NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1036記事

メルマガ登録

2015年11月04日 更新 | 1,737 views

ストレスをなかったことにしてニキビを防ぐ2つの常識

日々生活していたらストレスがたまりニキビができやすくなってしまいます。ストレスをなくすことはできませんが、一流の俳優さんのようにストレスをためない方法はあります。食事と運動に気をつけることです。ビタミンB群とCを意識した食事は、ストレスで失われる免疫力強化に、運動はホルモンバランスの調整能力と新陳代謝を助けます。

ストレスがたまると、気分が悪くなり、ニキビもできます。そしてニキビを見るとストレスがたまるという悪循環に。

「ストレスがたまるとニキビができる」と知っていても「ストレスなんて避けられないし……。」という人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、ストレスを避けるのではなく、ストレスに強い身体を作る食事と運動について紹介します。

ストレスが増えるとニキビができる!

ソファーに寝そべって笑顔で正面を見ている女性

「ストレスは万病のもと」とよく言われるものの、病気の原因を「ストレス」の一言で片付けられるのは何か釈然としない気がします。

ただ、ストレスがたまるとニキビが増えるというのは、説得力があるように感じるんです。

というのも、ストレスを感じると、ニキビのもととなる皮脂が多く分泌されるから。

ストレスがたまると、身体はストレスに対抗するため防衛反応を行います。すると、身体機能が向上し、男性ホルモンが活発になるんです。

この男性ホルモンは、身体の防衛反応としては大切なホルモン。しかし肌に関して言えば、毛穴を小さくし、皮脂をつまりやすくするので、ニキビを増やすホルモンなんです。

ストレスによる緊張状態が続くと、それだけ男性ホルモンが分泌され続け、ニキビができやすくなるというわけです。

食事と運動でストレスを「受け流す」

青い空、流れる川、緑の木々

でも、重い責任を担うビジネスパーソンや俳優など、強いプレッシャーを感じながらも肌がきれいな人は大勢います。彼らはどうやってストレスを受けないでいるのでしょうか。

実は、彼らはストレスを受けないのではなく、ストレスを受け流し、へこたれない強さがあるんです。つまりストレスは受けるけど、うまくストレスをためないようにしているということ。

ストレスを受け流すには、当たり前で常識的な2つのこと、食事と運動に気をつけなければいけません。

食事でストレスに負けず、ニキビに強い身体に

オレンジを食べながら正面を見ているセミロングの青い瞳の女性

ストレスとニキビに負けない身体のためには、まず食事が大切。ビタミンB群やビタミンCをとれる食事をこころがけましょう。

ビタミンB群には代謝を助ける機能があり、ビタミンCには免疫力の強化やストレスに対抗する効果があります。そして、ビタミンB群もビタミンCも日々の生活だけでなく、ストレスに反応して消費されていくんです。

また、ビタミンB群は肉類や魚からとれるのに対して、ビタミンCは野菜や果物を積極的に取り入れないと、摂取することができません。特にビタミンCは水溶性の栄養素であり、体にため込むことができないため、日々ビタミンCを摂取してストレス耐性を高めてくことが大切です。

ビタミンB群を多く含む食品

レバーや豚肉、牛乳、魚介類などに多く含まれています。  

ビタミンCを多く含む食品

ピーマン、ゆず、アセロラジュース、キウイ、柿などに多く含まれています。

運動でストレスに対する免疫力アップ

夕日を浴びながら坂をランニングしている女性

食事だけでなく、運動をすることでストレスに強く、ニキビができにくい身体をつくれるんです。

なぜなら、運動をすることによって、身体の免疫機能が高まれば、ホルモンのバランスを整える力が向上し、新陳代謝がはやくなるから。

ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが過剰に分泌してしまいます。ホルモンのバランスを整える力が高ければ、バランスが一度崩れても、男性ホルモンが過剰に分泌され続ける状態を避ける事ができます。

新陳代謝がはやければ、ニキビができてしまっても皮膚の生まれ変わりがはやいので、その分はやくニキビのない肌に戻ることができるんです。

ランニングなど、簡単な有酸素運動を少し行うだけでも効果はありますので、自分のペースで行うとよいでしょう。

運動をすると汗をかきますが、汗をかくとニキビができやすくなるというのは間違いです。汗によって雑菌が繁殖したり、毛穴がつまったりということはほぼありません。

ただし、汗に整髪料など溶け込んでいる場合は、汚れが毛穴につまってニキビの原因となってしまうので、運動後は洗顔をするのがおすすめです。

ストレスでニキビができたわたしの経験

夕日の中階段をランニングしている女性

20代前半はまさに息苦しく、生き苦しい時期でした。何をやるにしても緊張でストレスを感じる日々が続いたんです。

食事も運動も適当でいると、だんだんニキビが増えてきました。洗顔やニキビ薬に力を入れたのですが、イマイチ効果が出ません。悪化はしないのですが、治療が遅いのです。

しかし、ビタミンB群とビタミンCに気をつけた食事や有酸素運動を行うと、目を見張る速度でニキビが治っていきました。ビタミン不足や運動不足がどれだけ肌環境を悪くするかを、身をもって知ることができたんです。

ビタミンや運動不足で、ストレスがたまるとニキビができやすくなります。食事や運動に気を遣うことで、ストレスに、そしてニキビにも強い身体をつくりましょう。

ストレスによるニキビの根本的な治療は、食事や運動から見直すことから始まるんです。

written by いっせい123

image via shutterstock

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45959 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ