2016年12月29日 更新 | 4,700 views

【連載】無月経に円形脱毛。無理なダイエットの末に私がたどり着いた「健康美」とは〜ダイエットと円形脱毛症〜

過度なダイエットが原因で、過去に無月経、円形脱毛になってしまったマリさんが、健康的に美しくなる方法についてご紹介します。第三回は円形脱毛について。ダイエットをして激やせに成功したものの、円形脱毛が2つも。「このままダイエットを続けて、本当に綺麗になれるのか」。そう考え、痩せてるためだけのダイエットをやめました。

こんにちは!健康美・筋肉美を目指している皆様のサポートをしているFITGAL.JPマリです。

私のダイエット経験をもとに、これまで「ダイエットと無月経」、「女性が筋トレをしたほうが良いわけ」について書きました。

関連する記事

【連載】無月経に円形脱毛。無理なダイエットの末に私がたどり着いた「健康美」とは〜ダイエットと無月経〜

過度なダイエットが原因で、過去に無月経、円形脱毛になってしまったマリさんが、健康的に美しくなる方法についてご紹介します。第一回はダイエットと無月経の関係について。なぜ過度なダイエットは無月経を引き起こすのか、無月経になったらどうしたら良いのか、といったことを紹介します。

関連する記事

【連載】無月経に円形脱毛。無理なダイエットの末に私がたどり着いた「健康美」とは〜女性が筋トレをしたほうが良いわけ〜

過度なダイエットが原因で、過去に無月経、円形脱毛になってしまったマリさんが、健康的に美しくなる方法についてご紹介します。第二回は筋トレついて。体のラインが美しくなる、基礎代謝があがる、などの筋トレのメリットはもちろん、ゴールやチェックポイントを決める、など筋トレを生活に組み込むための方法についても紹介しています。

今回はダイエットと円形脱毛についてです。

残念ながら、私は経験済みです、円形脱毛

美しくなりたかったのに、私が円形脱毛!?

私は渡米した5年以上前に、正常体重から20kgほど、ドバッと太ってしまいました。

アメリカでは、普通でも日本の2〜3倍の量がレストランで出てくることが当たり前でした。

学生だった私はそれに気づかず、毎回完食していたことが太った原因だと思います(笑)

かなり太ってしまったことに気づいた私は、その後1年ほどで激やせに成功!

その結果、大きな10円ハゲが2つもできてしまいました。

激やせに成功するも円形脱毛になってしまったマリさん

円形脱毛の原因

円形脱毛の原因として最も考えられるのが、身体的ストレスや精神的ストレスです。

私の場合、急に体重が減ったことで身体がビックリしてしまったのだと思います。

食事制限をして栄養不足になったとき、身体が

やばい、髪の毛にまで栄養はあげちゃダメだ!もっと大切な方に送らなきゃ・蓄えなきゃ

と判断したのでしょう。その結果、髪の毛が抜けてしまいました。

円形脱毛は遅れてやってくる

円形脱毛はこうした身体的ショックから少し遅れて、だいたい3ヶ月から半年遅れでやってきます。

私の場合は痩せだしてから4か月後ぐらいに、円形脱毛を2つ発見しました。

発見した日はすごくショックで、心配になってしまい、円形脱毛自体が精神的ストレスにもなっていました。

円形脱毛が見つかってからは、髪の毛をブラッシングすることも怖く、シャンプーをして抜けていく髪の毛を見るのが、怖くて嫌でいやでしょうがありませんでした。

女の子にとって、髪の毛って、大事ですものね。

皮膚科で円形脱毛の治療

「円形脱毛の原因はストレスだよ」

円形脱毛を見つけたとき、皮膚科へ行って局部にステロイド注射を打ちました。

医師にはストレスが原因と言われましたが、ダイエットをしているときの私は、それほどストレスは感じていないつもりでした。

でも、身体にとってはかなりのストレスになっていたようです。

女性の体はとても敏感なのですからね。。。

円形脱毛や抜け続ける髪の毛を見て決めたこと

もともと髪の毛がフサフサだった私は、この頃から前より多い抜け毛に気づきました。

おでこ周りもなんだか、前より髪の毛が足りない感じ。。。

このまま髪の毛を失ってまで、ダイエットを続けるべきなのか。。。

すでにガリガリで、もう痩せる必要さえもないのに。

考えた末、もちろん私の答えは「ダイエットをやめる」ことでした。

ダイエットをやめて、髪の毛を「本当の自分」のようにフサフサに。

ダイエットをやめて、女性らしく美しい自信の持てる体に。

ダイエットをやめて、自然に生理が来るように。

ダイエットをやめて健康美を目指した私がやったこと

無理なダイエットはやらない

この決断をした私は、週5回やっていた有酸素運動を週1〜2回にして時間も短くしました。

無理なカロリーカットをやめ、栄養バランスの良い健康的な食事を始めました。

関連する記事

【連載】無月経に円形脱毛。無理なダイエットの末に私がたどり着いた「健康美」とは〜女性が筋トレをしたほうが良いわけ〜

過度なダイエットが原因で、過去に無月経、円形脱毛になってしまったマリさんが、健康的に美しくなる方法についてご紹介します。第二回は筋トレついて。体のラインが美しくなる、基礎代謝があがる、などの筋トレのメリットはもちろん、ゴールやチェックポイントを決める、など筋トレを生活に組み込むための方法についても紹介しています。

ガリガリだった頃の私は、1日3食をできるだけカロリーを少なく食べようとしていました。

今では3食しっかりとたんぱく質、炭水化物、食物繊維をとり、間食もします。

筋トレをしている私は、筋肉に栄養が足りないと筋肉も増えないので!

抜け毛もなくなり、美しいボディラインに

ダイエットをやめてから数ヶ月後、私はガリガリな身体を卒業して正常体重に戻っていました。

体重が戻ってからも筋トレを続けたことによって、以前の正常体重だった頃に比べてボディラインが綺麗になっていました。

抜け毛も気にならなくなり、元のように髪の毛がフサフサに。

周りの人やお医者さんからも「ほんと髪の毛多いね」ってまた言われるようになりました。

心配なくブラッシングも、美容院にも自信満々で行ってます。

改めて美しくなった私

無理なダイエットで本当に美しくなれますか?

抜け毛を経験してまで、無理なダイエットする必要なんてないと思います!

抜け毛や円形脱毛は、身体が出すSOSのサインです。しっかりと聞いてあげてください。

ダイエット中に円形脱毛や抜け毛が気になりだしたら

  1. ダイエットをしている方は運動の量を減らしてみましょう
  2. 食生活も見直してみましょう。食べ足りていますか?しっかりとした食事をしていますか?
  3. 自分のストレスレベルを把握しましょう。レベルはどうであれ、身体を休めてあげましょう。
  4. 心配であれば皮膚科へ

ダイエット中に円形脱毛や抜け毛が気になりだしたら、ライフスタイルを改善して、2週間ほど様子を見てみましょう。

2週間後に改善の兆しがあるかどうかを確認し、またライフスタイルの改善を行いましょう。

アメリカにいると「日本人女性の髪の毛」は、しっかりとした綺麗な髪の毛としていつも褒められます。

その美しい髪の毛を世界に見せびらかせるように、食生活と運動の量に気をつかって、身体を守ってあげましょう。

こちらは連載記事です。Mariさんが健康美を追求する方法について、全5回の記事でご紹介します。

第4回は2016/03/11(金)、【連載】無月経に脱毛症。無理なダイエットを経て私がみたもの〜食べてスタイルを良くする方法〜を公開予定!

いち早く連載の更新情報をゲットしたいなら、NICOLY公式のメルマガやLINEをチェックしてくださいね!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

マリ

  • 身長:163cm
  • 体重:50kg代

過去に無月経、円形脱毛になった経験から健康美を目指すように。現在はアメリカで会社員として働く傍ら、FITGAL.JPというサイトを立ちあげ、ダイエットに悩む女性にアドバイスを提供している。

リンクはこちらから→FITGAL.JP/Youtube/Instagram/

instagramで@fitgaljpをフォロー

written by マリ

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

59,734 views

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー