NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年05月13日 更新 | 5,860 views

ストレスがアトピーを悪化させるって本当!? その解決策は!

アトピーが良くならない、仕事中に痒みが増す...もしかしたらそれは、ストレスが原因かもしれません。現代社会を生きていく上でストレスは切っても切れない関係ですが、なるべくコントロールすることで、アトピーへの影響を軽減できるかもしれません。

最近仕事が忙しくて、どうにも疲れが抜けない気がする。アトピーの症状がひどくなって、たまらないかゆみが襲ってくるのは、そんな時ではないですか?

アトピーの原因は体質や、アレルゲンなど外からの刺激だけではないんです。ストレスが心と身体の両方に、マイナスの影響を与えることは今や常識。 だからアトピーの悪化と、ストレスを結び付けて考えることは、根拠のないことではないんです。

かゆみがストレスになってアトピーが悪化、イライラして掻いてしまってさらに悪化。そのうちにアトピーそのものがストレスになり、負のサイクルが延々とつづく...。 そんな悪循環を断ち切るためにも、上手なストレスの解消法を見つけないと!

この記事に書いてあること

  • アトピーに対するストレスの影響
  • アトピーがストレスで悪化する原因
  • アトピー改善のためのストレス解消法

アトピーとストレスの関係は?

ストレスを前に立ち尽くす女の娘出典:GIRLY DROP

ちょっと前までは「風邪は万病の元」と言われていましたが、現在では「ストレスは万病の元」の方がしっくりくるかも。それほどストレスが多い社会になったわけで、アトピーへの影響も真剣に考える必要がありそうです。

ストレスとリンクするアトピー

以前からアトピーだった人が、ストレスが溜まることでかゆみがひどくなり、精神的、身体的に苦痛が増すことが多いそう。 また就職や引越し、結婚や妊娠など環境の変化によってストレスが溜まり、突然アトピーを発症することもあるそうです。

生活に大きな影響が出るケースも

具体的には、かゆみがひどくなって仕事に集中できなくなったり、顔や首、手など肌を露出する部分に湿疹ができて、人前に出るのが恥ずかしくなり引きこもる...。 かゆみのために夜眠れず昼間は眠くて、昼夜のリズムが逆転してしまう...。

今までは何とか我慢しながら暮らしていたのに、ある時からアトピーの症状が悪化して、日常生活にまで支障を来すようになってきた。こういった症状は、もしかするとストレスのせいかもしれません。

ストレスとアトピーの悪循環

私もストレスがたまるとアトピーが悪化します。仕事や人間関係に疲れると、身体中がかゆくなってきて掻かずにはいられなくなるんです。

「掻いちゃいけない、我慢しなくちゃ」と思えば思うほどかゆくなって、掻いた後の傷を見ては自己嫌悪に陥る日々。それがまた次のストレスになって、ますますアトピーが悪化するという繰り返し。

アトピー自体が大きなストレスに

時々「なんで自分だけこんな身体に」とか、「もしもアトピーじゃなかったら」など、誰にもぶつけようのない思いが浮かんでくることがあります。 アトピーであること自体が、大きなストレスになっているのかもしれません。

アトピーである自分自身がイヤ...いっそ消えてしまいたい...といった悩みが、不安や悲しみ、怒りを増幅させて、さらなるストレスを引き寄せることで、アトピーの肌を悪化させてしまうんです。

アトピーがストレスで悪化する原因

眠れない夜出典:GIRLY DROP

副腎皮質ホルモンの働き

ストレスでアトピーが悪化する原因は、ホルモンにあります。

副腎という臓器から分泌される「副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)」は、タンパク質からブドウ糖をつくる働きをしています。私たちの身体は、ストレスがたまるとストレスに対抗するためのエネルギー(ブドウ糖)が必要になります。

そこで副腎皮質ホルモンが分泌されて、タンパク質をアミノ酸に分解して肝臓に送り、ブドウ糖に変えてエネルギーを作るんです。 対ストレス用エネルギーづくりの司令塔、それが副腎皮質ホルモンの働きです。

副腎皮質ホルモンが足りない

副腎皮質ホルモンは免疫力の増強や、炎症を抑えたりする働きもしますが、余りにもストレスが多いと、副腎皮質ホルモンを使い切ってしまうことも。

つまり、副腎が疲れて副腎皮質ホルモンを出せなくなってしまい、免疫力や抗炎症作用が低下。しかも、ストレスを抱えた身体は緊張状態にあるので、神経の働きや血流も悪くなってしまいます。

すると、身体のすみずみまでエネルギーが行き渡らなくなり、身体全体の代謝機能まで低下してしまいます。 こうしてストレスにより、アトピーが悪化していくんです。

アトピー改善のためのストレス解消法

ストレスから解放された女の娘出典:GIRLY DROP

まずは今の自分を受け入れる

私はアトピーの自分をずっと否定していました。もっと肌がキレイだったら人生変わっていたのに、と悲しみや恨みで心が荒んでた時期がありました。今はもう半分あきらめてますけど....。

あきらめるというより、というより受け入れるしかなかったんです。こんな自分でも世界に一人しかいない自分。受け入れて認めてあげることで、自分は自分でいいんだと思えるようになり、それからはずいぶん気が楽になりました。

世の中はいろいろなことが起こります。仕事や人間関係にストレスはつきもの。ストレスを減らすことはできても、無くすことはできません。ストレスを抱えないためには、対処の仕方を変える、つまり自分が変わるしかないんです。

薬を使うことは悪くない

ゆっくりと身体を休めることは、何よりのストレス解消法。そのためには、質のいい睡眠をたっぷりとりたいもの。

でもアトピーで肌がかゆいと、ぐっすり眠ってなどいられません。そんな時は我慢せずに、薬を使って治療しましょう。もちろん医師の指導のもと、なるべく薬に頼りすぎないように。

それでゆっくりと眠れるようになれば、ストレスだって溜まらなくなります。炎症を抑えるものとして正しく使えば、薬はアトピー改善の強い味方になるはずです。

ストレスをためないようにするには自分を変える!

ストレスを解消するには、食生活の改善や運動などはもちろん、趣味や生きがいを見つけることが大切だと言われます。 そうしたストレス発散法も重要ですが、アトピーの人は真面目で頑張りすぎる傾向があるので、あまり頑張らないようにしてください。

ストレスをなくそうと頑張っていることに頑張りすぎて、かえってストレスをためてしまう...なんていうことになったら、まさに本末転倒です。

ちょっとしたことで思い悩まず、少々のことは気にしないこと。自分が思うほど、周りは気にしていませんよ。ストレスは全くないよりも、少しくらいあったほうがいいんです。これからはストレスと上手に付き合って、アトピーを悪化させないようにしましょう。

まとめ:ストレスがアトピーを悪化させるって本当!? その解決策は!

アトピーとストレスの関係

  • ストレスとアトピーはリンクする
  • 日常生活にも大きな影響が出る
  • ストレスとアトピーがくり返す
  • アトピー自体が大きなストレスになる

アトピーがストレスで悪化する

  • ストレスに重要な、副腎皮質ホルモンの働き
  • ストレスで副腎皮質ホルモンが不足する
  • ホルモン不足で、アトピーを抑えられなくなる

アトピー改善は、ストレスの解消から

  • 今の自分を受け入れることが大切
  • 我慢せずに薬を使ってもいい
  • ストレスをためない自分に変わる

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ