NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 2,318 views

授乳中のダイエットで気をつけなければならない2つのこと

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

授乳中のダイエットは「栄養」と「食べる量」のバランス、2つのことを気をつけるだけで大丈夫。タンパク質や糖質、ビタミンなどの栄養を摂りましょう。また夜よりも朝に食べるようにし、3食トータルで妊娠前より350キロカロリー追加した食事をすることを心がけましょう。授乳中のダイエットは無理なく続けることが大切です。

妊娠中に太ってしまったからといって、授乳中はなかなかダイエットできないもの。赤ちゃん中心の生活になり、なかなかダイエットに時間をとれないかもしれません。そこで今回は、授乳中に無理なくできる2つのダイエットを紹介します。

授乳中に必要な栄養素とカロリーは?

野菜とテーブル

授乳中はおっぱいをあげなくてはいけないので極端なダイエットはママにも赤ちゃんにも大きな負担となります。そのため、まず、授乳中に必要な栄養素やカロリーがどれだけなのかをきちんと知っておくことが大切です。

一番大切なのは栄養のバランス。偏った食事ではママも赤ちゃんも栄養不足になってしまいます。

母乳は血液からできていることを忘れてはいけません。そして血液は食事から作られるのです。たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素は必ず摂るようにしましょう。

さらに摂りたい栄養素は鉄、葉酸、カルシウムです。血をつくる鉄や葉酸、骨をつくるカルシウムは授乳中は気をつけておかないと不足しがちになります。

続いて必要エネルギー量は、プラス350キロカロリーです。妊娠前より350キロカロリー多めに摂らないと赤ちゃんもママもへばってしまいます。それほど母乳にはカロリーが必要です。

授乳中でも痩せられる!

カロリーも摂るし、肉もご飯も食べなくちゃいけないのに痩せられるの? と思いますが、痩せられます!

私は授乳中は妊娠する前より肉もご飯も食べていました。それでも気がつけば産後7か月でマイナス4kgになっていました。

しかもダイエットらしいことはしていなかったのです。たまたま体重計に乗ったら減っていました。今までたくさんダイエットをしても全て失敗してきたのに……。

ではなぜ痩せたのでしょうか。妊娠前と授乳中の食事で何が違ったのか考えてみると、明らかに違うことがありました。それは「栄養のバランス」と「3食の量のバランス」でした。この2つが産後ダイエットの成功のコツでした。

授乳中にも効果があるたった2つの産後ダイエット

妊娠をした女性

栄養のバランス

今までは栄養も考えず「好きなもの」を「ちょっとだけ」食べてきました。太りたくないけど好きなものは食べたい! という気持ちからです。

でも授乳中は赤ちゃんのことを考え、きちんと栄養を摂らなくてはいけません。そのため「バランスよく」さらに「たくさん」食べるようにしました。しかも不思議なことに、好きなものばかり食べていた頃より、授乳中の食事の方が満足感があったんです。

授乳中というきっかけがあったことで、食事バランスを見直し、自分が必要な栄養やカロリーをきちんと摂ることで「満足する食事」ができるようになりました。

満足すると、食べ過ぎることも、甘いものばかり食べたくなることも少なくなり、自然とダイエットをしていたのでしょう。それで身体の脂肪が落ちていったのだと思います。

ちなみに、毎食100点満点の食事なんてできません! ですから、「朝食はたんぱく質が少なかったから、昼食は気をつけよう」とその程度です。無理なく、でも少し意識して食事を摂ることが大切です。

3食の量のバランス

普通は朝食<昼食<夕食の順に食事のボリュームが多くなってくると思いますが、授乳中はなかなかゆっくり食事を食べることができません。

私の場合はたまたま赤ちゃんが朝寝をする時間が一番ゆっくりできたので、朝食の量が一番多くなりました。

昨晩食べ損ねた肉も朝からぺろりと食べていました! その代わり、晩ご飯は子どもを寝かせたり、後片付けをしたりとバタバタしていたので、そんなにたくさんは食べませんでした。

その結果、寝るだけの夜に必要以上のカロリーを摂らなくなり、ダイエットできたのだと思います。

無理なく続けよう授乳中のダイエット

授乳中の産後ダイエットで大切なことはたった2つだけです。

栄養バランスを考えて自分が満足する食事を摂ること、そして食事の量に気をつけることの2点だけです。

基本的に毎食満足していましたが、時には甘いものやご褒美おやつも食べていました!授乳中のダイエットは我慢しすぎないことが大切だと思います。

授乳中のダイエットは、今までの食事スタイルを見直すよいきっかけになります。自分の身体と赤ちゃんの成長を考え、無理なくダイエットをして、身体の調子を整えていきましょう。

written by tawara867

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43770 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ