NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年03月07日 更新 | 2,634 views

角栓を知らずして毛穴は語れず!目指せつるんとしたタマゴ肌♡

誰もが一度は悩んだ経験がある毛穴トラブル。思春期の代表的なニキビに始まり、毛穴の開きやイチゴ鼻と呼ばれる黒ずみの原因となっているのは、過剰な皮脂分泌による毛穴のつまり、そう角栓です。この記事では、角栓ができにくい肌をつくるための、クレンジングや毛穴パックの注意点や効果的なスキンケアの方法を紹介します。

日常生活やスキンケアの悪習慣を見直し、リラックス効果もある蒸しタオル法で角栓ができにくい肌にし、ツルツル毛穴を手に入れましょう!

毛穴トラブルの元凶! 角栓の正体とは

鏡を見て驚く女性の写真

顔の中でも皮脂分泌が多く、皮脂腺が発達しているTゾーンやUゾーンに発生することが多い角栓。

この角栓は、7割が角質などのタンパク質、残りの3割が皮脂などでできています。

角栓の主な成分であるタンパク質は古い角質で、そこに皮脂やメイク汚れが混ざりあって固形になります。初めはニュルっとした柔らかい角栓ですが、次第に硬くなり、酸化することで黒く変色してしまうのです。

毛穴の角栓ができやすい悪習慣

一度気になると頭から離れない毛穴の角栓。けれど、正しいケアを行わないと、かえって角栓ができやすい肌になってしまうこともあります。

過度なクレンジングと洗顔

「角栓が気になるから」と、毛穴のつまりやザラザラした箇所は徹底的に時間をかけてクレンジングマッサージ。洗顔直後の毛穴を確認し、残った角栓をさらに洗顔料で、ときには毛穴ブラシで取り除いて……。

このような摩擦による刺激を日々繰り返すことで、肌が自らを守るために角質をどんどんつくり、角栓ができやすい肌になってしまいます。

洗浄力の高いクレンジング剤で乾燥が悪化

スクラブやオイルクレンジングで毎日執拗に毛穴ケアをしたばかりに、特に冬場の乾燥時には肌のバリア機能が衰え、ガサガサのごわごわ肌に……。

こういったケアを続けていると、乾燥しているのにTゾーンの皮脂分泌は抑えることができないという、負のスパイラルを招いてしまいます。

スキンケアでも保湿を怠りがち

角栓をとることばかりに集中し、保湿や紫外線対策を怠ると毛穴トラブルが悪化します。過度な摩擦や、乾燥、ターンオーバーの乱れから弱った肌は、紫外線による活性酸素の影響で、毛穴ジミになる場合も……。

睡眠不足や乱れた食生活

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、さまざまな肌トラブルが起きやすくなってしまいます。また、睡眠不足は自律神経の不調の原因となり、ストレスを抱えやすくし、皮脂の分泌が増えてしまうことも。

さらに、添加物や油分たっぷりの食事は内臓に負担をかけ、健やかな肌づくりへの悪影響となります。

角質ができにく肌にするにはどうしたらいい?

女性と吹き出しの写真

毛穴の開きや黒ずみを改善するスキンケアで対策

毛穴の開きや黒ずみ改善を成功させるには、無理に角栓をとらないこと、そして根気強くスキンケアを続けることが大切です。

角栓の主であるタンパク質を毛穴に負担をかけずに落とすには、2、3日〜1週間に1度のピーリング剤や酵素洗顔料の使用が効果的です。また、皮脂吸着効果のある泥洗顔も、日常的なケアとしておすすめです。

  • 1日2回、泡洗顔で摩擦を軽減しながら、やさしく泡で汚れを吸着するように洗う
  • 洗顔後はすぐに保湿。皮脂を減らしターンオーバーを整えるビタミンC誘導体入りのアイテムも有効。

また、毛穴パックも使い方によっては効果的で、用いる際には、パック前では角栓をやわらかくする下準備を、パック後では保湿と毛穴の引き締めを忘れないようにしましょう。

下記の記事には、効果的な毛穴パックのほかに、ホットタオルで角栓をやわらかくする方法も書いてあります。ホットタオルは電子レンジでチンすればできるので、とても手軽ですね。

ピーリングについて

先述したように、ターンオーバーを正常に戻し、古い角質を除去するピーリングは、角栓ケアに効果的です。また、ピーリングはニキビやニキビ跡の治療、シミを薄くする効果にも期待ができます。

ピーリングは身近なものでは洗顔石けんが有効ですが、確かな効果を得たい場合にはクリニックでの施術を受けるといいでしょう。

クリニックでは「ケミカルピーリング」といって、サリチル酸マクロゴールという溶剤を使い、角質や角栓を溶かして取り除きます。多くのクリニックで数千円という料金設定となっていて、効果も感じやすいため、人気の施術となっています。

食生活や睡眠の見直しも効果的

皮脂の分泌量を調整し、ターンオーバーを整える食材といえば、ビタミンCを多く含むもの。緑黄色野菜、果物、イモ類などが挙げられます。

また、腸内環境の悪化も肌の不調の原因となるので、ヨーグルトなどの乳製品で善玉菌を増やすといいでしょう。善玉菌はオリゴ糖とグルコン酸が好物なので、バナナハチミツを一緒に摂るとさらに整腸効果がアップします。

さらに、何かとターンオーバーのサイクルが乱れやすい女性には、十分な睡眠は必要不可欠です。なので、6時間〜7時間半は寝るようにし、成長ホルモンが多く分泌されるというゴールデンタイムを意識するようにしましょう。

毛穴や角栓のケアは根気よく続けよう!

毛穴や角栓は目立つものだけに気になってしまいますが、ケアするために肌を傷ませてしまっては元も子もありません。

ここで紹介したやり方を取り入れて、肌に優しいケアを根気よく続けてみましょう。

written by ひなとっと

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43167 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ