NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 1,891 views

一重でいじめられた私が、ポジティブになるためにした努力 [体験談]

一重と体型が原因で私はいじめにあうようになってしまいました。「目つき悪い」「一重がうつる」と心ない言葉を言われてきました。そこで私は、顔と体型を変えることを決意。ニキビ顔を治しに皮膚科へ行き、ダイエットして痩せて、一重はアイプチでカバーしたりなど、努力をした結果……。

パーマをかけた長い髪の女性出典:We heart it

私は生まれたときから一重でした。

しかし、一重でも目自体は大きい方だったので気にした事は一度もありませんでした。

小学1年生で目が悪くなり、メガネをかけるようになりました。

そのため、もっと一重を気にする事はなくなりました。

小学生のうちは、一重も二重も関係なくそんな言葉すら知らない人ばかりでした。

しかし、中学校にあがり隣の町の人たちと同じ学校になったとき、悲劇は起こりました。

私の席の前の女の子が、

「あなたの目、一重なんだね!かわいそう!」

と言ってきたのです。

何がかわいそうなのか私はそのとき分かりませんでした。

一重に違和感を感じたことは一度もなかったし、初めて会った人に言われた一言目がこれ?ってなっていました。

しかし、その言葉をきっかけに、小学校から一緒だった友だちにも目だけでなく顔や体型、性格のことまで言われるようになってしまいました。

中学校3年間ずっといじめられ続けたのです。

この頃はコンプレックスという言葉も知らなかったので、お母さんに話をすると

「気にしなくていいよ!あんたはあんたやねんから!」

と言ってもらえるだけで気持ちがすっきりしました。

しかし、次の日学校に行くと、みんなの目が今までとあからさまに違っていました。

男女関係なくいじめられました。

「よくそんな目でいれるわ!笑」「一重がうつるからこっち見んといて!」「目つき悪い」

など、今まで一言も言われなかったことを今思いついたかのように言ってくるようになりました。

その日から一重の目、ぽっちゃり体型がコンプレックスになりました。

コンプレックスを克服するために

愛用しているメイクポーチ出典:We heart it

「継続は力なり」

この言葉がいつも私を励まし支えてくれていました。

家に帰ると、母親に

「また目のことなんか言われたんか?」

と聞かれました。

私は虐められていることによって心配をかけたくなくて

「ううん!言い返したらなんも言われへんようになったよ!」

と強がって返しました。

そのため、母親は私がいじめられていたことを高校に入るまで知りませんでした。

次の日もみんなにボロカスに言われました。

私は耐えきれずこう言いました。

「どうしたらみんな私に悪口言わなくなるの?」

そうすると、

「お前が整形したら!笑」

と言われました。

そこで私は考えました。

みんな、私の顔と体型のことばかり言ってくる、顔と体型が変わればいいんだ!整形したいなんて親には言えないですし、自力でみんながびっくりするほど可愛くなろう!と決意しました。

私はいじめられてからどんどん学校に行くことが減っていきました。

なので、自分にかける時間が大量にできたのです。

私は可愛くなると決める前まで、1度も化粧品やボディーケアをしたことがありませんでした。

そのため、肌のニキビ等を治すために皮膚科に通い処方してもらった薬を朝晩毎日塗り続けました。

ベースになる化粧水は、自分に合うものをひたすら薬局で買って試し、自分にぴったりの一本にたどり着くことがでしました。

一番苦労したのは二重にすることでした。

皮膚が弱い私はアイプチを買って試してみても、夜落とす時に真っ赤に腫れたりあかぎれのようになってしまうことが大半で、そうなってしまうと1週間は何もできないのです。

すると、二重のラインも消えてしまい結局振り出しに戻る、ということを続けていましたが、自分に合う一本にたどり着き、5年経った今でもそのアイプチを利用しています。

毎朝1時間かけて二重にしました。

両目のバランスが整うように何度も何度もやり直しをして頑張りました。

寝てしまえば剥がれてしまうくらいまぶたの肉が厚くて本当に苦労しましたが、みんなを見返してやる!そんな気持ちの方が強かったので続けることができました。

ダイエットは、私の場合いじめによるストレスで一気に8キロ落ちてしまったのです。

なのでダイエットと言うほどのことは何もしていませんでした。

そのまま少食になり今に至ります。

笑顔で正面を見つめている金髪の女性出典:We heart it

いじめを受けたくさんのコンプレックスを抱えていた私ですが、ある意味いじめがあったから今があるようなものだと思っています。

いじめがなければ、変わろうと思えなかったと思うし、いつまでも下を向いてくらい人生を歩んでいたと思うのです。

そんなコンプレックスを抱えて前を向けない人は世の中にまだまだたくさんいると思います。

前を向けなくしているのは周りの人間からの厳しい言葉が原因かもしれません。

しかし、その周りの言葉をどう捉えるかによって未来は変えることができるのです。

ここからは私がコンプレックスを解消してから、おしゃれも楽しくなり、男の人にも告白されるようになりました。

男の人に恐怖を抱いていたので、最初は全てお断りしてしまっていましたが……

しかし、どんどん慣れていくもので、一度彼氏ができてからは高校を卒業するまでに20人の人とお付き合いをしました。

みんな私の昔の写真を見ると別れるんです。

「えっ!?めっちゃブサイクやん!」「スッピン見たくないわ!」

とかそんな理由で振られていました。

でも、それでよかったと今では思えます。

結局男は顔しか見ていないんだな。と思うくらいで別れて傷ついたことは一度もありませんでした。

そんな私も女子には人気で、

「メイクの仕方教えてください!」

とよく言われていました。

*女の子はメイクで変われるのだから、整形なんてしなくても良いと私は思います。

努力が出会いにつながった

パーティーに参加して男性と抱き合っている様子出典:We heart it

私は高校2年生の冬に、ある男性と知り合いました。

その人とはSNSで知り合ったのですが、もちろん知っている顔は私のメイクをしたプリクラくらいです。

半年くらい連絡を取り合い会う約束をしました。

会った瞬間お互い大好きになってしまい付き合ったのですが、またスッピン見て振られるのだろうなと思っていました。

でも彼は、

「スッピンも可愛いよ?俺はお前の顔ももちろん好きになったけど、それ以上に優しくて思いやりの心持った性格がとても好きだから、俺には全部見せて欲しい。」

と言われました。

今でも忘れられないくらい嬉しくて幸せでした。

そんな彼と半年くらい付き合って妊娠が分かり、結婚しました。

正直子供に自分のコンプレックスが遺伝していたら嫌だなと思ったこともありましたが、彼に相談してみると、

「気にしなくて良いから!お前がコンプレックスだと思っていても、俺はお前との子どもならそれでいいの!一重だから何?可愛いことに変わりはないよ!」

と言ってくれ、安心しました。

それは、今の私だからだと思うのです。

もし、昔の引っ込み思案な私だったら、SNSもしていなかっただろうし知り合うきっかけもなかったと思うのです。

内気な性格のままだったら、きっとつまらない子だと思われて連絡を取れない状態にされていたのかもしれません。

本当に人生は自分次第なのだと思いました。

せっかく痩せた体ですが、出産でぶくぶく太ってしまった時期があったんです。

それでも旦那は、「可愛いよ」とか「いつも子どもを守ってくれてありがとうね」と言ってくれました。

私自身太ってしまってから、また旦那に捨てられるのではないかと不安に思う日もあったのですが、旦那はそんなこと考えたこともなかったみたいで、アホらしいと笑い飛ばしてくれたんです。

産後は、頑張ってダイエットをして旦那の隣を歩くのに恥ずかしくない身体に戻すことが出来ました。

私はこのようにして今現在に至ります。

私が皆さんに伝えたいこと

結婚式の当日かみしめるように外を眺めている女性出典:We heart it

ここまでたくさん書いてきましたが、私がコンプレックスを抱えて今前を向けないみなさんにお伝えしたいことがあります。

まずは、コンプレックスを解消するきっかけを作ることです。

「こんな見た目に産んだからいじめられてる。」「こんな思いするなら死にたい。」

これは実際に私が思っていたことです。

これは仕方のないことだし、誰のせいでもなくて、生まれつき自分が持っている個性です。

コンプレックスだと思うなら、周りの人が顔や体型について何か言ってくることがあるなら、変わって見ませんか?

きっかけなんて何だっていいのです。

変わりたいと思う気持ちと継続する力があるならそれだけで誰だって変われます。

私の場合、それが虐められてムカついたから、ということがきっかけでした。

今だに頑張っている理由は、いつまでも旦那さんにキレイと言われたいからです。

旦那がいてくれるから頑張れているようなものです。

前にも書きましたが、【継続は力なり】

この言葉以上に合う言葉はないくらい、私の人生はこの言葉だけで頑張れてきた気がします。

ちなみに、今またアイプチを始めています。

本当に自分が入れたかった二重のラインになるように頑張っています。

何年続けないといけないかわかりませんが、今まで継続していい事ばかりだったので、今回もいい結果になるよう頑張ります。

この記事を読んで、少しでも皆さんが前向きに明るくなってもらえたら嬉しいです。

written by かぇりら

Top image via Weheartit

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44809 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ