NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年03月26日 更新 | 1,977 views

調理法は? 摂取量は? 肉食ダイエットの注意点

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

叶姉妹の「お肉を毎食食べる」という発言に注目が集まり、ブームになった肉食ダイエット。芸人の渡辺直美も2ヶ月で9kgのダイエットに成功しています。肉の選び方や調理法、摂取量に気を付ければ、肉食ダイエットは絶大な効果を発揮するんです。

肉を食べる女性の手元

一時期はやった肉食ダイエット。

分かりやすく言うと糖質源を極力制限または禁止して、たんぱく質をしっかり摂るというダイエットです。

どんなお肉を選んで、どのように食べればいいのでしょうか。

肉とダイエットが結びつく理由

ダイエットの時には、カロリーにばかり注目してしまって、食材の中でも一番最初に避けがちになるのがお肉です。

しかしカロリーにばかり注目したダイエットでは、段々と痩せにくくなる傾向が。

これは身体の筋肉量が減ってしまい、基礎代謝が落ちることが原因です。

なのでダイエット中もしっかりと肉を食べることで、筋肉量を落とさず、基礎代謝も維持したまま減量することが可能。

また肉には脂肪をエネルギーとして使いやすくする成分で、体内酵素でもあるカルニチンが含まれており、これも肉とダイエットが結びつく理由です。

どんな肉を選べばいいの?

はてなマークだらけの女性

基本的にダイエットの肉はどの部位でも、どの種類でも構いません。

ただ、カロリーの高いカルビやバラ、ぼんじりなど脂の多い肉はなるべく控えたいかも。

たんぱく質はしっかり摂れますが、同時に脂質も多く取れてしまいます。

どうしても脂のたっぷりのった肉を食べたい時は、生姜やニンニク、玉ねぎを合わせるのがベストです。

生姜のジンゲロールは脂質が多くなることで鈍くなる胃の動きを助け、消化を促します。

さらに血流を促進することでエネルギー代謝を上げます。

ニンニクに含まれるアリインと玉ねぎの硫化アリルも脂質の消化を助け、カルビやバラに含まれているビタミンB1やB2と合わさり、エネルギー代謝を促進します。

脂の少ない肉はどう食べる?

ダイエット中には積極的に摂りたいのが、ささみや胸肉、ヒレなど脂の少ない肉です。

脂が少なくカロリーが低いので、多く食べても太りにくいのが特徴。

しかし継続してこれらの肉を摂取することは、ダイエット期間中の脂の摂取不足による肌のカサつきや、免疫力の低下などに繋がる可能性があります。

なので健康的なダイエットのために、1食につき小さじ1/2のアマニ油やシソ油を、食べる時のタレやドレッシングに入れて摂取すると良いかも。

これらの油はオメガ3系の油で、余分な油を排出=燃焼させるための着火剤のような役割をしてくれるんです。

ブームになったあの肉は?

ラム肉

食べながらダイエットが出来ることで人気になったジンギスカン。

使われているのは羊肉です。

羊肉は牛肉並みのたんぱく質が含まれており、牛肉の約3倍のカルニチン含有量を誇ります。

脂質が多く含まれていますが、融点が44度と高く、摂取しても人の温度ではあまり溶けずに流れて出ていく方が多いので、カロリーの面では結果として低くなります。

その他にも亜鉛や鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富で、ビタミンB群の中で赤血球を正常に作るために使われるB12、糖質と脂質の代謝を促進して身体の回復を促すB1、肌の正常な新陳代謝を保つB2も豊富です。

羊肉は肉食ダイエットに理想的なお肉かも。

ダイエット向きの調理法

脂の多い肉は、蒸す・ゆでる・グリル焼きなどの調理法で余分な脂を落とすと良いです。

では、脂の少ない肉はどうするかというと、実は同じ調理法が向いています。

脂が少ないので焼いても構いませんが、脂が少ないのでパサつきやすく、食べにくさが出てきてしまい、続かなくなる可能性が。

羊肉は他の肉に比べて脂質が吸収されにくいので、焼くという調理も問題ないですが、難点なのがにおい。

羊肉の匂いを取るには、スパイスのタイムやマジョラム、オレガノやセージが相性抜群です。

ダイエット中の注意点

肉を食べる女性

肉食ダイエットでの注意は、肉だけにならないようにすることです。

肉だけで最低限必要分のカロリーを取ろうとすると、かなりの量の肉を食べなければならず、長期になると腎臓や肝臓への負担になり、機能の低下にも繋がってしまいます。

それぞれ解毒や排泄の最重要器官なので、これらの臓器の機能低下は日常生活にも支障が出てきてしまいます。

なので食事の糖質は完全に外すのではなく、半分に減らすまでに意識しておくべきかも。

またカルニチンを多く含む羊肉や牛肉の食べ過ぎは、胸やけや吐き気を感じる事が増えたり、人によっては胃炎を起こすこともあります。

これは行う人の年齢によって上限が変わりますが、1食につき羊肉であれば200g程度、牛肉であれば500g程度までに留めておくのが、胃腸への負担軽減のためにも大切。

肉食ダイエットで健康美人に

肉を食べることが大好きな人にもってこいな肉食ダイエット。

調理法や摂取量に気を付ければ、必ずダイエットを後押ししてくれます。

健康的な食生活は身も心も充実させてくれる。

肉食ダイエットで、健康美人を目指しませんか?

written by 岩月啓四郎

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44937 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ