NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年03月07日 更新 | 2,783 views

老化のサイン、たるみ毛穴(帯状毛穴)を自分で解消する方法

鏡でのぞいた自分の顔がなんだか以前よりも少したるんでる……と思ったことはありませんか? それ、もしかしたら「たるみ毛穴(帯状毛穴)」かもしれません。たるみ毛穴(帯状毛穴)は、放っておくとシワの原因となる毛穴トラブルの一つ。もう歳だから……なんて諦めないで、マッサージやスキンケアでの対策を始めましょう!

肌のつやを奪い、実年齢以上に老けて見えてしまうという恐ろしい肌トラブル「たるみ毛穴(帯状毛穴)」。少しでも若々しいハリのある肌を取り戻すべく、今日からしっかりケアしていきましょう!

まず、たるみ毛穴(帯状毛穴)とは

うつむく女性の写真出典:We Heart It

たるみ毛穴とは、開いてしまった毛穴が、下や横に流れるように広がってしまう状態のことをいいます。さらに深刻化すると毛穴同士がつながってしまい、そのつながった毛穴が帯状に見え、その様子から「帯状毛穴」とも呼ばれます。

そして、この帯状になった毛穴がシワのように見えることがあり、悪化すると深い溝になってしまうおそれがあります。

たるみ毛穴チェック

自分の肌状態をチェックしてみましょう。もしかすると、何かしらのサインが現れているかも……?

  • 毛穴づまりなどがあるわけではないが、毛穴が目立つ
  • とくに頬の毛穴が細長く見える
  • 肌のハリが感じられなくなってきた
  • 皮膚を手で引っ張ると毛穴が目立たなくなる

上記に当てはまるようであれば、たるみ毛穴(帯状毛穴)が始まっている可能性大。たるみ毛穴(帯状毛穴)黒ずみ毛穴とは違い、毛穴が詰まっているわけではありません。また、額や鼻等ではなく、比較的脂肪がつきやすい頬によく見られるのが特徴です。

たるみ毛穴(帯状毛穴)の原因

たるみ毛穴(帯状毛穴)は毛穴が伸びている状態ですが、このたるんで伸びた毛穴の原因は肌の真皮層という部分にあります。

真皮層を構成しているのはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等。これらは、加齢や活性酸素などの影響でどんどん減少していきます。そうすると、水分の保持機能が弱まり、肌のハリが失われ毛穴が開いてしまいます。

そしてそのまま重力の影響を受け、毛穴が下や横方向に伸び、つながってしまうのです。

これらをふまえると、たるみ毛穴(帯状毛穴)を解消するためには、真皮層の衰えを防いで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出すケアが必要ということがわかるかと思います。

そしてそれと同時に、肌をリフトアップするためのトレーニングも行うと、たるみ毛穴(帯状毛穴)の早期の改善に期待できるかもしれません。

たるみ毛穴を改善する顔トレーニング

日々のちょっとしたトレーニングでたるみ毛穴を解消し、たるみを引きしめる方法をご紹介します。毎日のスキンケア時に取り入れてみてください。

熊手パッティングで毛穴を撃退

  1. 化粧水でたっぷり保湿した後に、両手の指を軽く曲げて熊手を作ります。
  2. 上を向いて、指の腹全体を使いながら、とんとんと軽くたたくようにして、額から目の下、鼻の下と3の字を描くようにパッティングしていきます。毛穴に対して縦方向の刺激を与えるようにしましょう。
  3. 3の字を描くように3往復して、100回を目安にパッティングを行います。

顔の筋肉を鍛えてリフトアップ

  1. 正面を向いて座り、ゆっくりと顔の中心に目や口などの顔のパーツを中央に集めるようにすぼめ5秒間キープします。
  2. キープしたらゆっくりと顔の緊張をほぐします。
  3. 今度は顔のパーツを外側に広げるように伸ばして5秒間キープします。
  4. キープしたら顔の緊張をほぐし、リラックスしましょう。

たるみ毛穴を解消するスキンケア

スキンケアをする女性の写真

では、たるみ毛穴を解消するためにはどんなスキンケアをしたらいいのでしょうか?

残念ながら、老化によるたるみ毛穴の場合には一度なってしまうと完全に元に戻すというのはかなり難しく、改善するにも時間がかかります。

なので、たるみ毛穴(帯状毛穴)を予防するケアを積極的に行いましょう。

まず、化粧品は保湿を重視して選びます。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが配合されているものが良いでしょう。角質層の潤いを満たすことで、肌のキメを整えることができます。

また、レチノールやビタミンC誘導体などの抗酸化物質を含んだ美容液は、ターンオーバーを促進し、毛穴の改善に効果を発揮します。

さらに、屋外に出る際には日焼け対策も必要。紫外線はお肌の大敵で、乾燥やたるみの原因となります。「SPF値20以上PA++」以上の日焼け止めや下地を使い、肌の老化を阻止しましょう。

そして、肌を内側から元気にするためには食事も大切。大豆や肉、魚に含まれる良質なタンパク質は体の中でアミノ酸に分解され、真皮層のコラーゲンをつくる原料となります。

また、そのときに緑黄色野菜も一緒に摂ると抗酸化ビタミンが同時に取り込まれて、美肌効果がアップします。

ホームケアでは改善ができないときは、プロの手を借りても

できてしまったたるみ毛穴(帯状毛穴)を、きれいな状態に戻すのはとても大変です。

けれど、エステサロンや美容皮膚科の真皮層にビタミンCをイオン導入したり、レーザー治療でコラーゲンを増やして毛穴を引き締めたりといった施術を受ければ、ホームケアより大きな改善が見られるかもしれません。

クリニックによっては、イオン導入は1回数千円〜、レーザー治療は1回10,000円ほどから受けられるので、早く成果をあげたいときやお金と時間の余裕があるときには、そういった”肌のプロ”に頼るのもいいかもしれません。

記事内の動画について

化粧品・美容の総合サイト@cosme(アットコスメ)の公式Youtubeチャンネル。プロよるとっておきのビューティレッスンや、人気読者モデルのセルフヘアメイク術など今すぐマネしたいテクを動画でご紹介。

スキンケアTV《メディシル》では、肌シミ・ニキビ・たるみなどのケア情報や、 小顔・プルプルな肌になるためのコツが詰まった動画チャンネルです。 スキンケアTVで、毎日を美しく。

written by n.hananoko

top image via We Heart It

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ