NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月01日 更新 | 20,874 views

貧乳ではなく「無乳」の私は、女性として失格だとずっと思っていた [体験談]

小学校の時から胸が成長せずに「無乳」な私。周りが成長していく中、私の胸はブラジャーが全く必要ないほどです。友人から言われた「何でブラしないの?」の一言に傷つき、修学旅行やプールは生理やパッドでごまかしたりと、苦痛でした。悩みを打ち明けても、陰で「少年のような胸」と揶揄され、もう誰にも見せないと誓いました……。

鎖骨が綺麗な小麦肌にやけた女性出典:We heart it

私は貧乳ならぬ「無乳」です。

貧乳とはちがって全く胸がありません。

貧乳なら恥ずかしがって隠す仕草もできますし、寄せて集めればなんとかなるかもしれませんが、無乳の場合小学生と変わらぬ体型のため、人前で裸になるのが怖い、人にどう思われるのだろう、など胸に対して過剰にコンプレックスを抱えてしまいました。

女性のシンボルとも言われる胸は、時に女性の武器ともなりますが無乳の私にとってはただのコンプレックスの塊でした。

始まらない成長

下着姿でベットに寝転がって本を読んでいる女性出典:We heart it

小学校高学年になり、胸が膨らみはじめる人が増えてきても、自分の胸は一向に大きくなる気配がありませんでした。

あの子も膨らみ始めた、あの子はもうブラジャーをしている、と周囲が少しずつ大人になっていくのに対し、自分の胸はなんの変化もありません。

毎晩お風呂で胸を見て、触って確かめてはため息、朝になって大きくなったかな?と触ってみても悲しくなるだけでした。 家系を見てみると、親族みんなそろって貧乳で、遺伝的なものだのだな、と思わざるを得ませんでした。

もうこのころから胸の大きさには諦めがつき始めていました。

保健体育の教科書の「成長には個人差があります」の一言を信じて高校生までいましたが、期待が叶うことはなく、この言葉の文字通り、個人差によって私の胸はいつまでたっても無乳のままでした。

ブラトップで過ごした中学校時代

鎖骨が綺麗な女性出典:We heart it

ブラジャーをしないわけにもいかず、でもだからといってする必要もなく、ここで私が手に入れたのが「ブラトップ」でした。

ブラのようなカップがついたキャミソールのことです。

これをつけるとあら不思議、まるで胸があるかのようなふくらみが服越しに生まれるのです。

生まれて初めて胸の大きい自分に出会うことができました。

もちろんブラトップが作りだすふくらみですが、それでもうれしかったのを覚えています。

それから高校の途中まで、かぽかぽ隙間の空いたブラトップをして過ごしていました。

この時も、いつ成長がくるかと待っていましたが、一向に私の胸は成長することなく壁のままです。

周りを見渡してみても、ここまで変化がないのは私だけで、私の身体はおかしいんじゃないか?そう思ったこともありました。

なんでブラジャーしないの?友人の一言

下着姿でベットに寝転がっている女性出典:We heart it

高校生になり、99%の女子がブラジャーをつけていました。

しかし、当時の私は親にブラジャーを買ってとも言えず、当然必要性も感じていなかったため、特に気にすることなく中学校から愛用しているブラトップで過ごしていました。

放っておいてくれればいいものの、おせっかいなのか気遣いなのか、

「どうしてブラジャーしないの?高校生でしないのはまずいよ、本当にしたほうがいいって。」

と友人が言ってきたのです。

恥ずかしいやら情けないやらで私は泣いてしまいました。

ブラジャーに憧れはもちろんあるし、してみたい。

でも、無乳の私が親に言うのも恥ずかしいし、必要無いとわかっているのにつけるのも嫌だったため、どうしてわかってくれないんだろう?と本気で泣いてしまいました。

友人はきっと困ったと思います。

その友人は胸が大きかったのでなおさら、羨ましいやらどうせ私の気持ちなんてわからないんでしょう、と悲観的になってしまったんです。

しかし、この友人の辛い(ありがたい)一言がきっかけになり、ついに親にブラジャーを買ってと言うことができました。

今でも覚えていますが、

「え、なんで必要なの?」

と私が思っているそのままを言われました。

その通りではあります。

「高校生でしていない人なんていないよ!見栄でもしたいの」

と、友人に言われたことをそのまま言い返し、なんとか買ってもらうことに成功しました。

はじめて買ったのはコットンの素材のような、とても子供っぽいものでしたが、大人になったようで嬉しかったのを覚えています。

たったの2つでしたがそれを交換交換で毎日つけていました。

修学旅行は生理、プールはパット三枚重ね

海に入って楽しんでいる女性出典:We heart it

無乳を人に見られたくない一心で、修学旅行は中学校でも高校でも「生理中」という嘘をつき、一人で個室のお風呂に入れるようにセッティングしてもらい、誰にも見られることなく過ごしていました。

無乳仲間に話を聞くと、同じようにこの方法をしていた、という人が何人もいました。

無乳を見られることによって、きっと女性として否定されるのが怖かったから、嘘までついて一人で入ったんだと思います。

私たちにも女性のプライドがあるんです。

大勢の前で裸になって無乳をさらすことはとてもできませんでした。

水泳も苦労の連続でした。

水着になったらブラも使えず、胸の大きさがもろにわかってしまいます。

全く胸がないとはどうしても思われたくなかったため、市販のパッドを三枚重ねて、貧乳のレベルまで胸の大きさをもっていったのです。

水泳が終わった日は母親に

「なんでこんなにパッドがあるの!」

と小言を言われながら洗濯物干しに大量のパッドが合計6つも並びます。

それでも、成績をとるためにプールに無乳ながら入ったから偉いなぁと思います。

胸がないな~と思っていた子が水着姿になると意外とあったり、大きめの子の谷間が見えたりと、プールはいつでも刺激的で、そのたびに自分のみじめさが際立ってあまり好きではありませんでした。

無乳にとって学校のプールほど嫌な時間はないかもしれません。

「少年のような胸」の一言

オーバオールコーデの女性出典:We heart it

勇気を振り絞って1度だけみんなと一緒にお風呂に入ったことがありました。

そこでは

「気にしなくていいよ!全然いいじゃん!」

と優しい言葉をかけてもらって一安心していたのですが、後日、私の胸を見て

「少年のような胸」

と言っていたことがわかり、とてもショックを受けました。

でも、その通りなため、クスッと笑ってしまいました。

いい比喩だな~と思ったのです。

確かにそうです、無乳は貧乳の女性の胸、よりは少年の胸に似ているのです。

この一言を受けてから、もう絶対誰にも見せないぞ……とまたコンプレックスが再開してしまいました。

小麦肌に焼けた三つ編みの女性出典:We heart it

心電図検査や内科検診で

「ブラジャーは外してください」

と言われることがありました。

ブラジャーを外して、そのままTシャツを来て並んで検査を受ける、という内容のもの。

ブラジャーをとってしまったらもうそこはただの板……であり、まじまじ見られることはなくても、この絶壁をクラスメイトに見られてしまう危険がありました。

本当に嫌で嫌で仕方がなかったです。

ごまかすために腕を組むのをずっとしていました。

検査がはじまっても、お医者さんの聴診器がお腹をさわってるのか胸を触っているのか、きっとお医者さんもよくわからずに触ったら胸だった、なんてこともあったと思います。

でも、ある程度上にいったら胸なはずなのにずかずかと触られることもあったものですから、内科のお医者さんは好きではありません。

レントゲンで胸を撮るときもブラジャーを外さなくてはならず、嫌な思いを何度もしていました。

好きな人ができても……

花束で顔を隠している女性出典:We heart it

高1の秋頃、好きな人ができました。

高校生ですから、恋愛もちょっと大人びてきます。

キスより先も、なんて話を聞く事もあり、私も好きな人ができてドキドキしていました。

運良く付き合えることにはなりましたが、ここで私の中であることがよぎります。

「私は無乳だ。見られたら嫌われる。」

しかも、学校ではブラジャーをつけているおかげで無乳とは誰も思っていないのです。

もちろんその彼もです。

見られたらどうしよう、嫌われてしまう

私はこの先も誰かと付き合ったとしても胸が原因で必ず別れることになるんだ……。

胸のなさをはじめてこんなに憎いと思いました。

そして、時は来てしまいます。

彼から、キスよりも先のことがしたい、と切り出されました。

当時の私は無乳を見られたら嫌われて振られてしまう。

それだったらもういっそ見られずに自分から振ってしまおう、とクリスマスを直前に彼に別れを切り出しました。

今となっては彼にとても申し訳ないことをしたと思っています。

しかし、それほど胸がないことは強いコンプレックスとして、私に重くのしかかっていたのでした。

無乳が受け入れてもらえた

海一面が見える場所で恋人と楽しんでいる女性出典:We heart it

無乳が原因で彼と別れてから数ヶ月後、本当に好きと思える人に出会いました。

ここでも胸をよぎるのが「わたしは無乳なんだ」というコンプレックスでした。

彼にはいつ言おうか、これで嫌われてしまったらどうしよう、ずっとずっと考えていました。

一方で、この無乳を受け入れてくれる人こそが私の本当の運命の人なんだ、とも思っていました。

そして、時はきます。

ずっと悩んでいることがある、これは一生男の人には言わないつもりだった。

だけどあなただから言うね、と長い前置きをして、真剣に話し合ったのです。

「わたしは胸ないんだ…… 」

と打ち明けました。

これには彼も驚いていました。

そして一言、

「なんだ、そんなこと」と。

拍子抜けしてしまいました、

胸が好きな男性なんてごまんといて、男の人は胸が命、なんて偏見を持っていたからです。

なんだそんなこと、そう言われるとは思っていなかったからです。

彼に詳しく聞いてみると、子供が産めないとか、家に事情があるとか、そういうことだと思ったらしいです。

わたしは事実を打ち明けられたこと、ずっと悩んできた無乳のコンプレックスを受け入れてもらえたことが嬉しくてたまりませんでした。

こんな幼児体型な私を好きと言ってくれ、綺麗といってくれたのです。

それがどれほど嬉しかったかはわかりません。

当時の私を救ってくれました。

胸があるから好き、それは違う、胸があろうとなかろうと、わたしだからいい、そう言ってもらえたことで見方が大きく変わったのです。

もし私に胸があったらそれに越したことはないですが、胸がないのもわたしであり、そのわたしだから胸がなくてもいいんです。

つまり、胸は魅力のひとつではありますが、無乳だから人格を否定する必要は全くなかったということです。

彼の優しさにふれて、初めて気づくことができました。

コンンプレックスを愛してくれる人が本当に大切な人

花の香りを嗅いでいる女性出典:We heart it

散々悩んでいたわたしですが、無乳を今では気にしなくなりました。

確かに温泉に入れば周りはみんな膨らみがあり、女性らしいきれいな身体をしています。

それに比べると胸だけ小学生低学年から変わらないのが私です。

でも、そのたびに思うのが

「無乳でもわたしには私を本気で好きと言ってくれる人がいる、私の身体をきれいと言ってくれる人がいる」

ということです。

コンプレックスを受け入れてもらったことで、胸の大きさに変化は残念ながらありませんが、気持ちが180度変わりました。

たいして気にするようなことではない、そう思えるようになったのです。

コンプレックスを愛してもらったことで、大きな自信につながったのです。

今では温泉も堂々と入ることができます。

みんなが胸のあたりをじろじろ見てきても

「だから?」

ってくらいの勢いです。

おかげでストレスなく温泉に入れて快適です。

いま、無乳で悩んでいる方へ

高台から景色を眺めている女性出典:We heart it

20年以上、「貧乳」ならぬ「無乳」で悩んできました。

一生家族以外の女性、そして男性に胸を見せることはないだろう、胸にコンプレックスを抱えて一生生きていくんだ、と固く心を閉ざしていました。

しかし、コンプレックスは薄れていきました。

人との関わりによってです。

一度は人によって深く傷つきましたが、人によってコンプレックスを克服することができたのです。

誰とも付き合えない、誰にも見せられない、そう思うかもしれません。

でも、本当にあなたを愛してくれる人なら、あなたを胸という一部で判断したりはしないはずです。

もし胸が原因で嫌な思いをさせられた経験があるとしたら、それは本当の運命の人ではないです。

この人になら打ち明けても大丈夫、そして受け入れてもらえたとしたら、それこそ真実の愛だと思います。

無乳にもハッピーエンドは必ずあります。

だからそのままの、ありのままの笑顔でいてください。

written by Goodmorningdayo

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46126 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ