NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年03月14日 更新 | 36,832 views

【連載】元66キロのダイエットアドバイザーがおくる「昨日より綺麗でいるためのダイエット」〜食事編〜

インスタグラムでのフォロワーが4.8万人以上いるダイエットアドバイザー・彩帆里。その彩帆里が普段から一番大事にしているダイエットの基本は”日々の食生活”。あなたは、日々の食生活を大事にできていますか?あなたの身体はあなたが食べたものから作られています。食生活を見直して、健康で美しい身体を手に入れましょう。

こんにちは、ダイエットアドバイザーの彩帆里です。

前回の記事では、ダイエットを通して起こった身体の良い変化をお伝えさせていただきました。

その変化になくてはならなかったのが、食生活です。

あなたの身体をつくるのは、あなたが食べたもの

今のあなたは、今まで口にしてきた食べ物からつくられています。

食事で栄養を摂らなければ身体は動かないし、内臓が元気に動かないから健康でもいられません。

髪の質も良くならないし、もちろん肌も綺麗になりません。

ダイエットはもちろん、綺麗になったり若返るための一番の近道は。毎日の食生活を見直すことです。

食生活の改善が一番難しい......」と思っている方は多いと思います。

でも、それって実は『食事を制限する』という考えだからかもしれません。

ダイエットは栄養の足し算

1日に必要な栄養素はどれくらい

ダイエットと言うと、栄養の引き算(食事の制限)をしがちです。

でも、大切なのは栄養の足し算です。

一日に必要な栄養素を、三食に分けて補うということを意識してみてください。

厚生労働省が公表した日本人の食事摂取基準(2015年版)によれば、例えば18〜29歳の女性は1日に1,950kcal、たんぱく質は50g必要なようです。

詳しいデータは、江崎グリコ株式会社の三大栄養素 | 日本人の食事摂取基準(2015年版)より | 栄養成分ナビが見やすいのでオススメですよ。

「まごわやさしい」食生活を心がける

まごわやさしい食がダイエットの秘訣

まごわやさしいとは、健康的な食生活を送るための知恵です。「まごわやさしい」のそれぞれが食べ物の頭文字になっています。

これらを覚えて毎日の食生活に生かしていくと、健康的で身体が喜ぶ食事内容になっていきますよ。

まごわやさしい食べ物

  • め( 豆腐、納豆などの大豆製品 )
  • ま( ごま、ナッツ類 )
  • かめ( ひじき、海苔などの海草類 )
  • さい( 淡色野菜、緑黄色野菜、根菜類 )
  • かな( 魚介類 )
  • いたけ( キノコ類 )
  • も( さつまいも、ジャガイモなどの芋類 )

実践!私の「まごわやさしい」食生活

私は一日を通してこの「まごわやさしい」の食材を食べれるようにしています!

例えばランチにボールサラダを作って、思いっきり身体に栄養補給をしています。

まごわやさしいを実践するボールサラダ

ボールサラダを食べても足りていない、魚や大豆製品、芋類、根菜、キノコは朝と夜に食べて補っています。

ダイエットのときは控えがちな間食も、身体にとっては大切な栄養補給です。

さつま芋(い)やナッツ類(ご)、にぼし(さ)やフルーツなどを食べるようにしています。

もちろんお肉も食べます。まごわやさしい食材を全部食べれないときもありますが、なるべく意識して食事を行うようにしています。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ食べる種類を増やすところからはじめるのがオススメです。

無意識にしていませんか? 太るクセに注意

ピザ

普段から意識して食べたい「まごわやさしい」食べ物があれば、その反対に太る食べ物もあります。

脂質、揚げ物、糖質、加工食品、コンビニ弁当、ジュース、お菓子...。

これらを摂りすぎているのであれば、控えましょう。食生活を見直して、なるべく「まごわやさしい」食べ物を心がけてください。

太るクセを続けていると、いくら運動やマッサージを頑張っても、結果が出るのが遠回りになってしまうと思います。

もちろん、全く食べないでという訳ではありません。自分へのご褒美dayがあっても、頑張れない日があってもいいんです。

ただ、偏りすぎない食生活を大切にしてくださいね。

毎日少しずつ意識を変えて、健康的な食生活に

ダイエットには食生活の改善が必要

食事を毎日3回すると、1ヶ月で90回、1年間で1095回、食事をすることになります。

それなのに毎食、食べるものを無意識に選んでいませんか?

食べるものを意識して変えてみれば、半年後、1年後にはまるで違う自分に出会えるかもしれませんよ。

太りにくく溜め込まない身体や、美しさは常に健康の上に成り立つ事です。毎日の食生活を見直し健康で美しい、太りにくい体を作る事がダイエットの近道だと思います。

次回は、私が定期的におこなっているファスティング(断食)について紹介します。

ファスティングは短期集中ダイエットとしての効果はもちろん、体質改善や美肌便秘にもオススメなので、ぜひ参考にしてくださいね。

こちらは連載記事です。彩帆里さんが「昨日より綺麗でいるためのダイエット」について、全5回の記事でご紹介します。

第3回は2016/03/21(月)、【連載】元66キロのダイエットアドバイザーがおくる「昨日より綺麗でいるためのダイエット」〜ファスティング編〜を公開予定!

いち早く連載の更新情報をゲットしたいなら、NICOLY公式のメルマガやLINEをチェックしてくださいね!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

彩帆里

  • 身長:162cm
  • 体重:46〜47kg

エステサロンの店長職を経て、美容家・ダイエットアドバイザー、美容ライターの道へ。産後20kgのダイエットに成功。自身のダイエット経験と知識を生かし、美容情報を発信中。インスタグラムのフォロワーは4.6万人を超える。

instagramで@saoooori89をフォロー

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ