NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年05月28日 更新 | 1,693 views

大人毛穴も隠せちゃうかも♡ レチノール配合化粧品の効果と注意点

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

最近話題になっている「レチノール」。シワ対策に使っている人が多いようですが、レチノールにはシミやニキビにも効果があるんです。ただ、レチノールを使用したことで逆に肌トラブルが発生してしまったり、ビタミンAの摂取を控えた方がいい妊婦さんの使用は危険だったりすることも。副作用や注意点をよく知って、正しく使いましょう。

肌にはいろんなトラブルがつきまとってきます。

肌トラブルを改善するために、最近注目されている成分が「レチノール」。

レチノール配合化粧品もブームになっているようです。

レチノールの効果や副作用をくわしく知って、効果的にレチノールを取り入れていきましょう♡

そもそもレチノールとは何か

化粧品出典:we heart it

レチノールとはビタミンAのことで、脂溶性のビタミンに分類されているそう。

さらにくわしく言うと、必ずしも「レチノール=ビタミンA」ではないのですが、人間の血液中のビタミンAはほとんどがレチノールであるため、レチノールはビタミンAであると表されることが多いのです。

レチノールは、細胞分化や免疫系の機能向上、皮膚や粘膜の生成、視力の維持など、私たちの日常生活が円滑に行くには欠かせないさまざまなはたらきを担っています。

そして、レチノールをはじめとしたビタミン類全般は、体内生成ができないので、食べ物やスキンケア商品として体外から取り込むしかないのです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

ビタミンAとその誘導体をレチノイドといいます。自由診療の医療機関で処方されることがあるのはレチノイン酸で、皮膚に対する作用が強いです。それに対して、市販されているレチノールやレチニール配合のクリームは1/100程度の強さしかありません。

レチノールが肌に及ぼず効果

化粧をする女性出典:we heart it

レチノールの効果で特に期待できるのが、シワの改善

だから、レチノールは老化を防ぐ「アンチエイジング」においても欠かせない成分として取り上げられています。

肌のハリを取り戻し、シワをなくすためにはレチノールを積極的に摂取した方がいいのです。

さらに、レチノールはシミやニキビにも効果を発揮するんだとか。

レチノールにはピーリングのはたらきがあるので、皮膚の表面のシミやニキビをつるんとはがすようなはたらきをしてくれます。

また、人間の肌は基礎代謝によって生まれ変わることができるのですが、年を取るに連れて衰えてしまうんです。

レチノールを肌に塗りこむことで、基礎代謝を補助するような効果も得られるでしょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

レチノイドは角層を剥がし、皮膚のターンオーバー(入れ替え)を促進する働きがあります。それによってシミや肝斑、色素沈着などの原因である表皮のメラニンを排出します。また皮脂の分泌を減らす働きがあり、ニキビ治療に用いられることもあります。

レチノールによる肌トラブルも

レチノールにはさまざまな肌トラブルを解決する効果がありますが、一方で、逆に肌トラブルを起こしてしまったという報告もあります。

  • 肌が赤みを帯びるようになった
  • 発疹ができてしまった
  • レチノール配合のクリームを使っていたら頬が異常に痒くなってしまった

レチノールを使用してなにか肌トラブルが起きた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

使用後数日すると、塗ったところが、赤くなったり、ひりひりしたりしますが、そのまま使い続けると徐々に治まります。心配であれば、医師の指導の下に行った方が良いでしょう。

おすすめのレチノール配合化粧品3選

レチノール配合化粧品を使うなら、DHCの「薬用レチノAエッセンス」やPHYTOLIFTの「オールインワンジェル」、毛穴パテ職人の「BBクリーム ポアタイトリフト」 がおすすめです。

おすすめのレチノール配合化粧品1:DHCの「薬用レチノAエッセンス」

DHCの「薬用レチノAエッセンス」は、天然成分100パーセントのオーガニックオイル「オリーブバージンオイル」や、美容成分「プラセンタ」などを豊富に配合しています。

アンチエイジング効果はもちろん、保湿効果もあるので、乾燥肌の人にもとてもおすすめ。

目元や口元など、ピンポイントに使用するのがいいでしょう。

また、実際に使った人の口コミには、高評価のものが多いです。

肌をふっくらさせてくれるし、肌にのせたときの伸びがとてもいい! コストパフォーマンスもいいと思います。

「薬用レチノAエッセンス」にはレチノールが高濃度で配合されているので、シミやシワ対策に使っています。

値段は3,600円(税抜)なので少し高めに感じるかもしれませんが、配合されている成分や使用感を見てみると、納得の値段です。

おすすめのレチノール配合化粧品2:PHYTOLIFTの「オールインワンジェル」

PHYTOLIFTの「オールインワンジェル」は、化粧水や乳液、美容液などがひとつになっているので、これ1本でスキンケアが完了できちゃうんです。

オールインワン化粧品のデメリットでもあった肌のハリやうるおい不足も、PHYTOLIFTの「オールインワンジェル」は克服。

肌に必要な美容成分が99.7%配合されているので、忙しい朝でもこれ1本で安心です♡

また、実際に使用した人の口コミでは、効果を実感している人が多くいました。

オールインワン化粧品なので、スキンケアがとっても楽だった。

もちろん一年中使えるスキンケアですが、肌がベタつかない春から夏にかけての使用がベストです。

キャンペーンで安く購入できたので、とても満足です! 肌がピンと張ってきたので、シワの改善効果もバッチリ感じています。

値段は1,834円(税抜き)と比較的リーズナブルなので、1度試しに購入してみてもいいかもしれません。

おすすめのレチノール配合化粧品3:毛穴パテ職人の「BBクリーム ポアタイトリフト」

毛穴パテ職人の「BBクリーム ポアタイトリフト」は、毛穴が気になる人におすすめのコスメ。

肌によくフィットするので、開ききってしまった大人毛穴をしっかり隠し、メイク崩れしないようにキープしてくれます。

実際に使用した人の口コミでは、濃密な効果に愛用する人が多かったです。

毛穴パテ職人のBBクリームは毛穴をしっかり隠してくれるので、かなり重宝しています。

コンシーラー替わりに使えるほど、濃厚な仕上がりで驚きました。レチノール配合で肌にも優しいのが嬉しいです。

値段は1,200円(税抜)とかなりリーズナブルなので、無理なく継続して購入できるでしょう。

レチノール配合化粧品を使う際の副作用や注意点

女性の顔出典:we heart it

レチノール配合化粧品を使うなら、副作用や注意点を知っておくことも重要。

特に妊婦さんはレチノール配合化粧品などを使わない方がいいとされているので、気をつけましょう。

高濃度レチノールは肌への副作用の可能性がある

レチノールはアンチエイジングの働きがあり、シワやシミに働きかけてくれます。

ただ、肌に合わない人によってはとことん合わないというのもレチノールの持つ側面です。

とくに高濃度のレチノール配合化粧品は、副作用が起こることが多いとのこと。

肌の皮がむけてしまったり、赤く腫れてしまったりするといった、大きな副作用を生み出すことがあります。

レチノールによる副作用が心配な人は、はじめにパッチテストを実施するなどして自分の肌にレチノールが合うのかを確かめてから使用してください。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

日本人はレチノイド皮膚炎によって、逆に炎症後色素沈着ができる場合もあります。それを予防するために、ハイドロキノンを併用すべきです。ハイドロキノンはレチノイドを塗る部位よりも広めに薄く塗ります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

レチノイドは続けて使い続けると耐性ができて、効き目が悪くなります。2ヶ月使ったら、1~2ヶ月、お休みします。

妊婦さん注意!レチノールの摂取による副作用

妊娠中はレチノール(ビタミンA)を積極的に摂取することは危険とされています。

もちろん過剰摂取さえしなければそこまで敏感になる必要はありませんが、気にかけるにこしたことはありません。

妊婦さんがレチノールを体内に取り入れすぎると、胎児が奇形になったり先天的な異常を持ったりすることがあります。

また、食べ物としてはうなぎやレバーがビタミンAが多く含まれているので、できれば妊娠中は口にしない方がいいでしょう。

同時に、レチノール配合化粧品も極力使用を避けるべきです。

普段レチノールのスキンケアを使っている人は、妊娠したら他のものに切り替えて肌のケアをしていきましょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

妊婦さんは使ってはいけません。また使用中の女性は避妊をする必要があります。

レチノールは注意点に気をつけて使うようにする

リップ出典:we heart it

レチノールにはアンチエイジング効果やニキビ解消効果などがありますが、一方で副作用が起こる可能性もあり、人によって合う、合わないがかなり激しい差となって現れる美容成分のようです。

まずはパッチテストなどで様子を見るのがいいかも。

「自分の肌に合うな~」と感じたら、レチノール配合化粧品を使ってキレイな肌を手に入れちゃいましょう♡

top image via we heart it

written by kurihara

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44554 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ