NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 21,124 views

妊娠中の白髪染めはOK? 妊婦が白髪染めをする際の注意点

妊娠中の白髪染めがお腹の赤ちゃんに及ぼす影響はゼロではありませんが、心配しなくていいレベルでしょう。ただし、妊娠中は身体が敏感になっているため白髪染めのにおいで気分が悪くなったり、普段は生じない炎症が出たり、美容室で同じ姿勢をとり続けることで体調を崩すことも。白髪を染めるなら、なるべく身体にやさしい薬剤を使いましょう。

下をうつむいている肌の白い白銀カラーの女性

自分が口にするものや肌に触れるものなどにとくに気を遣うようになる妊娠中は、たとえばちょっとした化学薬品が含まれているものを使うのにも、「これ、赤ちゃんに影響出ないかな……?」と逐一心配になってしまいがち。

白髪染めの使用も、そんな妊婦さんたちの懸念事項のひとつ。

妊娠中はホルモンの影響やストレス、栄養不足などによって白髪が増えることが多いので、気になる人も多いはず。

白髪染めはあまり身体に良くはないものなのだろうと思い、ためらいつつ、「妊婦だからって、身だしなみに構っていないように見られるのはちょっと」なんて、葛藤に苛まれている人も少なくないのではないでしょうか?

今回は妊娠中の白髪染めの使用がお腹の中の赤ちゃんに及ぼす影響について調べてみました。

この記事に書いてあること

  • 妊娠中の白髪染めの使用が赤ちゃんに及ぼす影響
  • 妊娠中に白髪染めをしてはならないといわれる3つの理由
  • 妊娠中に白髪染めをする際に注意するべき3つのこと

妊娠中の白髪染め、赤ちゃんへの影響は心配する必要なし

白髪染めに使用されている薬剤が頭皮を通して毛細血管に入り、母親の血液から赤ちゃんに送られる可能性はゼロではありません。

とはいえ、白髪染めは毎日使うものではありませんから、取り込まれる薬剤の量は微々たるもの。赤ちゃんへの影響にそこまで過敏になる必要はないでしょう。

しかしながら、市販の白髪染めの説明書には「妊娠中の方の使用はやめましょう」なんて書いてあることも少なくなく、ヘアサロンでは「妊婦さんはお断り」のところも。

このように妊婦の白髪染めの使用が避けられがちなのには、赤ちゃんへの影響以外のところに理由があります。

妊娠中に白髪染めをしてはいけないといわれる理由

妊娠中に白髪染めを使ってはいけないといわれる理由は、大きく分けて3つあります。

1. 白髪染めのツーンとしたにおいで気分が悪くなることがある。

妊娠中はにおいに敏感になっているため、白髪染めのにおいで気分が悪くなることがあります。

特につわりがある間は気持ちが悪くなる可能性があるので、注意が必要です。

2. 白髪染めで頭皮がかぶれることがある。

妊娠中は皮膚が平時よりも敏感になりやすい状態です。

そのため、いつもならなんともない白髪染めの薬剤の使用がかぶれやアレルギーの原因となることがあります。

3. 美容院にいく場合、ずっと同じ姿勢なので体調を崩すことがある。

妊娠中はじっとしていると体調を崩すことが少なくないため、長時間イスにじっと座ったままの姿勢をとることになる美容室での白髪染めはかなり辛くなることも。

以上のような3つの理由から、いつもなら問題ない白髪染めも妊娠中は注意しなければいけないのです。

さらに、体調に支障をきたす可能性に加えて、白髪染めによって精神的なダメージを受ける可能性も。

妊娠中は気持ちがナーバスになりやすいため、「なるべくなら妊娠中に薬は使いたくない!」と思っている妊婦さんの場合、白髪染めを使用したあとに「使ってしまった……」「母親失格なんじゃ……」なんて落ち込んだり、罪悪感に苛まれてしまうことも。

前述のような事項に注意したうえで、安定期に入り、妊婦さん自身の体調が良い状態であれば、白髪染めを使用しても問題ないでしょう。

妊娠中の白髪染めをする際に注意するべき3つのこと

それでは、妊娠中に白髪染めをする場合にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。

1. 安価な白髪染めを適当に選ばない

市販の白髪染めは安価で手軽に使用できますが、匂いがきついものや強い薬剤を使用しているものも多いです。そのため、妊婦さんにはあまりおすすめできません。

どうしても使用する場合は時間を短く、換気は充分に、手袋はきちんとはめて使用しましょう。

2. 選ぶなら無添加の白髪染めを選ぶ

値段は少し高くなりますが、トリートメントやシャンプータイプの無添加の白髪染めがあります。無添加なので妊婦さんにも安全です。

匂いもほとんどありません。素手でも使えるので敏感肌の方にもおすすめです。

私はこのタイプの白髪染めを使っていました。部分染めで使用していましたが、手袋なしで手軽にぬれて臭いも無いので、安心して使うことができました。

ただ、一回では充分染まらないことがあったので、時間を少し長めにおいて使用していました。

うまく使えばかなりきれいに仕上がるので、産後の今も継続して使用しています!

3. 美容院で白髪染めをするときは事前にチェック

美容院によっては妊婦さんへの施術をお断りしている場合もあるので、お店に行く前に電話で問い合わせてみましょう。

美容院で使用する白髪染めは、市販のものよりはずいぶん肌に優しいものを使っているので、妊婦さんでも安心ではないでしょうか。

白髪染めで若々しいママに!

妊娠中の白髪染めはしちゃダメというわけではありません。注意は必要ですが、あまり神経質にならず、ご自身の体調をみながらうまく妊娠中のおしゃれを楽しみましょう!

どうしても不安な場合は、かかりつけの医師に白髪染めの使用を相談するとよいでしょう。赤ちゃんの状態や妊婦さんの状態をみて判断をしてくれるので安心です。

白髪染めをして、いつまでも若々しいママでいたいですね!

written by tawara867

まとめ:妊婦が白髪染めをする際の注意点

- 妊娠中の白髪染めの使用が赤ちゃんに及ぼす影響

  • 白髪染めの薬剤が妊婦の頭皮から吸収されておなかの赤ちゃんに取り込まれる可能性はゼロではないが、その影響はほとんどない
  • 妊娠中の白髪染めはやめたほうがいいとされているおもな理由は、赤ちゃんの影響以外の部分にある

妊娠中に白髪染めをしてはならないといわれる3つの理由

  • とくにつわりの時など、妊婦は白髪染めのにおいで気分が悪くなるおそれがある
  • 妊娠中は身体が敏感になるので、普段はなんともなくてもかぶれやアレルギーを生じることがある
  • ヘアサロンで白髪染めする場合、妊婦はずっと同じ体勢をとっていると体調を崩すことがある。

妊娠中に白髪染めをする際に注意するべき3つのこと

  • 安価な市販の白髪染めを使用しない
  • なるべく無添加の身体にやさしい白髪染めを使用する
  • ヘアサロンで白髪染めをする場合、事前に妊婦でも施術可能か確かめる

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43676 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ