NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年08月20日 更新 | 1,362 views

そのヘアケア間違ってるかも? 薄毛の原因は意外な◯◯に……!

最近では若くても薄毛に悩む人が増えていますが、もしかしたら毎日のケアが抜け毛の原因になっているかもしれません。髪によかれと思ってしていたことが、実は逆効果だったとしたら……? 間違ったヘアケアはすぐに見直して、健やかな髪と頭皮を手に入れましょう。

間違ったヘアケアをしていると、どんどん髪や地肌へのダメージが蓄積されて、数年後には薄毛になってしまうかも……!

後になって「こんなはずじゃなかった」とならないように、自分が行っているヘアケア習慣を思い出して、ひとつずつ確認してみましょう。

シャンプーについて

シャンプーをする女性の写真

ほぼ毎日洗う自分の髪。ついつい急いで済ませてしまったり、適当になってしまったりしていませんか? このようなヘアケアの積み重ねが薄毛を招く原因になってしまいます。

頭皮をこすりすぎない

念入りにこすらないと汚れがとれないと思って、洗うときに力を入れすぎていませんか? あまり強くこすると頭皮を傷つけてしまい、炎症を起こし薄毛の原因となる可能性があります。

頭皮や髪の汚れはさほどこすらなくてもきれいに落ちるので、力づくでこするのではなく、やさしくまんべんなく洗うようにしましょう。

また、頭皮を傷つけ雑菌を繁殖させるおそれのある爪を立ててのシャンプーや、乾燥を招く熱湯でのすすぎも薄毛の原因となるのでNGです。

シャンプーは1日1回が理想的

仕事から帰ってきて夜髪を洗い、翌朝寝グセも気になるのでまた洗って……と、1日に何度も髪を洗う人は案外多いそう。

しかし、地肌を洗いすぎると必要な皮脂まで奪ってしまい、それを補おうとしてさかんに皮脂が分泌されます。それにより脂が毛穴につまり、薄毛を招くことに。

皮脂の毛穴づまりは薄毛のもっとも大きな原因となるので、注意しないといけません。

とはいえ、回数が少なくても同じような皮脂づまりを起こすため、1日1回、なるべく夜にシャンプーをするようにしましょう。

寝る前に洗うのがいいのはなぜ?

髪や皮膚や内臓などを含む、人間の体の成長やダメージ修復に欠かせないのが成長ホルモン。

そしてこの成長ホルモンは、就寝中に多く分泌されることがわかっています。

にもかかわらず、1日の汚れが溜まった頭皮では成長ホルモンの作用が活かされず、薄毛が進行するばかり。

ですので、その日の汚れはその日のうちに落とし、さらにドライヤーでしっかり乾かし、万全の態勢で健やかな髪と地肌づくりに取り組みましょう。

トリートメントやコンディショナーにも薄毛の原因が潜んでいる?!

髪にトリートメントをつける女性の写真

女性は、髪を洗ったら必ずといっていいほどトリートメントやコンディショナーをつけますが、 そのときに毛先だけでなく頭皮にまでのばしていませんか? 実は、これも薄毛の原因になるかもしれません。

余分なものは地肌につけない

トリートメントやコンディショナーは基本的に髪につけるためにつくられているので、地肌につけるのはNGです。特に油分が多く含まれているため、前述のような脂づまりの原因になってしまうおそれがあります。

また、地肌に余計な油分があると、後からつけるヘアケア用エッセンスなどが浸透しづらくなってしまいます。

さらに、地肌ケアに適さない成分によってべたつきかゆみを起こし、それにより地肌を引っかき、そこから雑菌が繁殖することもあり得るので、「地肌ケアもできる」「スキャルプケア用」などと記載がない場合は、頭皮につけないようにし、すすぎもていねいに行ってください。

すすぎはどれくらい行なえばいい?

「トリートメントやコンディショナーの効果を残したいから、あまり洗い流さない」というのは、間違ったヘアケア。

まずはぬめりがなくなるまで流し、さらにもうひとまわりしてすすぎましょう。

指をつかって軽く地肌をこすりながらお湯をかけ、最初に下を向いて流したら仕上げは上を向いて、などすすぎ残しがないように工夫してみましょう。

乾かし方について

髪を乾かす女性の写真

ドライも大切なヘアケアです。自然乾燥で済ませたり、まだ十分乾いていないのに終わりにしてしまったりということはありませんか? なんと、これも薄毛の原因になっているかも!

自然乾燥は、仕上げにドライヤーを使えばOK

乾かすのが面倒だからと、ついやってしまう自然乾燥。けれど、短いレングスの人でも意外と地肌は乾いていないことが多いのです。

頭皮が生乾きのままでいると、雑菌が繁殖し、かゆみニオイの原因に。

こういったトラブルを避けるために、必ずドライヤーを使って髪と地肌を乾かすようにしましょう。

アウトバストリートメントをつければダメージは軽減できますが、「なるべく熱ダメージを避けたい!」という人は、自然乾燥でほとんど乾かしてから、仕上げにドライヤーを使うといいでしょう。

ドライヤーを使うときはブロッキングを忘れずに!

髪の長い人だと、どんなに手を動かしても、ドライヤーの風をまんべんなく地肌にあてるのは難しいですよね。

そういう場合は、髪を大きめのクリップなどでブロッキングし、髪の内側から乾かしましょう。

こうすることで地肌をていねいに乾かせると同時に、髪の熱ダメージを防ぐこともできます。

クリップはヘアケアやスタイリングに便利なアイテムなので、2本ほど持っておくといいですよ。

※ブロッキング……髪を範囲を決めて分けとること。

薄毛の原因になる生活習慣とは

薄毛出典:www.6balace.com

髪の毛だって体の一部。生活習慣というものがダイレクトに影響を与える部位なのです。

薄毛に悩んでいる女性の方は、まずは生活習慣からしっかり見直すようにしてみてくださいね。

バランスの悪い食事

髪の毛はタンパク質からできています。なので良質なタンパク質の源となる栄養素を摂取しなければ、薄毛に悩まされてしまうでしょう。

タンパク質、ミネラル、ビタミン・・・こういった栄養素をバランス良く摂取することで健康な髪の毛が育っていくのです。

脂っこい食事ばかりしていると、髪の毛は正常に生えていきません。肉料理ばかりというのもダメですよ。

そして髪の毛の発育に非常におすすめなのが、亜鉛という栄養素です。亜鉛は細胞分裂のや細胞再生を活発にするという働きがあります。

薄毛の方が亜鉛を積極的に摂取することによって、髪の毛の成長が早くなるとともに抜けにくい地肌環境になっていくのです。

逆に亜鉛不足に陥ると、抜け毛・切れ毛が促進していくといいます。

薄毛の方は亜鉛不足を解消し、健康な髪の毛・地肌を目指していきましょう!

亜鉛を含む食材を食事に使ったり、亜鉛サプリメントを飲んだりして日々の食生活を改善していってくださいね。

ストレスによる薄毛にも要注意!

ストレスというのは体に不調をもたらす原因とされていますが、髪の毛も例外ではありません。むしろ髪の毛に大きな関わりを持つのが、精神的なストレスなのです。

人間はストレスを感じると、代謝に異常をきたします。代謝がうまくいかなくなると、髪の毛の成長の妨げになっていくのです。

さらにストレスは筋肉の収縮にも不具合をもたらすと言われています。筋肉が収縮しないと、血行不良なども同時に起こって毛根細胞に栄養がうまく運ばれなくなるのです。

このメカニズムによって、髪の毛が細くなったり抜けやすくなったりするわけなんです。

円形脱毛症の原因も過度なストレスだと言われていますから、やはりストレスは薄毛にとっていちばんの大敵と言えるかもしれませんね!

女性の薄毛にはホルモンが関係している・・・?

薄毛ホルモン出典:www.haircare-nayami-soudan.jp

女性の薄毛は男性同様、上記のような生活習慣によって引き起こされることも多いです。

さらに加齢によっても薄毛というのは進行していきます。加齢とともに毛の細胞の構造は変化していき、繊維化していってしまうというのがそのメカニズムです。

これらに加えて、女性にはホルモンバランスというものも薄毛に関わってきます。

毛髪の成長には女性ホルモンの一種である、エストロゲンというホルモンが大きく関わっているのです。エストロゲンが分泌されることで、正常に髪の毛は発達していきます。

このエストロゲンというホルモンは、年齢を重ねると分泌量や分泌頻度が減ってくるという傾向が出てくるのです。

とくに30代半ばを過ぎるとエストロゲン量が激減します。これによって薄毛が促進されていくのです。さらに40歳を過ぎると男性ホルモンに置き換わるので、さらに女性ホルモン量は少なくなります。

単なる加齢による髪の毛の繊維化に加えて、こうしたホルモンによる影響でどんどん薄毛になっていく女性の頭髪・・・。

早めに対策しておくに越したことはないでしょう!

正しいヘアケアで美しい髪と地肌に

美しい女性と花の写真

髪は一生もの。女性である以上オシャレをずっと楽しみたい地肌ですし、髪もキレイに維持しておきたいですよね。

毎日の積み重ねが薄毛の原因になってしまうので、今一度自分のヘアケアを見直してトラブルのない健康な髪と頭皮をキープしましょう。

written by えぃみん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ