NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年04月07日 更新 | 23,012 views

人前で食事ができない……。「会食恐怖症」って何?

会食恐怖症は、社会不安障害の症状のひとつ。人前で食事がのどを通らなかったり、緊張して体の具合が悪くなったりする症状が特徴です。まずは親しい人と食事に行くなど、自力で克服する方法もありますが、改善が難しいようならカウンセリングや精神科を受診するのがおすすめです。

会食恐怖症は、人前で食事がのどを通らなかったり、緊張して吐き気を催したりする心の病気。

世間にあまり知られていないので、自分が会食恐怖症だと気づかずに、症状を悪化させてしまっている人も多いんです。

少しでも思い当たる人は、この記事を読んで会食恐怖症の症状や克服方法をチェックしてみてください。

人前で食事がのどを通らない辛さ

レストランの画像

だれでも、好きな人や目上の人の前では、緊張で食事がのどを通らなくなることが多いもの。

でも、会食恐怖症の場合は、人と食事をするたびに不安や吐き気、めまいなどの症状が出てしまうんです。

人前で緊張してご飯が食べられません。

普段は小さな職場で1人でお昼を食べる事が多いのですが、研修や会議などでみんなでご飯を食べる際、緊張して何も喉を通りません。

もともと食は細いのですが、そういった場だと一口も食べられず、お茶ばかり飲んでみんなが食べ終わる時間を過ごしています。

出典:Yahoo!知恵袋

彼女と食事するときになぜか緊張してしまい食べることができません。
以前からこういうことはあって、好きな人や女性と二人きりで食事というのが苦手なのか緊張してしまうのです。毎回、それは外食の時だけだったのですが、だんだんいつまでこんなことが続くのだろうかと不安になって、一人で食べるときでも同じように緊張してしまい、最近はろくに食べられません。食べようとして 口にいれてしばらくすると気持ち悪くなり、パニックに陥ったようになります。吐いてしまうのではないかと。

出典:OKWAVE

人前でご飯が食べられません。

食べ物を口にいれる時、食べ物を噛む時、飲みこむとき、
全てが気持ち悪く感じます。
そして恥ずかしいです。

私は中学生で、グループごとに向かい合って食べなければなりません。
更に、隣には好きな人が座っています。

そうなると更に怖いし気持ち悪いし恥ずかしいし、、。

手が震えてすぐに箸から食べ物を落としてしまいます。
噛んだ時の口の膨らみが嫌で噛むことができません。
自然に口が小さくなって全然食べられません。
毎日、昼食の時間が地獄です。

出典:教えて!goo

このように、人前で食事が食べられない状態が続く会食恐怖症。

症状がひどくなると、社会生活に影響を及ぼすこともあります。

会食恐怖症の人に現れる症状

女性がカフェで窓の外を見ている画像

会食恐怖症の症状にはどんなものがあるかチェックしてみましょう。

実は私も、社会人になってから会食恐怖症を発症したひとり。実体験も踏まえて症状について解説していきます。

食事中、人の目が気になる・緊張する

極度に人の目を気にしてしまう症状です。

自分の食べ方が汚いのではないか、変に思われていないかと気になって、食事どころではなくなってしまいます。

口に入れたものを飲み込めない

口に食べ物を入れたものの、飲み込めなくなる症状です。

のどがふさがったようになるので、無理に飲み込もうとすると、吐き気をもよおすことも。

会食恐怖症の人の多くは、飲み物を飲むことはできるもの。食べ物が飲み込めないときは、飲み物といっしょに食事を流し込む人もいるそうです。

吐き気がこみ上げる、吐いてしまう

食事中に吐き気がこみ上げる症状です。症状が悪化すると吐いてしまうことも。

食べ物を飲み込めなくなる症状と同時に出やすいです。

食事を見たり、香りを嗅いだりするだけで吐き気がこみ上げる人も。

私の場合、過去の会食で食べられなかった食事の香りを嗅いだだけで、吐き気がこみ上げてきます。

自分が食べるものでなくても、店の中にその香りが漂っているだけでアウト。相手が食事を終えるまでハンカチで鼻を抑えたり、頻繁にトイレに逃げたりしてやり過ごします。

冷や汗が出る

人と食事をする緊張感から、額や脇を中心に冷や汗をかきます。

中には、ポタポタと流れ落ちるほどたくさんの汗をかく人も。

全身から汗が出る人もいれば、局所的に出る人など、個人差があります。

寒気がする

風邪をひいたときのような、寒気の症状が現れます。

食事前まで、汗をかくくらい体が温まっていても、いざ会食となると鳥肌が立つほど。

寒気がするときは、吐き気の症状や冷や汗が同時に出やすくなります。

言い知れない不安と恐怖に襲われる

言い知れない不安感、恐怖感は、会食恐怖症の典型的な症状の1つ。

いっしょに食事をしている人はもちろん、得体のしれないものに見られている、責め立てられているという感覚に陥ります。

この不安感、恐怖感に襲われると、「どうして私だけ食べられないの……」「会食できない自分はなんてダメなんだ」などとマイナス思考になり、会食恐怖症の症状が悪化してしまいます。

お腹の調子が悪くなる

会食恐怖症の人は、人前で食事をするとき体が緊張状態にあるので、お腹の調子が悪くなりやすいです。

胃が痛くなったり、お腹がぐるぐると鳴ったり、下痢をしたりしてしまいます。

食事中にトイレに行くのはよくないと思えば思うほど、症状が悪化する傾向にあります。

めまいや頭痛がする

視界がぼやけて頭がくらくらしたり、頭痛がしたりします。

激しい頭痛の場合、こめかみを抑えつけられるような感じがして、首と肩が痛くなりやすいです。

強いストレスで呼吸が浅くなると、症状が出やすいようです。

手が震える

箸やフォークを持った手が震える症状です。

人に見られていると意識すればするほど、手の震えを止められなくなります。

会食、外食することを怖いと感じる

人といっしょに食事をすること、外食することが怖いと感じます。

食事中に感じる不安や緊張、食事を残してしまうことへの罪悪感から、外で食事をすることを恐れるようになります。

会食の誘いを断る回数が増えたら、会食恐怖症の症状が悪化しているかもしれません。

会食恐怖症について詳しく知ろう

女性が落ち込んでいる画像

会食恐怖症は社会不安障害の症状

会食恐怖症は、社会不安障害の症状のひとつ。

社会不安障害とはは、人前で不安や恐怖が強く出る心の病気の総称です。

大勢の人の前でなにかをすることは、だれでも緊張するもの。

でも、その緊張があまりにもひどい場合は要注意。不安と恐怖から、人と接することを避けるようになったら、社会不安障害である可能性があります。

人前で食事をすることに不安や恐怖を抱く

会食恐怖症は、人前で食事するときに症状が出る社会不安障害といえます。

食事がのどを通らなくなる、吐き気や寒気がする、不安と恐怖に襲われるなど、心と体の両方に症状が出ます。

症状をそのままにしておくと、治らないだけでなく悪化してしまう可能性も。

症状がひどくなればなるほど、日常生活が困難になってしまいます。

「もしかしたら自分は会食恐怖症かも」と思ったら、早めの治療がおすすめです。

会食恐怖症を自力で克服する方法

空のお皿とナイフとフォーク

辛く苦しい会食恐怖症ですが、工夫次第で徐々に克服できる場合があります。

私も実際にやっていた会食恐怖症の克服法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

親しい人と食事する

会食恐怖症の人にとって、苦手な人や慣れない人との食事は、緊張感が増すもの。

まずは親しい人と食事してみるといいと思います。

「外食は緊張するから、あまり食べられないかもしれない」と、食事の前に伝えておくことがおすすめ。食事を残してしまっても、相手はあまり気にしなくなるものです。

食事をすることよりも、いっしょにいるのを楽しむことで、次第に緊張も和らぎます。

飲み物だけの会食からはじめる

コーヒー、紅茶、お酒を飲むことが好きなら、飲み物だけの会食からはじめてみて。

カフェを利用すると、飲み物だけを注文しても、変に思われません。

お酒を飲むことが好きなら、バーに行くこともおすすめ。お酒を飲むことが中心なので、食事を摂らなくてもいいという気軽さがあります。

アルコールの作用により、緊張感がほぐれるというメリットも。

ちょっとしたウソをつく

もし食事がメインの会食に参加せざるを得ないときは、「軽食を摂ってきた」とちょっとしたウソをつくのもありだと思います。

これは、私が実際にしていた方法です。周囲に納得してもらうことで、自分自身に「食べなきゃだめだ」というプレッシャーをかけずに済むので気持ちが楽になります。

スイーツを食べる

甘いものが好きな人は、スイーツを食べてみるといいかも。

糖分を摂取すると、心を落ち着かせる効果のある、エンドルフィンというホルモンが分泌されるからです。

スイーツによって緊張がほぐれると、会食する不安や恐怖が和らぎ、会食恐怖症の改善につながることも。

好きな食べ物がある店を選ぶ

苦手な食べ物を扱っている店では、過去に食べられなかったことを思い出したり、「食べられなかったらどうしよう」と不安に思うことによって会食恐怖症が出やすくなります。

不安や恐怖を抱く要素を取り除くために、まずは好きな食べ物のある店を選びましょう。

私は、うどんやそば、ラーメンなど麺類の店をよく選んでいます。

好きな食べ物であるということと、すすって食べるものなので、飲み物のような気楽さで食べることができるからです。

ブッフェ、バイキングを利用する

ブッフェやバイキングは、会食恐怖症の人におすすめの会食方法。

食べる量を調節することができるので、無理なく食事することができます。

ブッフェやバイキングでは、どれだけ食べたかわかりにくいので、人の目も気になりません。

会食恐怖症を専門機関で克服する方法

自力で克服する方法もあるとはいえ、なかなかうまくいかない場合もあると思います。

そんなときは、思い切って専門機関へ行ってみましょう。

心理カウンセリング

医療機関での治療に抵抗がある人は、まずは心理カウンセリングを受けることがおすすめ。

カウンセリングでは、カウンセラーがクライアントの悩みを聞き出し、クライアント自身が会食恐怖症との付き合い方や、無理せず生活する方法などを導き出します。

カウンセラーは、症状に応じて、精神科の受診を提案してくれることも。

どのカウンセリングに行けばいいか迷ったら、カウンセリング機関やカウンセラーの紹介サイトを利用することがおすすめです。

カウンセリングの紹介サイトを見る

精神科の受診

会食恐怖症の治療は、精神科で受けることができます。

精神科では、主に薬による治療が行われます。

初期は会食恐怖症の症状が強く出ていて、精神的に不安定になっていることが多いもの。まずは薬で心を落ち着けて、次のステップに進む準備をするんです。

薬物療法では、セロトニンを増やす作用のあるSSRIなどの抗うつ剤や、抗不安薬などを用います。

症状が軽い場合は、漢方薬を利用することも。

会食恐怖症は治せる病気

女性が笑顔で食事をしている画像

会食恐怖症は、適切な治療を行えば治せる病気です。

自力で克服することが難しいと感じたら、専門機関で相談してみて。

早めに行動することで、悩み苦しむ時間を減らすことができます。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46111 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ