NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 2,747 views

コスパ◎のところてんダイエットで、ツルンッと出せる体に!

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

100g当たりのカロリー換算で2kcalと超低カロリーで、ダイエット中に食べるものとして人気のところてん。そして年中市場にあって、コストパフォーマンスも良くてとメリットばかり。この取り入れやすく、誰でも行いやすいところてんでのダイエットで、どのようにすれば成果を出しやすいのか? についてお教えします。

ダイエット中は食べたい欲求が普段より強く出てきやすく、つい誘惑に負けそうになることも。そんなときに、カロリーを気にせず食べられるのがところてん。しかし、ただ食べて満腹感だけ得るのではもったいないので、効果的な食べ方についても知っておきましょう!

ところてんでのダイエットはどうやる?

天突きの写真出典:Pinterest

そもそもところてんって?

海藻のテングサやオゴノリを煮て溶かして、この液体を布などで濾してから冷やし、天突きと呼ばれる専用の道具で突き出しのがところてんです。

ところてんダイエットのやり方

ところてんでのダイエットは、他のダイエットをより効果を出すためのサポートダイエットです。

なんといっても100g中のカロリーはわずか2kcalしかありませんから、市販のものは1人分150g〜200gなので、それだけの量を食べても3〜4kcal。カロリーを抑えたいときにもっとも適している食材といえます。

ところてんダイエットはいつでも始められるのもうれしいポイント。年中買うことができて、しかも1回分のコストも130円〜150円、さらに手作りにすると1回30円〜40円と低コストで行えます。

原料が海藻だからこそ効果が大きい

テングサの写真出典:京都府

ところてんは先述の通り、海藻から作られます。

海藻は豊富に水溶性食物繊維を含んでいます。水溶性食物繊維は、過剰な脂質を取り込んで外に排出する働きと糖質の吸収を緩やかにする働きがあります。

そして、糖質の吸収が緩やかになると、インスリンの急な分泌が抑えられます。

インスリンは余った糖質を中性脂肪として体内に蓄える働きがあり、血糖値が急激に上がるほどに分泌量も上がり、働きもより強くなります。

この状態を繰り返していると確実に体重は増えますし、しかも脂肪によって増えてしまうので、どんどん痩せにくい体になってしまいます。

ところてんは98%もの水分を含む食品で、水分と水溶性食物繊維が取れるので、腸内をきれいに掃除しながら善玉菌の栄養にもなり、便秘の解消や便通の改善に役立ちます。

ところてんは、どのタイミングで摂るのがいい?

食べる女性の写真

ところてんダイエットはサポート(補助的な)ダイエットなので、ダイエット中の間食か置き換え食か、食前に食べて血糖値の上昇を緩やかにする機能性食品のように使用するかがいいでしょう。

短期のダイエットでの結果を出そうと思うときには、間食の利用か1日1回の置き換え食での利用が合っています。

また、ダイエット効果と食生活改善を考えるなら、食前での摂取を長期間続けていくことをおすすめします。

ダイエットの目的に合わせて、どちらかを選んで始めてみましょう。

ところてん自体の栄養価は低い

ところてんダイエットでは、原料のテングサが栄養豊富だからところてんも実は栄養が含まれているんだろうと期待する人もいるかもしれませんが、先にお伝えした通り、ところてんの98%は水分です。

原料として使われているテングサが栄養豊富なのは、生の状態のときだけです。

ところてんの原料として使うときにはテングサを一度乾燥させますが、この時に栄養素のほとんどが流れ出て行ってしまい、残るのはヨウ素ぐらいです。

ヨウ素は何かいいの?

ヨウ素は体内では首元の位置にある甲状腺に蓄積されており、トリヨードチロニン(T₃)とチロキシン(T₄)という2種類の甲状腺ホルモンの材料となります。

従来の日本の食事では海藻を常食していたので甲状腺ホルモンの不足はありませんでしたが、最近の食事ではめっきり摂取量が減ってしまいました。

なので最近では食事性の甲状腺ホルモン低下症を発症する人も出てきています。

甲状腺ホルモンの低下症になると全身の代謝が落ちるので脱毛・貧血・倦怠感などの症状が出てきます。

特にダイエット中は貧血が起こりやすくなるので、その予防の意味でもところてんはおすすめです。

ヨウ素は多く摂ればいい、というものではない

落ち込む女性の写真

貧血の予防になるヨウ素ですが、実は摂り過ぎてもいけないのです。

長期間かつ1日3回以上続けたりしていると、甲状腺機能亢進症(こうしんしょう)の発症のリスクが上がり、亢進症では体重増加や頻脈、下痢や筋力低下などが起こります。この中でも下痢や筋力低下は、ダイエット中には特に注意したいもの。

下痢は体のミネラルバランスを崩す原因になり、全身の代謝が上がり過ぎている状態になるため筋肉を分解してエネルギーに使おうとしてしまいますので、筋肉も分解されてしまい痩せにくくなってしまいます。

ダイエットプランを立ててから、ところてんダイエット

ところてんダイエットはカロリーを大きく減らすことができ、豊富に含む水分と水溶性食物繊維には糖質と脂質の吸収を抑えて、腸の状態を整える効果があります。

なので、先述した用途での取り入れ方にはとても良いですが、それ以外の栄養では豊富なのはヨウ素のみで、これも自分の食生活を見直してから取り入れないと、やり方によっては食事性の病気の原因にもなりかねません

なので、まずは短期でやるのか長期でやるのかを決めて、食生活を見直してところてんの摂取を1日1回なのか3回にするのかを明確にしてから、サポートダイエットということを念頭に置いて始めてみてください。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45691 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ