NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月10日 更新 | 1,404 views

自己処理いらずのキレイな素肌に♡ 自宅用脱毛器のポイントとおすすめ

忙しくてなかなか時間が取れない人やサロンに通う手間が面倒臭いという人には、自宅で脱毛するのがおすすめ。エムロックの「脱毛器ケノン」やLA VIEの「家庭用IPL脱毛器 LAVIE」、tria beaty japanの[「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」が特におすすめの脱毛器なので、チェックしてみましょう♡

むだ毛をキレイにしたいけどサロンに行くのは面倒だし、時間もない……という女性は結構いるはず。

でも実は、自宅で簡単にサロン級の脱毛ができる自宅用脱毛器があるんです♡

カミソリでの自己処理は肌を傷める原因に

頭を押さえる女性出典:we heart it

自宅で脱毛というと、カミソリで除毛する方法が思い浮かぶ人が多いでしょう。

カミソリを使えば自宅で簡単にむだ毛処理ができますが、刃を肌に直接当てることで表面にある角質まで一緒に削ってしまうので、肌へ負担をかけてしまいやすいんです。

また、何度も剃り続けると皮膚が傷つき、毛穴にかさぶたができて埋もれ毛の原因になることもあります。

だから、カミソリでムダ毛を処理するのはあまりおすすめではないんです。

自宅以外で脱毛する場合

自宅以外で脱毛する方法のひとつに脱毛サロンに通うというものもあります。

脱毛サロンでは、専用の機械から出た光を毛の根元にあてて脱毛する「光脱毛」という方法が主流で、永久脱毛ではありませんが回数を重ねることで目立たなくなり、永久脱毛に近い状態までもっていくことも。

ただ、サロンの予約がなかなか取れなかったり、休みが不規則な人はスケジュールが定まらなかったり、不便な点もさまざまあります。

また、脱毛サロンに通ってることを周りに知られたくない人にもあまりおすすめではないでしょう。

自宅用脱毛器で脱毛する場合

自宅用脱毛器でムダ毛を自己処理する場合は金額こそ少しかかりますが、周りの誰にも知られず、自宅で自分の好きなときに好きな部位を好きなだけ脱毛することができます。

だから、カミソリで肌にダメージを与えたくない人にも忙しくてサロンに行く時間がない人にもとってもおすすめなんです。

自宅用脱毛器のメリットとデメリット

指先を眺める女性出典:we heart it

自宅用脱毛器のメリットはさまざまあります。

メリット

  • サロンに通うよりも費用抑えられる
  • 自分の好きなときにできる
  • 周りに知られる心配がない
  • 使い続ければ、永久脱毛に近い状態を保つことが可能

サロンに通わなくても自己処理で簡単に永久脱毛に近い状態を保てるというところはかなり魅力的です♡

ただ、一方でデメリットも存在します。

デメリット

  • ひとりでは手の届かない部位は脱毛しづらい
  • すべて自分で行うので火傷をする場合がある
  • カートリッジなど交換必要なものに案外費用がかかる

脱毛といえども、自分でするとなると面倒に感じたり、時間がかかったりするもの。

とにかく楽をしたいという人には、あまり向いていないかもしれません。

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント

女性の首筋出典:we heart it

結構種類が豊富な自宅用脱毛器。

だから、自分で選ぶとなるとどこを見て選べばいいかわからないことが多いですよね。

自宅用脱毛器を購入するときのポイントを押さえて、優秀な自宅用脱毛器を選びましょう♡

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント1:脱毛方式は「フラッシュ式」を選ぶ

自宅用脱毛器の製品には、サロンで主流な光脱毛と同じ「フラッシュ式」、レーザーで毛の根元まで熱を与え、毛根の細胞を破壊する「レーザー式」、熱で毛を切断する「熱ワイヤー式」の3種類があります。

レーザー式はフラッシュ式より出力が高いので若干痛みを感じやすい傾向です。

なかでも痛みが小さく、顔にも使えると人気なのがフラッシュ式の自宅用脱毛器。

ただ、痛みの感じ方には個人差があるので、それぞれの製品の違いをきちんと確認してから自分に合うものを購入するようにしましょう。

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント2:製品のメーカーについてよく調べる

自宅用脱毛器のなかには、脱毛をしていてけがをしてしまったり、脱毛器でできた傷跡が色素沈着を引き起こして肌が黒ずんでしまったりするなど、品質的に少し問題のあるものがあります。

だから、即決してしまうのではなく、購入しようとしている商品をよく調べて、販売実績があって信用できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント3:照射面積が広くてパワーの強いものを選ぶ

自宅で脱毛する場合、脱毛後のケアがとても重要になってきますが、脱毛後のケアに対する時間は自宅用脱毛器の照射面積とパワーによって違います。

たとえば照射面積が狭いものだと、1度照射しただけでは少しの毛に対してしか脱毛効果がないため、何度も肌に照射しなければいけなくなります。

また、照射するパワーが弱い脱毛器を使うと脱毛効果を得づらいので、回数を何度も重ねなければならないのです。

腕や足など広範囲にわたって脱毛をしたいのであれば、照射面積が広くてパワーのある製品を購入するようにしましょう。

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント4:ケア商品などの追加オプションの有無と価格を確認する

自宅用脱毛器は、製品を買ったらそれ以上費用がかからないというわけではありません。

本体の価格だけでなく、脱毛が完了するまでに自宅でケアするための専用のジェルやカートリッジの交換などの諸費用がかかることがあるんです。

だから、追加オプションの有無を確認しておくことを確認するようにした方がいいでしょう。

優秀な自宅用脱毛器を選ぶポイント5:保証期間、アフターフォローは事前に確認する

自宅用脱毛器は脱毛サロンでかかる総額よりも安いとはいえ、本体は決して安価なものではありません。

また、むだ毛が目立たなくなるまでに定期的に使用しなければならないので、購入後の保証期間やアフターフォローはとても重要になってきます。

必ず購入する前に確認をしておき、後悔しないようにしましょう。

おすすめの自宅用脱毛器3選

自宅用脱毛器の製品はさまざまあります。

なかでも人気で使い勝手のいい商品を参考にしてみてください。

おすすめの自宅用脱毛器1:エムロックの「脱毛器ケノン」

エムロックの「脱毛器ケノン」は、楽天の週間脱毛器ランキングで210週1位という圧倒的な人気を誇る自宅用脱毛器。

年間家電ランキングで1位をとるなど販売実績も高く、コスパもいいので飛ぶように売れているようです。

専用ジェルや化粧品も不要で、男女問わず手軽に自宅で脱毛できます。

ただ、コスパがいいといっても値段は98,000円(税抜)するみたい。

頑張ったご褒美などに購入するのもいいかもしれません。

いまならケノンが69,990円、詳細をみる

おすすめの自宅用脱毛器2:LA VIEの「家庭用IPL脱毛器 LAVIE」

LA VIEの「家庭用IPL脱毛器 LAVIE」は、照射パワーが強く、脱毛器にプラスして美顔器の機能もあるというすぐれもの。

値段は46,667円(税抜)と本体価格自体は比較的安めですが、照射回数やカートリッジ価格を見るとケノンよりもコスパは下がります。

コスパよりも美容機能重視な人にとてもおすすめな自宅用脱毛器です。

おすすめの自宅用脱毛器3:tria beaty japanの[「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」

tria beaty japanの「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」は、楽天やPLAZAなどの脱毛器ランキングで1位を獲得している商品。

レーザー脱毛器ですが、自宅用のものなので出力はふつうのものより弱く、痛みを感じにくい作りになっています。

でも、だからといって脱毛効果が低いわけではなく、むしろ高いそう。

本体は充電式で、2年間品質保証がついていて50,759円(税抜)

ただ、フラッシュ式の脱毛器に比べて照射面積が狭いので、なかなかすべての部位をツルツルにするには時間と手間がかかるかも。

でも、部分的に脱毛したいという人にはとってもおすすめです。

自宅でレーザー脱毛はできるのか?

上記では「フラッシュ脱毛機器での永久脱毛がおすすめ!」と書きましたが、自宅でレーザー脱毛はできないのでしょうか?

フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が、出力が大きくて回数も少なく完了する施術・・・

どうせなら短い期間で脱毛を終わらせたい!という方もいますよね。そんな方のために、レーザーの自宅脱毛機器に関しても言及していきましょう。

レーザー脱毛機器はメリット

一般的にはフラッシュ脱毛機器の方が、家庭用としては一般的のように感じます。ただレーザーで行う脱毛機器というのも、もちろん存在はしているんです。

レーザー脱毛機器のいいところは、一回あたりの出力が大きいというところです。

フラッシュでは毛の周期を考えて何度もセルフ施術を行っていきますが、レーザー脱毛は一度の照射でかなり毛を薄くできるといいます。

もちろん完全な脱毛を目指すのであれば、毛の周期を考えて数回施術する必要がありますが・・・

フラッシュ脱毛に比べて、効果が高いことは事実です。

デメリットも・・・

レーザー脱毛がフラッシュ脱毛に比べてあまり盛んでない理由は、デメリットも多く存在するからです。

まずレーザー脱毛は痛みを伴うことが多いといいます。もちろん個人差はありますが、フラッシュ脱毛に比べて格段に痛みを感じるでしょう。

これはクリニック・サロンでの脱毛にも家庭用機器で行う脱毛にも、どちらにも言えるようなことです。

またレーザー脱毛は照射できる範囲が比較的狭いので、あまり効率的な脱毛方法とは言えないかもしれません。

自宅で行うセルフ脱毛はすべて自分で行わなければいけないので、少しでも効率的な方がいいはず。その点で言うとレーザー脱毛は時間も手間もかかってしまいます。

これらのことを考慮すると、一回の出力が大きく効果が大きい・・・というメリット以上にデメリットの方が大きく、世間がフラッシュに傾倒してしまいのも納得と言えるでしょう。

家庭用レーザー脱毛機器を使った人の口コミ

それでは実際に家庭用レーザー脱毛機器を使ってみた方の口コミを見ていきましょう。どのような使用感なのか、口コミから汲み取っていってくださいね!

評判が高かった口コミ

トリアを使っていますが、かなり大きな効果を実感しています。もちろんクリニックでのレーザー脱毛にはかなわないかもしれませんが・・・

そこらの安いサロンでする脱毛に比べたら、家庭用レーザー脱毛機器の方が効果が高いと思います!

施術をすると毛がポロポロ落ちて、肌にムダ毛がまったくなくなります。どんどん毛が薄くなっていくのが嬉しいです。

3回くらいレーザー脱毛機器でワキ毛の処理をしましたが、これだけでもうすっかり生えてこなくなりました!

もともとわたしの毛が薄めだったこともあると思いますが・・・まさかこんなに少ない回数で永久脱毛ができたことに驚きを隠せません。

痛みがけっこうあったので、きっちり冷やして鎮めました。

評判が低かった口コミ

半年ほどレーザー脱毛機器を使いましたが、効果を感じることはできませんでした。

毛が多い部分はなんとなく薄くなったかな~と思う程度。永久脱毛なんてほど遠い感じです・・・

これなら機器を買わずにクリニックでレーザー脱毛した方がよかったな、と後悔中です。

照射範囲がめちゃくちゃ狭いので、とっても時間がかかる!

それに施術したあとの痛みも大きいので、途中で挫折してしまいました。

面倒くさがりの方は、素直にクリニックへいって脱毛処理してもらう方がいいでしょう。片付けるのも手間ですし。。。

自宅用脱毛器で好きな時間に好きなだけ自分を磨こう♡

目をこする女性出典:we heart it

自宅用脱毛器のいいところは、なんといっても自分の好きな時間にひとりで好きなだけ脱毛できるということ。

ただ、ポイントを押さえて品質のいい自宅用脱毛器を手に入れることが重要です。

いい自宅用脱毛器を購入して、自己処理いらずのキレイな肌を手に入れちゃいましょう♡

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ