NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月20日 更新 | 1,511 views

マスクで手軽にしっかり保湿して、ほうれい線を予防しよう!

女性にとって若見えの敵ともいえるほうれい線。レーザーやヒアルロン酸注射など、予防法はさまざまですが、手軽に継続できるケアがマスクをつけること。マスクをつけることで得られる効果を、ほうれい線ができる原因などと併せてチェックしましょう!

なかなか取れないほうれい線。メイクのノリも悪い感じがするし、老けた印象に見えるのはいやですよね。かといって、プチ整形をする時間も余裕もないし……。そんな人におすすめしたいほうれい線予防が、マスクをつけることです。

ほうれい線ができる原因とは?

悲しんでいる女性の写真

ほうれい線は、おもに顔の脂肪を支える筋力の衰え乾燥によって起こるといわれています。ほかにも、何気なくやっている生活習慣によるものもあるのだそうです。

紫外線による乾燥

乾燥肌の人は、比較的ほうれい線ができやすいといわれていますが、乾燥のもっとも大きな原因として紫外線があげられます。 外出前の保湿や日焼け止めクリームなどのケアをしないでいると、肌表表面の水分が蒸発してしまい、肌の乾燥が促進され、肌の老化につながってしまいます。

食生活の偏り

最近、若い人の間でも問題となっている「新型栄養失調」。十分なカロリーを摂っているはずなのに、偏った食生活のため、ビタミンやミネラル不足たんぱく質が不足することによって起こる栄養失調だといわれています。

気軽に食べやすくて口当たりのいいものばかりの食事が中心になっていることで、肌荒れや、アレルギーを起こしやすくしているのです。

そのほかにも良質のたんぱく質がとれないとコラーゲンが不足するので、当然、ほうれい線もできやすい肌になります。さらに、硬いものを食べる習慣がなくなったことで、頬の筋力不足になっているともいわれます。

口呼吸

無意識のうちに、口が半開きになっていたり、朝起きたら喉が痛いことが多いということがありませんか?それは、もしかしたら知らず知らずのうちに、口呼吸をしている可能性があります。

口呼吸が習慣になっている人は、頬の筋肉がたるみやすくなり、自然とほうれい線ができやすい肌質になってしまうのだとか。また、口呼吸が習慣化してしまうと、片方だけの歯で噛む癖もついてしまうので、偏ったフェイスラインになり、ほうれい線だけでなく顔の形まで崩れてしまうといわれています。

長時間のデスクワークによる運動不足や猫背

日常的な運動が少なくなりがちな現代。デスクワークの多い日常生活はほうれい線ができやすい原因がたくさん潜んでいます。

長時間、デスクワークや同じ姿勢ばかりの仕事をしていると、老廃物がたまり血行不良が起こりやすくなり、むくみの原因になります。

また、スマートフォンやパソコンを長時間使う機会が多いと、自然と前かがみになる姿勢が多くなるので猫背になりやすくなってしまうことも。

悪い姿勢が習慣化してしまうと、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる僧帽筋が硬くなってしまい、顔の筋肉を引き上げることができなくなってしまい、ほうれい線の原因になってしまうといわれています。「最近、肩こりが取れないなぁ」と思っている人は要注意です。

ほうれい線はマスクで解消~保湿効果~

マスクの画像

ほうれい線予防には、マスクが効果的といわれています。特に、外出時と就寝時につけるのが有効なのだとか。

外出時

外出時にマスクをすることで、肌の水分が蒸発を防止してくれたり、乾燥の原因となる紫外線をカットしたりできます。

適度な湿度が保てるためにお肌が潤っている状態をキープすることができ、頬の乾燥が防げるのでほうれい線の予防につながります。さらに、リップクリームを塗ることで唇のプルプル効果もあり、まさに一石二鳥です。

特に、紫外線の強い5月から夏の外出時はマスクをつけておくと良さそうです。

就寝時

朝起きたときに、のとが痛かったり、辛いなあと思うことありませんか? 就寝時にマスクをするとことで、美肌効果のどの保湿効果が期待できます。

鼻や口から直接的に冷えた空気や乾燥した外気を吸い込むと、のどの炎症や身体の冷えに悪影響となります。

身体の冷えは、免疫力の低下や血行不良によるむくみにつながることもあり、風邪を引きやすかったり、ほうれい線もできやすくなっったりしてしまいます。

マスクによる保温効果によって、風邪予防むくみの解消、さらに化粧水やクリームによるケアも効果的にカバーしてくれるので、翌朝の保湿効果も期待できます。

マスクを使用している人の口コミ

必ず、化粧水クリーム乳液などで潤いをしっかりキープしてから、マスクをつけるのがポイントです。

睡眠と美肌は、密接な関係があります。マスクで肌がつやつや効果でメイクのノリも良くなりそう。

鼻や口をしっかり覆うので、鼻や口から入る冷たい空気によるのどの炎症予防や、 冷え予防によって免疫力もあがるので、ほうれい線の原因である、むくみの予防にも。

女優の浅香唯さんも実践しているほうれい線予防マスク。お肌のプルプル感はうれしいものですよね。

敏感肌さんにもおすすめ!~ガーゼタイプのマスクでさらに保湿効果アップ!!~

しかし、ほうれい線予防にマスクとはいっても、就寝時につけたら顔に跡が残ってしまったという人や、肌荒れやニキビが出てしまったという人も……。そんな人におすすめしたいのがガーゼマスクです。

ガーゼマスクは乾燥肌や敏感肌の人におすすめ

化学繊維や、不織布などの使い捨てマスクは保湿効果や花粉防止効果があるものの、敏感肌や乾燥肌の人にとってはかゆみやかぶれの原因になることがあります。

一方、ガーゼマスクは綿やシルクなどの柔らかい素材を使っているので、肌になじみやすく適度な加湿で蒸れるにくいので肌にも優しいのだとか。

吸湿性がある

口呼吸をしてしまうような鼻かぜを引いたときに、おすすめしたいのがガーゼマスクです。

不織布マスクだと、口呼吸の水蒸気がこもってしまいべとべとして気持ち悪い思いをすることがありますが、ガーゼマスクなら、程よく水蒸気を逃してくれるので苦しくなったり気持ち悪い思いをすることが少ないといいます。

保温性がある

ガーゼマスクは、不織布と比べて保温性が高いという特徴があります。特に、冬場の冷たい空気を温めてくれる防寒効果があり、のどの痛みや風邪予防に最適です。無意識に呼吸をする就寝時につけることで、鼻やのどの乾燥や冷えを防ぐことができます。

おすすめのガーゼマスク

保湿・保温性の高いガーゼマスク。こちらでは、そんなおすすめのガーゼマスクについて紹介します。

1:川本産業 ケーパイン®立体ガーゼマスク

ケーパイン 立体ガーゼマスクの写真出典:川本産業

取替え用のあて布ガーゼが付いているガーゼマスクです。マスクはファンデーションなどですぐに汚れてしまうので、さっときれいな面に取り替えられるのはうれしいですね。

川本産業 ケーパイン®立体ガーゼマスク 227円(税抜)〜

2:pasima(パシーマ) パシーマのあんしんマスク

パシーマのあんしんマスクの写真出典:pashima

鼻にしっかり密着するタイプの大型マスクです。めがねが曇らず、吸湿性にも優れているので重宝しそうです。

Pasima パシーマのあんしんマスク 500円(税抜)

3:白十字 夜用 のどケア る~ずフィットマスク

夜用 のどケア る~ずフィットマスクの写真出典:白十字

天然素材のガーゼを使った、就寝時に使えるマスクです。極細のゴムを使っているので、耳が痛くならない優しいつくりになっています。縁取りの色も、ブルー・グリーン・ピンクの3種類あり、家族で使い分けをしてもいいですね。

白十字 夜用 のどケア る~ずフィットマスク 225円(税抜)

浅いほうれい線・深いほうれい線

ほうれい線出典:xn--n8jd2nrc83ao01pty3cy3c280f.jp

ほうれい線も人によって程度に個人差がありますよね。比較的浅いものからがっつり深いものまで・・・。

しわの深さによってできる対策なども変わってくるので、まずは自分のほうれい線がどの程度なのかをしっかり見極めてみましょう!

浅いほうれい線

浅めのほうれい線にお悩みの方はまずはしっかり保湿をしましょう。まだうっすらと線が見えている程度・・・でも放っておくと、どんどんそのしわは深くなってきます!

保湿といってもいろいろなやり方があると思いますが、浅いほうれい線に効果的なのは肌の表面にある角質層をしっかり保湿することです。

必要な水分が蒸発することを防ぎ、乾燥しないように心がけてください。とくに夏場はエアコンの効きすぎている室内が要注意スポット。

エアコンがガンガンついている場所ではマスクをつけることをおすすめです。ぜひ口元の乾燥を防いでください。

そして角質層に潤いを与える成分としては、以下のものが入っているスキンケアを使うのがベターです!

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

これらは角質層にある水分を逃がさないようにしっかり保持してくれる働きを持ちます。浅いほうれい線を改善したいという方は、この3つが入っている化粧水や美容クリームを使いましょう。

深いほうれい線

ある程度深くなってしまったほうれい線に関しては、ちょっとやそっとのテコ入れではどうしようもない部分があります。

角質層を保湿したところで、なかなかほうれい線はなくなっていかないのです。深いほうれい線は根本的なコラーゲンの生成を促す必要があります。

食生活でビタミンが含まれているものをしっかり食べる、睡眠をきちんととる、過度なストレスをためない・・・

など、生活習慣に気を遣うことで肌の奥で生成されているコラーゲンは守られます。

またふだんおスキンケアでは、レチノールビタミンC誘導体が含まれているものを使用するようにしてください。肌の引き締めやたるみ対策ができます。

そして顔の筋肉を鍛えるというのも、深いほうれい線解消にはおすすめの方法です。

ペットボトルに100mlほどの水を入れてそれを加えて10秒キープするという「ペットボトル運動」をやってみてください。一日3回ほどできればベストです。

口周りの筋肉を鍛えることで、深いほうれい線が深くなるのを防ぐことができますよ!

美容整形という手段も・・・

美容整形出典:topicks.jp

深いほうれい線を極力浅く・薄くするには、美容整形という手段しかないというのが事実です。

これ以上ひどくならないように・・・という方法は前述したような方法がありますが、いったんできてしまったほうれい線を消すには美容整形しかないんです。

ほうれい線の美容整形はヒアルロン酸注射レーザー治療というのが主になっています。

ヒアルロン酸を注入することで、しわ部分をふっくらさせてほうれい線を目立たなくする方法がひとつ。これは半年~1年に一度、メンテナンスをしにクリニックへ行く必要があります。

そしてレーザー治療はほうれい線にレーザーを照射して、真皮におけるコラーゲンの生成を促すといったものです。

皮膚そのものが若返るような感覚になりますし、一度きれになったほうれい線はメンテナンスしなくても持続させることができます。

ほうれい線をなくしたい!と思っているのであれば、少し費用はかかってしまいますがこうした美容整形というのも視野に入れてみてもいいかもしれませんね!

マスクで毎日のほうれい線ケアを

ほうれい線の予防のポイントは、保湿とマスク着用にありそうですね。

毎日の基本的な保湿を心がけるなら、簡単かつ経済的で、続けやすいものを選びましょう。ぜひ、マスク着用のほうれい線ケアを美活に取り入れてみてください。

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

くすみ・しわ

詳しく見る

全国

聖心美容外科

痛くないたるみ治療

詳しく見る

全国

品川美容外科

しわ・ほうれい線

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43193 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ