NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年03月03日 更新 | 14,538 views

アトピーにも安心!アトピー向け高保湿ボディソープ

デリケートなアトピー肌だから、刺激の少ないボディソープを選びたい。でもアトピーの人にとって、どのボディソープがいいのか、刺激の少ないボディソープはどれなのか... 探すのはなかなか大変なことです。シャンプーと同じく、ボディソープにもいろいろな成分が含まれています。その成分に気をつけないと、かゆみが増したりして、アトピーを悪化させることもあります。そこで今回は、アトピー肌にも安心して使えて、洗い上がりもしっとりさっぱり、おすすめのボディソープをご紹介します。

今使っているボディソープ、自分の肌に合ってますか?

アトピーの肌は、ターンオーバーがうまくできなかったり、細菌に対する抵抗力が弱っていたりします。そこで常に清潔にして、肌の代謝を高めようと、せっせと毎日ボディソープで洗ってますが... これってもしかして逆効果?

実はボディソープを使うことには、アトピー悪化の原因になる危険性があるんです。成分に気をつけないと、肌にやさしいタイプや、無添加タイプでも同じこと。

ではなぜ肌のために使うボディソープが、逆に肌に悪いのか、まずはボディソープの成分からチェックしてみましょう。

この記事に書いてあること

  • アトピーを悪化させるボディソープ
  • アトピーに最適なボディソープの選び方
  • おすすめ、アトピー向け高保湿ボディソープ

ボディソープには刺激がいっぱい!

お風呂で使うボディソープには、大きく分けて2つの種類があります。固形の石けんと、液体状のいわゆるボディソープです。成分としてはほとんど同じなので、ひとまとめにボディソープとして説明します。

ボディソープに含まれる成分

最初に、一般的なボディソープに含まれる成分を、おさらいしておきましょう。

  • 洗浄成分(界面活性剤)
  • 殺菌成分
  • 泡立ち成分
  • 保湿成分
  • 防腐剤
  • 香料、着色料

本来なら汚れを落とす成分だけでいいはずなのに、商品としてのオリジナリティを求めるうちに、必要のない成分がいろいろと入ってしまいます。 ところが、この余分な成分がアトピーにはよくないんです。

アトピーには厳禁、界面活性剤

ボディソープで洗うだけで、なぜアトピーが悪化するんでしょうか?

そのカギをにぎる存在が、界面活性剤です。何だか難しい言葉ですが、簡単に言うと、本来は混ざり合わない水と油が、この界面活性剤を使うことで混ざり合うようになり、油汚れを水で洗い流せるようにする成分です。

とは言っても、最近になって使い始めた成分ではありません。昔からある石けんだって、立派な界面活性剤です。ただし、純粋な石けんは動物性・植物性の油を煮て作られますが、アトピーで問題になる界面活性剤は、石油を原料に作られる「合成界面活性剤」なんです。

ボディソープというより、もう洗剤!

合成界面活性剤は石油を原料にして、安く大量に洗浄成分を作るために開発されました。作り方によっていろいろな種類がありますが、天然の界面活性剤に比べると、はるかに強力に働きます。

これを使えば、簡単に強い洗浄力が得られるので、キッチンの食器洗い用洗剤から、お風呂洗い、洗濯用洗剤など、物を洗うシーンには欠かせない存在です。 ということは、強引な言い方をすれば、合成界面活性剤を使ったボディソープで体を洗うことは、洗剤で体を洗っているようなもの。

これではアトピーが悪化するに決まっています。

アトピーに最適なボディソープとは

一般的なボディソープは界面活性剤が入っており、他にも香料や防腐剤などの添加物が含まれています。それらの化学物質が刺激となり、アトピーを悪化させる原因になるんです。

アトピーの肌は角質層のバリア機能が低下して、非常にデリケートな状態ですから、このような洗浄剤を使っていては大きなダメージを受けてしまいます。

そこで、ボディソープを選ぶ時には、合成界面活性剤や石油系原料などを使用していないものを見極めてください。そして原材料や成分表示をよく見て、無添加・無着色・無香料の安全な商品を選ぶことが重要です。

しかし無添加だから安心とはいえません。私は無添加のボディソープを使ったら肌が真っ赤になって、かゆみがひどくなったことがあるんです。

アトピーに悩む方に、アトピー専用ボディソープ

無添加の表示があっても、実際には指定成分以外の添加物を使っている商品もあり、信頼できるボディソープを探すのは難しいかもしれません。 やはり、アトピー肌の乾燥やかゆみ、炎症などを悪化させないためには、アトピー用のボディソープを使うことをおすすめします。

ほとんどのボディソープには、合成界面活性剤や合成添加物などが含まれていますが、アトピー用であればこういったものは排除されているので、安心して使うことができます。

その中から、実際に私が使ってみておすすめできるボディソープを、4つご紹介します。

アトピー向け高保湿ボディソープ おすすめ4選

ドルチボーレベビーソープ

本来赤ちゃん用ですが、お肌へのやさしさと保湿力にこだわった、大人でも使える無添加のボディソープです。とにかく低刺激で高い保湿力があるので、敏感肌やアトピー肌に適しています。健康な肌づくりのための、セラミドやヒアルロン酸が配合されています。

ノブ ベビーマイルドウォッシュ

元々は肌の弱い赤ちゃん用ですが、臨床皮膚医学に基づいて作られていて、敏感肌やアトピー肌などの悩みを持つ女性から高い支持を得ています。品質や安全性、原材料などにこだわり、マイルドな洗浄力で肌にとてもやさしい洗い上がりです。弱酸性のふわふわの泡が、全身をふんわりと包んでくれます。

あんだんて からだを洗うシャンプー

低刺激、低アレルギーをめざして開発されたボディソープです。アミノ酸系洗浄成分をベースに、こだわった素材から作られており、きめ細かい泡立ちで髪まで洗えます。成分はお肌と同じ弱酸性、雑菌が入らない設計のボトルなので衛生面でもうれしいところ。

ミノンベビー全身シャンプー

肌本来のバリア機能を守り、肌に負担を与えない植物性アミノ酸系洗浄成分を配合しています。赤ちゃんから大人まで使えるボディソープで安定した人気があります。 私もこのシャンプーを使った時は、本当に肌にやさしく刺激もなくてお気に入りでした。髪にもOKなので、全身に使えるのは便利でしたね。ただちょっとお値段が高いので、長続きしませんでしたが.....。

これらのボディソープはネットでも購入できるので、いくつか試しながら、自分に合ったボディソープを探してみてください。

日本アトピー協会推薦のボディソープもある

ボディソープを選ぶ目安として、日本アトピー協会の推薦する商品などを試してみるのもいいかもしれません。

余計な成分を入れず、不純物もしっかり排除しているので安全です。またアトピー肌に欠かせない、保湿成分が入っているので肌の炎症を抑え、洗い上がりもしっとりするボディソープが多いようです。

日本アトピー協会推薦の商品なので、どれを使ったらいいか迷っている人も、安心して使うことができます。

ボディソープを使わない選択もアリ

アトピーの肌にとって、洗い過ぎは皮膚のバリアを傷つけてしまうので、ボディソープは使わないほうがいいとも言われています。 私も感じたことですが、いくら肌にやさしいボディソープでも、アトピーの症状がひどい時は、やはりかゆくなってしまうんです。

そんな時には、思い切ってお湯だけで洗うことにしています。ボディソープを使わないと、汚れが落ちない気がしますが、お湯だけでも充分に汚れは落ちますよ。 毎日入浴していれば、ふだんの汚れなら全部落ちるので、あまり神経質にならなくても大丈夫。

デリケートゾーンや、特に汗や汚れがひどい時にだけボディソープを使うなど、自分に合った方法を見つけてみてください。

written by 703まろん

まとめ:アトピーにも安心!アトピー向け高保湿ボディソープ

ボディソープには刺激がいっぱい!

  • 洗浄成分以外にも、添加物がいろいろ
  • 合成界面活性剤が、アトピーを悪化させる
  • 強過ぎる洗浄力が、何よりも危険

アトピーに最適なボディソープとは

  • 原材料や成分表示に注意して選ぶ
  • 無添加の表示にも注意が必要
  • アトピー専用ボディソープを使う
  • 日本アトピー協会推薦のボディソープを選ぶ

ボディソープは、使わなくても大丈夫

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44554 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ