NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年04月04日 更新 | 2,419 views

赤面症はメイクで解決! 症状をカバーして自分に自信を

赤面症の対処法のひとつに、顔の赤みをメイクでカバーする方法があります。赤面症の人におすすめなメイク方法を、実際の手順に合わせて詳しく解説。最初は症状を隠すだけでも、だんだんと自分で症状が気にならなくなり、自信につながるかもしれません。

赤面症で悩んでいる人は、その見た目が気になるのでメイクを工夫してカバーしていることが多いです。

赤面症は精神的なものが原因とされていますが、 メイクを工夫して自信を持つことができれば、根本的な心の治療にもつながるんです。

実際の手順に沿って、赤面症をカバーするメイク方法をチェックしていきましょう。

赤面症はコントロールカラーを活用しよう

コントロールカラーの画像

まずはファンデーションを塗る前にコントロールカラーを塗りましょう。

コントロールカラーを使えば、顔の赤みを消すことができるんです。

赤面症の人は、赤と正反対の色を塗れば、色味が中和されて赤みを目立たなくさせることができます。

したがって、赤面症の人におすすめなのは、 グリーン系のコントロールカラー。グリーン系を塗りすぎると顔色が気になるという人には、イエロー系がおすすめ。健康的な印象を持たせつつ、顔の赤みをおさえることができます。

赤面症はファンデーションをリキッドタイプに

リキッドファンデーションをつけている女性

ファンデーションはパウダータイプよりもリキッドタイプのほうがおすすめ。リキッドタイプのほうが顔本来の色味をカバーできるからです。

リキッドタイプファンデーションの正しいつけ方

リキッドタイプのファンデーションをつけるときに注意すべきなのは「厚塗りにならないようにすること」と、「均等につけること」。

中指や薬指を使ってとんとんと叩くようにつけるのがポイント。指でとんとんとのせることで、リキッドファンデーションが肌になじんで自然な印象に。

ついついパフなどで肌をこするように塗りがちですが、ファンデーションの色がまだらについてしまうので気をつけましょう。

コンシーラーも活用して赤面症をカバー

赤面症を隠そうとすると、どうしてもファンデーションを厚塗りにしてしまいがち。ファンデーションを塗りすぎると、ケバイい印象になるだけでなく、肌への負担がかかってしまいます。

そこで、赤面症の人は コンシーラーを活用しましょう。顔の赤み対策としてドラッグストアなどでもさまざまな種類を取り扱っています。

コンシーラーを特に赤みが気になる部分に塗り、ファンデーションを全体につけるようにすれば、厚塗りしなくても赤みをカバーすることができます。

赤面症に効果的なチークの使い方

チークブラシを持っている女性

赤面症の人は、顔が赤くなって、それを人に気付かれることに恥ずかしさを感じてしまいます。

それなら、あらかじめチークで顔をほんのり赤くしておけばいいんです。

チークをつけておけば、赤面症の症状が出たときにあまり目立たないので、周りからも指摘されにくく、自分でもあまり気にならなくなるのではないでしょうか。

ナチュラルなチークのつけ方

チークの色は オレンジ系がおすすめ。ピンクや赤系だと、赤面症の症状が出たときにさらに赤く見えてしまいます。

そしてぬる範囲はあえて広めに。ぼかすように頬全体にいれておけば、急に赤くなってもさほど目立ちません。

メイクで赤面症をカバーして、自信を手に入れよう

女性が笑っている画像

赤面症は顔が赤くなることに対して周りの目を気にしがち。

そんなときはメイクで赤面症の症状をカバーしてみてください。

最初はメイクで症状を隠しているだけでも、だんだんと症状が気にならなくなり、徐々に症状が軽くなっていくかもしれません。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ