NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年04月07日 更新 | 8,983 views

実は思い込みが原因だった?!脇見恐怖症の原因と対策法

周囲の人を過剰に見てしまったり、そのことで人から変に思われるのではないかと不安を感じる脇目恐怖症。これには、「思い込み」や「トラウマ」が大きく関係していました。克服するには、まずは自分の「思い込み」を自覚することがポイントです。

どうしても視界に入る人が気になる、チラ見してしまう……。こんな症状で困ったことはありませんか? もしかしたらそれは「脇見恐怖症」かもしれません。

脇見恐怖症とは

脇見恐怖症とは、自分の視界に入る人や物に対して、過剰に意識して目線を向けずにはいられなくなり、その視線によって相手に不快感を与えてしまうのではないかと罪悪感を抱く症状です。

他人から変に思われているのではないかと気になってしまったり、異常なこと、良くないことと受け止めてしまうことで、逆にますます気になって見てしまう……というふうに、症状が悪化してしまうことも。

見たくないのに見てしまうことがストレスとなり、ときには苦痛を感じてしまうこともあるため、他人が思っているよりもはるかに脇見恐怖症のストレスは大きいものなのです。

脇見恐怖症の症状

脇見恐怖症の症状は例えば以下のようなものです。

  • 視界に入った人や物が気になる
  • 人をチラチラ見てしまう
  • 人を凝視する
  • 人目を気にする
  • 自分の視線のせいで他人に嫌われていると思い込む

脇見恐怖症の症状は個人差がありますが、視界に入る人が気になってチラ見を頻繁にしてしまったり、チラ見どころか凝視してしまったりする人もいます。

職場や学校など、ある特定の場所にいるときのみ脇見恐怖症の症状が出る、というタイプの人もいます。

脇見恐怖症の原因

脇見恐怖症の原因には「性格」と「トラウマ体験」があります。

脇見恐怖症の原因1:性格

脇見恐怖症の原因として、その人の性格が挙げられます。

何でも完璧にやらないと済まない完璧主義者であったり、常に人目が気になり顔色をうかがってしまいがちだったり。これらは「他人に自分のことを良く思ってほしい」、「良く思われたい」と考えていることから生まれます。

脇見恐怖症の原因2:トラウマ体験

脇見恐怖症の原因として、過去に体験したトラウマも十分この症状に関係しています。

幼少期の人格形成期間で、親から褒めてもらえなかったこと。また、クラスメイトからいじめを受けたことなど。このような体験やトラウマにより、過剰に自分がどう見られているのか気にするようになクセができてしまうのです。

脇見恐怖症の克服方法

脇見恐怖症は自力で克服する方法があります。

自分の中の「思い込み」を自覚する

思い込みは良い面もありますが、ある部分では悪い影響を及ぼしかねないもの。自分がつい視線を送ってしまうこと自体が悪いということではなく、「自分が視線を向けると相手に不快な思いをさせてしまう」と思うことが単なる自分の思い込みであると自覚しましょう。

他人は自分以外の人をそこまで気にしていません。したがって、自分がつい見たところで、相手は嫌な気持ちになることはありません

まずは「自分の視線が人を不快にする」という認識が間違っているのだということを自覚するよう心がけましょう。

自己教示法を使う

脇見をしたくなったら、自分で「見なくても大丈夫」と心の中で唱えましょう。

これは自己教示法といって、自らの言葉で自分自身に言い聞かせることが刺激となり、自分の行動を変えることができる方法です。実際に声に出して言ってみるのもいいでしょう。

脇見恐怖症の症状が出そうになったら、「脇見しなくても平気な自分」というように、なりたいと思うイメージを膨らませて言い聞かせます。

問題とされる行動を制御する効果や、緊張を解消する効果がありますよ。

自力で治すことが難しい場合は精神科や心療内科へ

脇見恐怖症を克服したいけど、自分の意識を変えていくことはなかなか難しい……。そう思ったときは、病院の精神科心療内科を受診することをおすすめします。病院に行けば認知行動療法などのカウンセリングを受けることができます。

自分のことを客観的に見て、「他人はそこまで注目していないよ」と言われてもなかなかそうは思えません。そんなときは精神科や心療内科の医師の力を借りて脇見恐怖症を克服することもひとつの方法です。

人目を気にせず、自分を解放しよう

脇見恐怖症は過剰に人目を気にしてしまうもの。他人の視線が気にならなくなれば、抑え込んでいた自分自身が解放され、毎日が生き生きと輝きだします。今後の人生を楽しくに生きるために、まずは自分の中の意識改革、はじめてみませんか?

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43510 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ