NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 5,811 views

自己処理が原因で色素沈着。黒ずんだわきの私を救ってくれた手段とは [体験談]

思春期の頃から濃いムダ毛に悩まされてきました。周りの影響でワキが見えてしまうような体操服の着こなしのために、毎日徹底した自己処理を行っていました。カミソリから毛抜きに変えたことで肌はボロボロになり、酷い黒ずみまで出来てしまって誰にも見せれないワキに……。何もしていない母の方がつるつるで綺麗でした。

退屈そうに石段に座っている女性出典:We heart it

中学生の頃、女性なら、みんながムダ毛に悩みだした頃かと思います。

手も足も、他の同級生と比べても、私のムダ毛は濃い方だったと思います。

しかも毛足が長い。ふさふさ、黒々、と言った具合です。指毛までも目立つ始末です。

毛が薄い子、毛の色が茶色の子、毛が短い子が本当にうらやましかった。

ムダ毛処理の失敗

ソフトボールのピッチャーをやっている女性出典:We heart it

私は、ソフトボール部で、毎日の練習に励んでおりましたが、当時の先輩達は、規定の体操服の袖を肩の上までまくり上げる、という着こなしがなぜか流行っており、それに憧れていました。

ですがそうすると、腕を上げた時にわきが半分くらい見えてしまうのです。

手首からワキまで、ムダ毛が気になってきました。

自分が上級生になり、みんなと同じように袖をまくり上げるようになっていましたが、同時にわき毛の処理がきちんとキレイにできいるのか、とても気になりました。

ちょっとわき毛の処理を怠っていた子が、運悪く一度男子に見られてしまっただけで、影で

「あいつ、わき毛見えてたぞ~」「なんで剃らないの?」「女のくせに信じらんねーな」

などと言われているのを、聞いた事がありました。

中高生の男子ほど、デリカシーがないと言うか、優しさがゼロと言いますか、本当に残酷です。

たった一度でも、キレイに処理できていないところを見られてしまったら、私の青春は終わりだ!!と、今思えば大袈裟だったとは思うのですが、思春期の頃は、本気でそう思っていましたし、絶対にわき毛は、気をつけておかなくては!と強く思っていました。

無限の自己処理時代に突入

泡風呂に入って疲れを癒している様子出典:We heart it

最初は毎晩、全身を安全カミソリで剃っていました。

その処理が普通だと思っていたし、何の疑いも持っていませんでした。

お風呂で剃るのが一番手っ取り早いのですが、全身を毎日となると、まあまあ手間もかかります。

それに夜にお風呂で剃ると、翌日の夕方の部活時間では、もう黒ゴマのようにプツプツと毛穴が目立ってきてしまっているようで、安心できませんでした。

どうして、ワキ毛はあんなに早く成長してきてしまうのでしょうか。

男性の髭と同じですよね。

誰から聞いたのかはわかりませんが、友人が毛抜きで抜いていると聞きました。

毛抜きで抜くと毛根までスッポリ抜けるので、次の毛が生えるまでに時間がかかるらしい。

処理の回数が減って、見た目もキレイになるのならうれしいな。

そう思って、毛抜きがメインの処理に変えていきました。

それからは毎日、1ミリほど出てますでしょうか、毛抜きで掴めるくらい伸びているわき毛を見つけたら、しょっちゅう抜いていました。

朝、夜の2回はチェックして、暇さえあれば、隅々まで抜く!!という具合です。

くせになってしまったと言うか、日課です。

ワキだけでなく、膝小僧なんかに生えている毛も、毛抜きで抜くようになってしまったんです。

ですが、きちんと毛穴を開かせて抜いて、その後のケアは何もせず、毛穴を無理に広げては、開きっぱなし。

わき毛を見つけては、引っこ抜く!ひたすら引っこ抜く!

その繰り返しなので、どんどん肌がボロボロになっていきました。

だけど、私はその事になかなか気がつけなかったのです。

とにかく、わき毛さえなければ…… とだけ強く思っていた私は、自分の肌に負担がかかっている事に全くと言っていいほど、気がついていませんでした。

ケアをしなかった自己処理の結果

高台の上から景色を見つめている女性出典:We heart it

1年以上そんなわき毛のケアを続けていたら、ほくろ?アザ?そんな風にさえ見える、薄黒いものをワキに見つけるようになりました。

ある日鏡越しに自分のわきをよーく見てみると、皮膚の中に生えていて、そのまま5ミリ程度、伸び続けているわき毛があるのです! しかも両ワキに何本もです。

もうホラーですよ。

びっくりしましたが、それが皮膚内にある事によって、黒っぽいのが透けて見えてしまっており、わきがキレイに見えません。

私は、お風呂上りの肌がやわらかい時に、少し肌をひっかいて、毛をほじくりだすようにして、同じように毛抜きで抜いていました。

それにケアが悪かったせいか、わきがかゆくなり、掻いてしまう事も度々ありました。

でも、どうして皮膚の下でワキ毛が伸びてしまっているのか?

その原因を考えようとはしていませんでした。

ですがそんな生活をずっと続けていたら、水着やノースリーブを着たいな~と思ったときに、こんなわきじゃ誰にも見せられなくなってる事に気がついてしまったんです。

わきの毛穴は鳥肌のようにブツブツになっており、遠目でもブツブツしているのがわかるくらい。

しかも何度もひっかいたりして、所々がうっすら血もにじんだような状態の時もありました。

ですがそんな時もワキ毛を放っておく事はできないので、必死にワキ毛を抜き続けた結果、ワキの皮膚はものすごい色素沈着で、黒ずんだ肌になっていたのです。

しかも私は、わき以外はとてもキレイな色白肌。

わきだけがかなり黒ずんでいたのです。

こんなわきじゃ毛がなくたって、誰にも見せられない……

それからと言うもの、わきがひどいコンプレックスとなりました。

美白系のクリームなどで、ボディケアをしても、全く効果はありませんでした。

わきはますます黒ずんで、ブツブツしていくようにも思えました。

他の女性のわきはどうなっているの?

お気に入りのワンピースを飾っている様子出典:We heart it

街で時々、ノースリーブを着ている女性のわきはどうなっているんだろう??

みんなキレイなのかな??

友達に見せてと言ってしまったら、私にも「見せて」と言ってくるのではないか?

などと心配になってしまい、友達にも言えませんでした。

なので、見知らぬ女性がノースリーブ姿で手をふっていたりすると、とても気になって、盗み見るような事もたびたびありました。

電車のつり革につかまってる女性で、ワキが見える人を探してしまったりもしました。

そこでキレイなわきの女性を見つけると、いったいどういうケアをしているのだろう?と、本当に悩みました。

本人に直接聞く訳にもいきませんし。

芸能人のわきなんて、毛穴すら無いんじゃないか??ってくらい、本当にツルツルで真っ白!!

すごくうらやましかったです。

思い切って当時40代だった母に、わきを見せてとお願いした事がありました。

その時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

10代の私よりも、とてもキレイなわきだったんです。

「どうして!?」「なんで!?」

と聞きました。

すると母は

「さぁ~~??そんな事言われても、特別な事はなにもしてないし、わき毛も夏にしか剃らないしねぇ」

と言うのです。

私には、さっぱりわかりませんでした。

自分が間違ったケアの仕方をしている事は、雑誌などの情報でわかってきてはいましたが、ここでもまだ、自己処理をやめる事はできませんでした。

お気に入りのダメージジーンズをはいてベットで寝ている女性出典:We heart it

私はすっかり大人になっていました。

学生時代から時々、人並みに彼氏がいましたがわきは見せられず、夏でも絶対にわきが見えない服、エッチの時も、泳ぎにいく時も、絶対に見えないようにと頑張っていました。

水着の時なんて、本当に疲れます。

大好きな彼に

「わきフェチなんだよね」

なんて言われたら、

「変わってるな~」

なんて思う前に

「じゃあ、確実にダメだ」

と心の中で、もうめちゃくちゃ落ち込んでしまいます。

はっきりいってこんなお付き合い、とっても疲れます。

キレイなわきになってみたい!!

大人になってから、本気でそう思えるようになってきました。

それにいつか結婚式をする時の、ウエディングドレスのデザイン。

袖のあるデザインって少ないですよね。

ほとんどがチューブトップのような?のとか、ノースリーブやオフショルダー、そういうデザインが多いと思うんです。

わきを見られないように、なんて気にしてたら好きなウエディングドレスは着られないし、着たとしても乾杯やブーケトスなど、とてもとても人前でできません。

自己処理をやめる決意

パソコンを見ながら朝食を食べようとしている女性出典:We heart it

彼氏のいない冬がやってきた時、思い切ってわき毛の処理をやめました。

ですが、皮膚の下で伸び続けてしまっている毛は、抜く事はしませんでしたが、表面に出てきてくれるように、少し肌を傷つけて表面に出していました。(後で知りましたが、これは絶対やってはいけない事らしいです)

その冬は、なぜかわきも痒くならないし、ブツブツざらざらした感じも、少し治まったように思いました。

そして永久脱毛を知り、レーザー脱毛を考えるようになりました。

病院で自分のわきを見せるのも恥ずかしいくらいでしたが、もうこの自己処理を続けていく事も限界でした。

きっと汚いワキもたくさん見ていて、先生たちは何とも思わないはず!!そんな風に思って、勇気を振り絞って病院へ行ったように思います。

初めてのレーザー脱毛

女性医師から説明をうける女性患者

想像通り、いえ、想像以上に病院のスタッフの方々はとても親切で丁寧で、私の心は軽くなりました。

それになんと言っても、先生のお顔は、お肌がつやつや、シミシワもなければ、腕も足もツルツル。

全身脱毛をしていると、おっしゃっていました。

美人で笑顔を絶やさない先生で、その話しやすさから、このわきを見せる事に抵抗があって、なかなか病院にくる事ができなかった事も話してしまいました。

すると、同じような悩みを持っている方は大勢いらっしゃいますよ!と、明るく教えてくださいました。

輪ゴムをはじくようなレーザーの痛さは、これから、一生続くと思っていたわき毛の処理がなくなるかと思うと、なんてことのない痛みです。

心地良いとさえ思いました。

わきは比較的レーザーが痛くない箇所でもあるようです。

最初の1、2回はスタッフの方が、

「これくらいの痛みですよ」「どうですか?だいじょうぶそうですか?」 「このまま照射していいですか?」

などと、とても優しく聞いてくださいました。

両わきのレーザーは、ほんの5分程度で終わりました。

3回レーザーを受ければ、薄くなってきたと感じ、5回すれば、ほとんどのわき毛がなくなるとの事。

もし何ヶ月が経って、忘れたころに数本生えてきた場合は、また6回目をしたらダメ押しと言う感じですと、スタッフの方は教えてくださいました。

それに、すぐにではないですが、ずっと自己処理を続けていたワキでも、これからは抜いたり剃ったりしなくても良いので、少しずつではあるけれど色素沈着もうすくなり、ブツブツざらざらも無くなっていくはずですよ、と言われ、私は本当にうれしかったです。

どうやら、今まで何年間も刺激が強すぎて、私のワキの肌はすっかり荒れ果ててしまっていたようです。

放置すればする程、キレイなわきに

シーツでうずくまって微笑みながら正面を見つめている女性出典:We heart it

私はその日から、わきはレーザー以外放ったらかしにしました。

お風呂でお湯で洗って、さっぱりした使い心地の保湿クリームなどを少し塗るくらいで、本当に放ったらかしです。

さすがに目に見えてってほど早くはありませんでしたが、数か月経った頃でしょうか、気がつけばザラザラブツブツが徐々になくなっていきました。

そして何年もかかりましたが、わきの肌は腕の肌色とそう変わらないくらい、色素沈着は薄くなり、今は、人に見せられるワキになりました。

なんと言っても、彼に裸でワキを抱えあげられても、ザラザラしてると思われないかな…… と、心配しなくなりましたし。

「わき、つるつるだね~」

なんて言われた事もあります。

「ほんとう?そうかな?」

と軽く流しましたが、心の中では大きなガッツポーズです。本当に嬉しかった!!

自分で触ってみても、ふわふわのつるつる肌のわきになったな~って実感しています。

プロの脱毛に頼ってみては

崖の上に乗っておいしそうにアイスクリームを食べている女性出典:We heart it

自己処理は手軽だけど、ずっと続く処理と仕上がりのキレイさを考えると、どうしてもっと早くレーザー脱毛しなかったのだろうって思います。

もっと早くにしておけば、もっと美わきになっていたはず

今は料金もお手頃ですし、学生の頃にしておけば色素沈着してしまう事もなかったと思います。

悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、断然プロの脱毛をおすすめします。

普段見えてない場所でも、わきがキレイになるだけで、ほんの少し自分に自信が持てて、きっと積極的になれる事、間違いないと思います!

おしゃれも楽しくなるし、いつでもどこでも365日わきがつるつるって、大した事じゃないようで、けっこう大事かも。

written by akira050505

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ