NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年06月01日 更新 | 5,939 views

頭皮が透けて見えるほどの薄毛。育毛剤を何種類も試すも…… [体験談]

妊娠をきっかけに再び薄毛に悩まされるようになった私。でも出産をすれば変わるかも、という期待をしました。しかし出産後も事態は全く変わらず、むしろ酷くなる一方。この時になって初めて自分の髪の毛に対して危機感を持ち始め、本格的に薄毛治療に取り組むことにしました。

くしをといでヘアセットをしている女性出典:Weheartit

私の家系はそんなに毛髪量がないからか、私も髪のボリュームはあまりない方で、猫っ毛なのが昔から大嫌いでした。

中学生のときに生まれて初めてのショートカットにしました。

ですが猫っ毛だった私には全く似合わず、それからはずっとショートヘアにしていません。

しかし私がまだ思春期だった頃はただ髪のボリュームが少ないだけで、髪が薄くはなかったのでそこまで真剣に自分の髪について考えたことはありませんでした。

高校生になり

パソコンを見ながらメモを取っている女性出典:Weheartit

そんな私も高校生になり、大学受験のために毎日猛勉強をする日々が続きました。

部活も入らず、毎日朝早くから学校に行き、夜は20時まで学校に残って勉強をしていました。

思春期とほど遠い生活を送っていたので、絶対大学生になったらいっぱい遊ぼうと考えていました。

そして高校時代に猛勉強したおかげで、無事に国立大学文学部に合格しました。

大学入学

ヘアカラーを紫色に染めた髪の長い女性出典:Weheartit

夢に見ていた華の大学生活は、出だしが大事だろうと言うことで、大学入学前に初めておしゃれの勉強をしました。

私の大好きな芸能人になるべく、赤リップを塗って髪は金髪に大変身。

もともと私のことを知っている友人が見たらきっと驚いたことでしょう。

しかし雑誌を見てその人の化粧の真似をしても、髪のボリュームが出ないためにうまくスタイリングがきまりませんでした。

そこで、私は外出するときはいつもスプレーをふって逆毛をたてるようにしました。

こうすることで私がコンプレックスを抱いていた猫っ毛も解消されるのです。

大学入学当初から金髪にする人はかなり珍しかったようで、私はクラスの中でかなり奇抜な部類に入ってしまいました。

しかし、高校時代に勉強しかしてこなかった私には目立つことがとても嬉しく感じられました。

それからというものの、他の人が真似できないような髪色に挑戦するのが好きになり、2ヶ月に1回は髪色を変えていました。

といっても美容院に行って染めてもらうのはお金がかかるので、自宅で染められるヘアカラー剤を買って自分でしていました。

そんな私は大学2年生になると、もっとおしゃれを追求するためにまとまったお金が必要になりました。

たくさんお金を得られるバイト先を探していたときに、ちょうど夜の仕事をしていた友達から誘われて仕事をすることになりました。

ただお客様と話してお酒を飲むだけの仕事ですが、この世界では顔とトークが命。

もともと顔は中の下くらいだったのですが、この仕事を始めてから自分の顔がとてつもなくブサイクに感じられたのです。

その日からは濃い化粧から薄化粧に変えて、毎日美容室で髪をセットしてもらい出勤するようになりました。

セットをする際にはかならず逆毛をたててしっかりとスプレーで固定し、髪を結ぶときはきつくゴムでしばります。

さらに毎日お酒を浴びるほど飲んでシメは必ずラーメン、という生活を2年ほど続けた頃、私に変化が出るようになりました。

髪が薄くなっていったんです。

徐々に変わり始めた髪

うずくまっている色白の女性の上からの角度出典:Weheartit

就活をきっかけに夜の仕事を辞め、久しぶりに黒髪に戻したときのことでした。

鏡の前で黒髪になった自分の髪をまじまじと見てみると、頭頂部にそって髪が薄くなっている気がしました。

気になって自分の頭頂部を鏡でうつしてみると、かなり髪が薄くなっていたのです。

真上から見てみるとかなりやばい状態になっていました。

そんな様子を見て母も「あれだけ髪にダメージを与えることばっかりしてたらハゲちゃうわよ」と言いました。

確かに不摂生な食生活に、髪は染めたりスプレーしたりを繰り返していたので、今思えば禿げるのも無理ないです。

しかしあのときの私はただ自分の思うがままに行動をしていたので、まさか20代にしてはげるとは思ってもいませんでした。

一切染めるのをやめたらまた髪が生えてくるだろうと思い、ヘアカラーをすることをやめました。

それから私は就活に専念し、大学4年生の冬に地元の大手企業で就職が決まりました。

もう就職したら自分の好きなことができないのは名残惜しかったのですが、気持ちを新たに頑張ろうと意気込んでいました。

就職も無事決まって喜んでいたのですが、一方でヘアカラーをやめてからも薄毛が治らず少し不安を抱くようになりました。

社会人になっても

曇り空の中帰宅している女性出典:Weheartit

年は変わり、春の季節がやってきました。大学も無事卒業し、私もいよいよ社会人です。

私は大学時代から付き合っていた彼と一緒に家を借り、そこから毎日会社へと通っていました。

相変わらず髪の量は少なく、毎日髪を束ねてから出勤しないといけないので、余計に薄毛が目立ってしまうのが嫌でした。

私は自分が薄毛だと分かってから、一切のヘアカラーもやめましたし、不摂生な食生活も直して和食中心のごはんを食べるようにしていました。

しかし私の髪は昔のように戻るどころか、さらに悪化しているような気がしました。

でもこのときの私はまだ現在に比べると、対して深くまでは考えていなかったと思います。

妊娠発覚

マタニティードレスをきている女性出典:Weheartit

会社に徐々に慣れ始め、事務員としてある程度責任のある仕事を任されるようになった、社会人1年目の頃のことでした。

会社から帰ると、急にお腹から大量のおりものが出たような感覚がしていそいでトイレに駆け込みました。

すると下着には今まで見たことのないような色のおりものが出ていました。病気かなにかかと思い調べてみると、妊娠の疑いがあることが分かりました。

私は急いで妊娠検査薬を買いに行き、さっそく検査をしてみるとやはり陽性の結果が出ました。

このことを彼に話し後日一緒に産婦人科で改めて検査をしてもらうと、妊娠4ヶ月目だということが分かりました。

私は迷わず産む決断をし、またすでに安定期に入っていたこともあり折を見て上司に妊娠報告をしました。

会社の人は意外にも祝福してくれて、私もあとは産むことに専念するだけでした。

しかし妊娠6ヶ月目頃から再びあのことで悩まされるようになるのです。

泣き出す我が子を抱きしめている女性出典:Weheartit

妊娠6ヶ月の時に、私は再び薄毛について悩まされるようになりました。

普通妊娠をすれば体毛が濃くなる人が多いみたいですが、私の場合は逆のようでした。

髪の薄毛は大学の頃から進行しており、ついには前から見ても頭皮が透けて見えるようになったのです。

そのために前髪の量も減ってしまい、唯一ボリュームがあった前髪にも影響が出るようになりました。

しかし私は「出産をしたら髪が戻るかもしれない」と思い、あまり気にしないようにしていました。

それから4ヶ月後に私は無事出産をし、毎日育児と家事で忙しい生活を送っていました。

子供が生まれたばかりの頃は育児のことで頭がいっぱいで自分の髪について考える暇もありませんでした。

お風呂からあがったら、まず子供を寝かせないといけないので髪を乾かすのは後回しになっていました。

産後の抜け毛発症

抜け毛が激しくてびっくりしている女性出典:Weheartit

出産をしてから2ヶ月が経ち、私も育児に慣れ始めてきた頃のことでした。

ある日ドライヤーで髪を乾かしていると、ビックリするほどの抜け毛が洗面台に落ちていました

育児のストレスで抜けたのかと思っていたのですが、その次の日もまたその次の日も髪は抜けていき、しかも日に日にその量は多くなっていました

私は生まれて初めてこんなに大量の抜け毛を経験したので、不安になりネットで調べてみることにしました。

するとどうやらこの抜け毛の正体は、産後のホルモンバランスによる変化で抜けていることが分かりました。

人によってはすぐおさまるひともいれば、1年かかる人もいるようで、私の場合はいつおさまるのかと不安になりました。

ただでさえ少ない髪の毛だったのに、これ以上抜けたら禿げになってしまう!と私はこのときになって初めて自分の薄毛に危機感を覚えました

職場復帰するころまで抜け毛がおさまってなかったら、会社の人から禿げだと思われると思い、その日から薄毛の治療法を調べまくる毎日を過ごしました。

育休中で仕事もしていないので、お金がかかる治療はできませんが、どうやら育毛剤で治るかもしれないことが分かりました。

育毛剤で薄毛治療

毛先が傷みまくって絡まっている女性出典:Weheartit

ネット上で口コミのよかった育毛剤を試してみることにし、さっそく3ヶ月分の定期コースで注文しました。

髪のサイクルで、最低3ヶ月使ってみないと分からないということで、とりあえず様子見の定期コース。

注文してから育毛剤が届くのが楽しみで、毎日今かいまかと待っていました。

そしていよいよ商品が自宅に到着。育休中の私にとってこの育毛剤代5000円がかなりの出費になりましたが、もう私にはこれしかありませんでした。

毎日お風呂あがりにつけるのですが、いまいち効果があるかは分かりません。

さすがに1週間で効果が出るはずないか、と思い使用を続けていたのですが、2週間目ころに驚くべき変化が。

さらに抜け毛が増え

頭をおさえながら真顔で正面を見つめている金髪の女性出典:Weheartit

育毛剤を使い始めてから2週間が経つと、なんとさらに抜け毛が増えるようになったのです。

「おいおい、冗談でしょ」と最初は思いました。

本当に禿げまっしぐらになると思いました。

不安になり育毛剤を販売する会社に問い合わせてみると、「それは元々抜けるはずだった髪が育毛剤の成分で抜けただけだから大丈夫です。むしろ良い傾向です。」と言われました。

本当かよと思いましたが、あくまで育毛剤の効果を見るには3ヶ月と言われました。

私はそれからも使用を続けることにしました。

育毛剤治療を始めて3ヶ月目に

髪の毛をアップに束ねている金髪の女性出典:Weheartit

育毛剤の使用を始めてから3ヶ月目が経ったころ、少し変化が出始めました。

抜け毛が少しおさまってきたんです。

育毛剤の成分が良かったのか、単にホルモンバランスが整ってきたのかは分かりませんが、私には大きな変化でした。

それからというものの育毛剤をつけるのが毎日楽しみになりました。

「この調子で薄毛もなおってくれたら」とそんな思いで、毎日育毛剤をつけていました。

育毛剤治療を始めて4ヶ月目に

頭で手を組んでいる小麦肌にやけた金髪の女性出典:Weheartit

使用を始めてから4ヶ月が経ったころには、すっかり抜け毛もおさまったのですが、薄毛自体は治らず……。

抜け毛によって禿げたままの状態になっているので、早く発毛してくれることを毎日願っていました。

しかしそんな思いもむなしく、私は違う育毛剤を検討してみることにしました。

私はこの当時育毛剤の代金を浮かせるために、ある在宅ワークを始めました。

それは育毛剤代金と報酬が両方もらえる仕事で、薄毛には一石二鳥の内容となっていました。

ただ育毛剤のレビューを書けばいいだけなので、私にはもってこいの仕事でした。

しかし私はここで思いがけない事実を発見するのです。

口コミの真実

洗面所で鏡を見ながら顔をおさえている女性出典:Weheartit

私がこの仕事を引き受ける上で、会社側からある注意点を促されました。

それは商品の批判をしないことです。

やはりネットに掲載するので、そういった文章はアウトになってしまうのでしょう。

私は会社から支給された育毛剤を1ヶ月使ってみたのですが、薄毛がなおるどころか髪にコシやハリも出ません。

しかしこのような内容を書くと怒られてしまうので、差し障りのない文章でレポートを提出しました。

私はこのときにある事実を発見したのです。

「ネット上にある口コミは私みたいに差し障りのない文章の集まりなんだ。」

どんなに効果がなくとも、過激に批判することは禁止されています。

私のように商品購入の際に口コミを気にする人は、こうやっていろんな情報に惑わされながら買っているのだと思いました。

新たな覚悟

花束を持っている色白で金髪の女性出典:Weheartit

それから私は商品を買う際は、口コミではなくきちんと自分の目で商品内容を確認するようになりました

今まで使っていた育毛剤をあらため、違う育毛剤を使うことにしたのです。

電話でもどのような商品なのかを自分で確認し、納得がいったものを購入しました。

現在私はその育毛剤を使い始めて3ヶ月ほどになります。

抜け毛はすっかりおさまり、まだハリやコシは出ないものの髪の立ち上がりが良くなりました。

しかし最近では自分の髪についての考えを改めるようになりました。

薄いのもまた自分の個性だと思い、昔と違う自分に固執しないようにしています。

そうすることで気持ちも随分と楽になりましたし、広い視野で物事を考えられるようになりました。

育休から復帰しても自分の髪を恥ずかしく思わずに、自信を持って進んでいきたいと思います。

Top image via Weheartit

written by ra0910

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ