2016年03月07日 更新 | 4,249 views

「ホッ!」と心も休まるココアで、ストレスフリーなダイエット

寒い時期には恋しくなるココア。ココアは実はとても優秀な食品で、栄養価が豊富なうえに、ダイエット中には積極的に摂りたい食物繊維が豊富で、含まれているカカオポリフェノールには食欲抑制作用があります。そして、まだまだあるココアのダイエット効果をその栄養成分と香り、さらに注目のカカオポリフェノールに触れながらお教えします。

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎さんが監修しています。

寒いときに飲みたくなるココア。このココアには実は様々な栄養成分が含まれており、ダイエットにもうれしい成分が多く含まれています。

では、そのココアの摂取メリットについてくわしく見ていきましょう。

ココアを使ったダイエットはどんなもの?

ココアを飲む女性の写真

ココアをダイエットに使う方法はとても簡単で、朝と夕方にココアを食前に飲むだけというものです。

食前にココアを飲むだけのダイエット法なので、ココアだけを飲み続けるようなものではなく、また、置き換えのように1食をココアに置き換えるものではないので、食べることへのストレスがないのが魅力です。

ココアを食前に飲むことで、食欲を抑えるというのがこのココアダイエットの重要なところなのですが、この作用についてはくわしく後述します。

ココアはこんなにすごい!

ホットココアの写真

ココアは大さじ1杯(約6g)で、食物繊維1.4gたんぱく質1gを含んでいます。

また、香りと苦み成分であるテオブロミンやカカオ特有のカカオポリフェノールも豊富で、食物繊維リグニンも含有。

さらにミネラルでは、特に銅が豊富に含まれています。

テオブロミンの効果

ココアに含まれている苦い成分のテオブロミンは、香りの成分でもあります。

ココアを飲むことで、テオブロミンが、気持ちが高ぶり過ぎているときは落ち着くように、落ち込んでいるときには気持ちを高揚させるように、中枢神経に作用してバランスを整えます。

さらに、テオブロミンは、脳内幸福物質であり全身の筋肉を緩める効果のあるセロトニンの分泌を促すため、ココアを飲むことで心身ともにリラックス効果が得られます。

食欲抑制+燃焼効果のあるカカオポリフェノール

ダイエットより先に、高い抗酸化力からアンチエイジングの点で注目されたのがカカオポリフェノール

このカカオポリフェノールがこのココアダイエットのポイントなのですが、カカオポリフェノールは体に入ると、満腹中枢を刺激することで食欲を抑え、食べ過ぎを防ぐことができます。

また、脂肪細胞の中でもエネルギー消費に関係している褐色脂肪細胞に働きかけて、エネルギー消費量を増やすのと同時に、食事から摂取した脂質や糖質を体脂肪に変える酵素の働きを阻害して、体に蓄えられるのを防ぎます。

ポリフェノールにはまだまだ摂取メリットがあり、血管壁の細胞に作用して全身の血流を改善することで代謝を良くします。そして、これにより栄養が全身隅々に届くようになり、美容効果がアップします。

さらに、ポリフェノールの抗酸化力は赤ワインの2倍、紅茶の45倍にもなり、特に紫外線でダメージを受けた肌の再生を促す効果が高いので、女性は積極的に取り入れたいものです。

ちょっと特殊な食物繊維リグニン

ココアに含まれているリグニンは、不溶性食物繊維で腸内で膨らみ便量を増やして、腸を刺激して便通を改善する効果があります。

また、リグニンには、腸内で水分を吸って膨らむときに臭いも吸着する性質があります。なので便秘がちで体臭や便臭が気になる人におすすめです。

ココアダイエットの注意点は?

注意を促す標識の写真

ココアダイエットには食べることへのストレスはないと先にお伝えしましたが、ココア自体に飲み方の注意点があります。

ココアというと甘いココアをパッとイメージするかもしれませんが、ダイエットが目的のため、砂糖は厳禁です。ピュアココアを使うのがココアダイエットの原則なので、苦みを強く感じるかもしれません。

どうしても甘味が欲しいときは、難消化性で体内には吸収されず腸内の善玉菌の栄養に使われるオリゴ糖シロップや、カロリーゼロのパルスイートやラカンカを使うと飲みやすくなります。

また、ココアを作るときに何で溶くかということが問題になってきます。

コップ1杯分を作るときに、ピュアココア+お湯だけで作ると約20kcal程ですが、普通の牛乳で作ると約160kcal、低脂肪乳で作ると約110kcal、豆乳で作ると約110kcalです。

痩せ効果を一番にするならピュアココアとお湯の組み合わせが良いですが、その他のもので作るときは1日2回飲むことになるので、1日全体の食事を少しずつ減らすか運動を追加するかの工夫が必要になります。

ココアはあくまでもダイエットをサポートするもの

ココアは食品として大変優れていて、うれしい効果もたくさんありますが、ココアだけでダイエットを大きく成功させるのはとても難しいこと。

食前に飲むだけという手軽なものなので、他の方法と組み合わせるのが、ダイエットを大きく成功させるコツです。

カカオポリフェノールが燃焼効果を持つので、特に運動系のダイエットは全般的におすすめです。また、食欲抑制効果があるので、置き換えダイエットとも良い相性です。

ココアだけで行う場合でもじっくりと効果は出てくるので、結果を焦らずにゆっくりと続けましょう。

written by 岩月啓四郎

top image via We Heart It

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

58,978 views

この記事の監修者

管理栄養士 岩月啓四郎

岩月啓四郎

管理栄養士

この記事のライター

管理栄養士 岩月啓四郎

岩月啓四郎

管理栄養士

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー