生労働省の認可を受けた美白成分が含有されているスキンケアを使うようにしましょう!

海外メーカーのものも、気を付けてつかわないとよりしみ・くすみが濃くなる可能性もあります。しっかりレビューを見てから購入するようにしてください。

しみとくすみ予防は長く続けていくことが大切

しみとくすみを予防するためには、その原因である外的刺激を避けたり、乾燥、血行不良、疲れなどを少しでも取り除くことが大切です。他にもバランスのよい食事や睡眠など、基本的な日常生活の中でちょっとだけ気をつけて、そのケアを長く続けていくことが大切ですね。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川美容外科

シミ・肝斑

詳しく見る

全国

シロノクリニック

シミ・そばかす

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ