NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年04月08日 更新 | 1,350 views

普段の自分を出せる。あがり症を克服する3つの方法

人前に出たり、大事なシーンほど異常に緊張してしまう……そんなあがり症に悩んでいる人は多いはず。人は誰しも緊張するものですが、あがり症の人は日々の生活に支障が出てしまう場合も。そこで今回は、あがり症を克服するための3つの方法をご紹介します。

指をもてあそぶ女性出典:We♡it

手汗をかいたり、声が震えてくる……など、あがり症の人が抱える症状はさまざま。

あがり症によって、日々の生活に支障がでてしまう人も多いはずです。

そこで今回は、あがり症を克服するための3つの方法をご紹介します。

「顔の筋肉をほぐす」

あがり症でまず影響が出てくるのは、全身のこわばりです。

とくに顔は、緊張でどんどん筋肉が固まっていきます。こうした顔のこわばりによって、うまく笑えないなどの症状が出て、余計に緊張してしまいます。

仕事で大事なプレゼンやスピーチ直前に行うのが、おすすめ。

声を出す

顔のこわばりを改善するためには、まずは声を出してみるという方法があります。

声を出すことによって、まずは口周辺の筋肉をほぐすことが可能。また、舌やあごの関節などもほぐれるので、固まった表情が柔らかくなっていきます。

具体的には、大きく口をあけて「あいうえお」などをくりかえし発声します。

そして、最後に「あーーーー」と声を出してみましょう。両足を肩幅に広げて、なるべく低い声で発声することがポイントです。

こうした発声で、声帯を開くことができれば、しっかりとした声で話せるようになります。

リンパマッサージで顔の緊張をとく

うまく声が出せない感覚がある場合は、あごの付け根や耳の後ろ、鎖骨のくぼみなどをグリグリとほぐすようにしましょう。

そうすることで、滞ったリンパの流れが改善され、顔の緊張状態をとくことができます。

「腹式呼吸をする」

じつは、腹式呼吸もあがり症を克服する手段になります。

腹式呼吸を行うことによって、血の巡りをゆっくりにして緊張した体をもとに戻すことができます。

どこでも簡単にできるので、正しいやり方を実践していきましょう。

腹式呼吸のやり方

ポイントは、焦らずにゆっくりに行うことです。

①8秒で息を吐く
ゆっくり背筋を伸ばして座った状態で、 8秒かけてゆっくり息を吐きます。 このとき、口で息を吐き、お腹をへこますようにしてください。

②4秒で息を吸う
息を吐ききったら今度は4秒息を吸います。 このとき、鼻で息を吸うようにし、 お腹を膨らますようにしてください。 次に、4秒息を止めます。

③再度8秒で息を吐く
また8秒かけてゆっくり息を吐きましょう。

④繰り返す
①~③の手順を3回繰り返します。

出典:ダイレクトコミュニケーション

腹式呼吸は、吐くときにお腹をへこませて、吸うときにお腹を膨らませることが重要。

また、時間があれば、一度だけでなく何回か繰り返してみましょう。

しっかりと深い呼吸をすることで、だんだんと気持ちが落ち着いていくはず。

「リラックスできる方法を見つける」

あがり症は、常に緊張感に襲われている状態です。

どうしよう……と焦る気持ちが、緊張をより大きくしがちです。

緊張した心と体を元の自然な状態へもっていくには、自分に合ったリラックス方法を知っていることが大切。

あたたかい飲み物を飲む

たとえば、何か飲めるような環境にある人は、ホットミルクやハーブティーを飲んでみましょう。

ホットでリラックス効果のある飲み物を飲めば、自然体に戻れるはずです!

じつはホットミルクは科学的にもリラックス効果あり。

当社と金沢工業大学は実際にヒトの心と身体がどのような状態になっているかに着目し、ホットミルクの飲用の有無による比較実験を行いました。

その結果、主観評価及び生理機能の測定によって、「ホットミルクを飲むとリラックスする」現象を科学的に確認しました。

出典:株式会社 明治

また、ハーブティーを選んだ場合はカモミールがおすすめです。

カモミールも、リラックス効果の高いハーブとして、よく知られていますよね。
カモミールの甘酸っぱい、りんごに似た香りを嗅ぐだけで、気持ちが落ち着くこともあるようなので、できることなら、フレッシュな花で、その香りを存分に楽しみたいものです。

出典:症状別ハーブティーの飲み方

アロマオイルを使う

飲み物が飲めないときには、アロマオイルをハンカチに染み込ませておきましょう。

緊張していると感じたら、そのハンカチを鼻にあててにおいをかぎます。

とくにリラックス効果のあるアロマオイルは、ラベンダーやオレンジスイート、ゼラニウムなどなど。

他にも好きな香りをチョイスするのも手です。

あがり症を意識しないようにしよう!

椅子に腰かける女性の足元の様子出典:We♡it

自分はあがり症だ……と意識しすぎると、さらに緊張が高まってしまうもの。

あがっていると感じたら、今回ご紹介した3つの方法を試してみて。

緊張をほぐして、普段の自分を自然にみせていきましょう♡

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45501 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ