NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 10,131 views

アトピーが治らない……。一生このまま?どうすれば?

一度発症すると、なかなか治らないアトピー性皮膚炎。アトピーにはいろいろな原因が考えられますが、それが特定できないことから、一生つきあうしかないとも言われます。アトピーが治らない人のために、体質改善、食事療法、漢方薬治療など、さまざまな治療法が考え出され、治療薬も開発されています。それでも難しいと言われるアトピー治療の、今とこれからを探ってみました。

アトピーは決して不治の病ではありません。ただ、アトピーの根本的な原因はまだ分からない部分があり、病院で検査をしても原因を特定することは難しく、なかなか自分に合った治療法が見付からない人が多いんです。

しかし自分に合った治療法を見つければ、「アトピーが一生治らない!」ということはありません。ひどいアトピーだった人でも、症状がまったく出ないほどに改善した人はたくさんいます。そうした人たちは、どんな治療法を試していたんでしょうか?

この記事に書いてあること

  • アトピーは一生治らない、という思い込みって
  • アトピーの原因と、一般的な治療方法
  • アトピーを改善するにはどうしたらいいか、正しい食事と肌のケア

皮膚科や病院ではアトピーは治らない!?

アトピーが発症したら、まずは皮膚科へ行くでしょう。

しかし、そこでアトピーの原因が特定できて改善する人は少なく、ほとんどの人がステロイド剤や内服薬を処方されて、その後の経過を見ることになります。

アトピーはアレルギー反応が皮膚に現れた症状で、体質によるものです。ですから、病院でのアトピー治療の目的は「治す」というよりは、「アトピーの症状が出ないように抑える」と言った方が正しいでしょう。

ステロイド剤や内服薬はあくまでアトピーの症状を抑えるため、ということを頭に置いておかないと、薬に頼りきったまま、良くなったり悪くなったりをくり返すだけでしょう。

アトピーの診断と治療

アトピーのようなアレルギー疾患は、治療のためにアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)を特定する必要があります。アレルゲン特定の血液検査は、内科・皮膚科・総合病院で受診できます。

この検査ではIgE抗体というものの数値を計ります。簡単に言えば、いったい何のアレルゲンが悪さをしているのか、その人の身体とアレルゲンとの相性を調べるわけです。

その結果によって、生活の中でなるべくアレルゲンと接触しないように、主に生活環境の改善をすることになります。皮膚に現れた症状に対しては、ステロイド剤の外用薬で対処するのが一般的です。

なぜアトピーになってしまうのか

ではそもそも、なぜアトピーになってしまうのでしょうか?

アトピーの炎症が起きているということは、何らかのアレルゲンに対して、身体が過剰に反応している状態です。しかもこの時、皮膚表面のバリア機能が、一般の人と比べて低下していることが分かっています。

正常な肌の場合は、外からやって来る細菌や有害物質に対して、防御のためのバリア機能が働いています。でもアトピーの炎症が起きる時には、肌のバリア機能が弱まってしまうんです。だからアレルゲンに対しても、もうお手上げ状態になるしかないんです。

アトピーは一生治らない...

アトピーに悩む少女

アトピーで悩む人は、良くなったり悪くなったりをくり返し、一喜一憂することに疲れ切ってしまいます。薬を使っても、改善したと思って止めてしまうと、また炎症がひどくなってくる。

いい治療法があると聞いて、今度こそと試してみたけど効果がない。

「どうして私だけ・・・」こんな思いが一生続くとしたら、なんて考えると、精神的にとても耐えられないでしょう。

でも、ひどいアトピーが改善して、悩みのない生活をしている人はたくさんいます。 ここからはアトピーにいい生活習慣について、一緒に考えてみましょう。

アトピーを治すには食事の見直しから!

アトピーについて調べる女性

アトピー改善のカギ、それは「胃腸」です。実は身体の免疫力と胃腸には、非常に強いつながりがあるんです。

食事をすると胃で食物を消化・分解し、腸で栄養を吸収して全身に送り、無駄なものは老廃物として外に排出します。アトピーの人は、胃腸の働きが弱まっていることが多く、消化・吸収・排出がうまく機能していないんです。

そこでアトピー改善のためには、食事そのものの改善が必要になるんです。 まずは簡単なことですが、一般的にアトピーの天敵と言われる食物は極力避けましょう。

  • チョコ
  • ココア 
  • コーヒー
  • お菓子 これらは糖分やカロリーが高く、胃腸に負担をかけてしまいます。

次に、食事の順番です。消化しやすいものから食べることを意識しましょう。

  • 果物
  • 野菜
  • 炭水化物(ご飯、パン、麺など)
  • 肉や魚 消化しにくいものから食べてしまうと、胃腸で消化や分解が上手く行えず、胃腸に負担がかかってしまいます。

現代人は肉類中心など食事の欧米化で、いつも胃腸が疲れています。ファストフード、コンビニの濃厚なお弁当、お菓子などの多食習慣は、アトピーだけではなく健康そのものを害します。日本人の食生活に合った、和食中心の優しい食事を心がけましょう。

保湿などのスキンケアを徹底する!

アトピーが治らないのは、肌が常に乾燥していて、炎症やかゆみに我慢できずに引っ掻いてしまうからです。 アトピー肌は、ちょっとした刺激でかゆみや炎症を起こしてしまうので、ステロイドなどで炎症を抑えながら、同時にスキンケアをする必要があります。 皮膚の主成分であるセラミド不足を補うために、セラミド入りの化粧水か軟膏で保湿をしましょう。

またアトピーの人は、身体の中のミネラルが皮膚から外に出てしまい、ミネラル不足になる傾向があるんです。 健康な肌を生成するには、土台となるミネラルが必要です。

だから皮膚に浸透しやすくて、必須ミネラル分をバランス良く含む化粧水でケアすると効果的です。 ミネラルを多く含む食材や、サプリメントを上手に使ってもいいかも知れません。

ステロイド外用薬を正しく使う

塗り薬のステロイド剤は、危険だという意見があります。使用を続けていると、アトピーの炎症が悪化するというもの。

でも、アトピーの炎症に効果があり、治療に確かな実績がある薬は、今のところステロイド剤しかありません。担当医師の指導に従って、正しく使えばステロイド剤はアトピー治療の味方です。

ステロイド剤の使用を止めて、根拠のない治療法を自己流で始めることの方が、逆に危険な結果を招くかもしれません。今、ステロイドの使用に迷っている人も、もう一度担当医師に相談してみてください。

気長にアトピーと向き合おう

アトピーの治療には、かなりの忍耐力と時間が必要です。

アトピーを完治させようと焦ってしまうと、それがストレスになって、かえってアトピーを悪化させるかもしれません。

食事の改善とスキンケアで治療を行いながら、ステロイド外用薬を正しく使って症状を抑える。これで気長にアトピーと向き合っていきましょう。

肩の力を抜いて、前向きな気持ちでゆっくりと、アトピーとつき合ってあげましょう。 さよならって言う...その日まで。

written by LisaKuwahara

まとめ:アトピーが治らない……。一生このまま?どうすれば?

皮膚科や病院は、治療ではなくアトピーを抑えるだけ

  • 皮膚科や病院は、アトピーを完治する場所ではない
  • アトピー治療はアトピーを抑えることが目的
  • 薬の効果には頼りきらず、あくまでも炎症の緩和に使うこと

アトピーの診断と治療方法

  • アトピー改善への入り口は、アレルゲンの特定から
  • アレルゲン特定は、IgE抗体値を調べることで分かる
  • アレルゲンが特定できたら、生活環境を変えることで影響を減らす

なぜアトピーになってしまうのか

  • アトピーの炎症は、アレルゲンに対する免疫の過剰反応が原因
  • アトピー炎症時は、肌表面のバリア機能が弱まる

アトピーは一生治らない不治の病ではない

  • アトピーの苦しみは、治ったり良くなったりのくり返し
  • ひどいアトピーから抜け出した人だっているという事実

アトピーを治すには食事の見直しから

  • アトピーと胃腸とは、切っても切れない関係にある
  • アトピーに悪い食物は極力避ける
  • 食事の中で、どの順番で食べるかというのが非常に重要

保湿などのスキンケアを徹底する

  • アトピーの肌は常に乾燥して、我慢できないかゆみが襲う
  • セラミドを含んだ化粧水の使用がおすすめ
  • アトピーの肌はミネラル不足、化粧水やサプリメントでミネラル補充

アトピーとは気長につき合うことが大切

  • ステロイド外用薬は、正しく使えばアトピー改善の味方に
  • 焦らずゆっくり、ストレスをためないことが、アトピー改善のポイント

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ