NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月24日 更新 | 28,164 views

抜け毛は病気のサイン? 女性に多い病気の特徴まとめ

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

髪が抜けることはごく自然なことです。しかし、抜け毛の量の異常な場合、それは病気のサインかも。病気かどうかを判断するには、症状と自分の抜け毛の状態をチェックしてみることが大切。そこで今回は抜け毛の症状から考えられる病気4つの特徴をまとめてみました。

女性が首をかしげて笑う様子出典:We♡it

髪を洗ったり、ブラシで髪をといたときなどに毎日自然と抜ける髪の毛。

しかし、その抜け毛の量が異常に多くて不安……と悩む女性は、じつは若年層にも多いです。

そこで今回は、抜け毛の症状からどんな病気の可能性があるのかまとめてみました。

抜け毛の特徴をチェックしよう

抜ける髪の量がいつもと何か違う……という人はなんらかの病気である可能性も。

しかし、毛にはサイクルがあるので抜けるのは自然なこと。1日50〜150本ほど抜け落ちるのは許容範囲といわれています。

そのため、病気であるかの判断を抜け毛の量だけで判断するのは難しいです。

まずは、正常な抜け毛と病気の可能性を含む抜け毛の特徴の違いを知り、自分の抜け毛の特徴をチェックしていきましょう。

正常な抜け毛の特徴

正常な抜け毛の特徴は、

  • 毛の太さが全体的に均一
  • 毛根は丸く膨らんでいる
  • 先端にハサミでカットしたような跡

などが挙げられます。このような特徴をもった抜け毛である場合、病気の可能性は低いといえます。

異常な抜け毛の特徴

一方、異常な抜け毛の特徴は

  • 毛が短くて細い
  • 先端がとがっている
  • 毛根の膨らみがほとんどない
  • 毛根の形がいびつ
  • 毛根に尻尾のようなものがついている

だといわれています。この場合抜け毛は、なんらかの病気であるサインの可能性が高いといえます。

抜け毛の症状が出る病気「膠原病(こうげんびょう)」

では、具体的に抜け毛の症状が出る病気には、どのような種類があるのかご紹介していきます。 まず疑いがある病気として、膠原病(こうげんびょう)が挙げられます。

膠原病とは

膠原病とは、じつは病名ではなく、全身の複数の臓器や筋肉、血管や関節などに炎症が起こる病気の総称のことです。

膠原病は、20代〜40代という比較的若い世代の女性に多く、およそ1万人に1人の割合で発症します。

男性の発生率と比べて女性は約10倍。

難病指定とされていて、完治することが非常に困難な病気であり、女性の薄毛と大きく関連しています。

膠原病の原因

はっきりとした原因は明らかになっていません。

現在では膠原病は、免疫異常や体質、遺伝などさまざまな原因が考えられています。

免疫とは、通常の場合身体に入ってきたさまざまな異物を攻撃し、守ってくれるものですが、なんらかの原因で免疫系が自ら自分の身体の組織を異物とみなし攻撃してしまうことがあります。

そんな免疫異常で、病気が引き起こされる場合も。

膠原病で抜け毛が起こるメカニズム

膠原病の中でも、全身性エリテマートデスという病気が抜け毛を引き起こすことが多いよう。抜け毛が引き起こされるメカニズムとしては、

貧血や倦怠感、ホルモンバランスの異常により、全身の循環が低下し、隅々まで栄養が行き届かないことで抜け毛が引き起こされると考えられています。

膠原病の抜け毛タイプ

膠原病の場合の抜け毛は、円形脱毛症のように、部分的に丸い形に薄毛になるケースが多いです。

膠原病の症状

膠原病の症状としては、

  • 37℃前後の微熱がつづく
  • 発疹がでる
  • 紅斑がでる
  • 手足の指の色が悪くなる(白くなったり、紫色になったりする)
  • 手足の指がしびれる
  • 関節痛
  • 関節炎
  • リンパ腺が腫れる
  • 目や口が乾燥する
  • 爪が変形する

などがみられます。自分の症状が当てはまるか確認してみましょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

膠原病の中では、全身性エリテマトーデス、円板状エリテマトーデス、皮膚筋炎、剣創状強皮症などが挙げられます。

抜け毛の症状が出る病気「甲状腺機能低下症」

抜け毛の症状が出る病気として、甲状腺機能低下症も挙げられます。

甲状腺機能低下症とは

甲状腺ホルモンという、甲状腺から分泌されるホルモンが減少し、機能が低下する病気です。

圧倒的に男性よりも女性に多く、40歳前後の女性では、軽症の人も含めると全体の5%にこの症状が見られます。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

甲状腺機能低下症は様々な原因で起こりえますが、最も頻度が高いのは、橋本病(慢性甲状腺炎)です。

甲状腺機能低下症で脱毛が起こるメカニズム

甲状腺ホルモンは細胞レベルで身体の成長を促進する作用があります。

髪の毛においても、伸ばして成長させる働きがあります。

しかし、甲状腺の機能が低下し細胞の働きが悪くなることで、毛のサイクルの短縮化を引き起こし、抜け毛や薄毛の原因になります。

甲状腺機能低下症の抜け毛タイプ

甲状腺機能低下症の人も抜け毛のタイプとしては、部分的に薄くなる円形脱毛症です。

円形脱毛症の患者全体の約8%が甲状腺機能に異常があるといわれています。つまり、甲状腺の機能は抜け毛に深く関係しています。

甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能低下症は、

  • 皮膚乾燥
  • 疲労感
  • むくみ
  • 冷え
  • 体重増加
  • 便秘
  • 無気力
  • 月経異常

などの症状が見られます。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

甲状腺機能低下症では、頭髪のみならず、眉毛も薄くなります。

抜け毛の症状が出る病気「鉄欠乏症貧血」

また、抜け毛の症状が出る病気として鉄欠乏症貧血が挙げられます。

鉄欠乏症貧血とは

鉄欠乏症貧血とは、血液中の鉄分が不足することによって起こる貧血のことです。

女性全体の約10%が鉄欠乏症貧血の症状に悩んでいるとされています。

血液の成分のうち、赤血球にあるヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ働きをしています。そして、ヘモグロビンを作り出すために鉄分は必要です。

しかし体内の鉄分が不足することでヘモグロビンが作り出せなくなり、赤血球の中のヘモグロビンが減少してしまい、貧血を引き起こしてしまいます。

鉄欠乏症貧血で脱毛が起こるメカニズム

鉄欠乏症貧血により、血流が滞ると全身に血液が行き渡らず冷えていきます。そのため頭皮の血行も悪くなり、冷えて固くなってしまいます。

頭皮が冷えることで、毛根部分に栄養が行き渡らなくなり、髪が細く抜け毛が増え、薄毛の原因になってしまいます。

鉄欠乏症貧血の抜け毛タイプ

鉄欠乏症貧血の人の抜け毛タイプは、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症です。

鉄分が不足し、ヘモグロビンが減り、全身に栄養が行き渡らないため、休止期脱毛症を引き起こします。

休止期脱毛症とは、成長期にある髪の毛が突然休止期になってしまう脱毛症のことです。

通常なら生えている髪の毛の全体の90%は成長期で、抜けても量が減ることはありませんが、休止期になると髪が生えにくくなってしまいます。

その結果、髪全体の密度が薄くなり、休止期脱毛症の特徴である、びまん性脱毛症となってしまうのです。徐々に進行するので気づきにくく、症状が悪化してしまう恐れがあります。

鉄欠乏症貧血の症状

鉄欠乏症貧血は、

  • 身体がだるい
  • 朝起きれない
  • 抑うつ状態
  • イライラする
  • 気分が落ち込む
  • 集中力の欠如
  • 冷え性
  • 顔色が悪い
  • 肌があれる
  • スプーン爪

などの症状が見られます。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

鉄欠乏性貧血の原因として多いのが、婦人科系疾患、消化管疾患です。一度は病院で原因を調べてもらい、適切な治療を受けましょう。

抜け毛の症状が出る病気「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」

抜け毛の症状が出る病気として、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)も挙げられます。

卵巣嚢腫とは

卵巣嚢腫とは、卵巣の中に液体成分や脂肪などがたまって腫れている状態のこと。

婦人科臓器に発生する腫瘍の中で、子宮筋腫と並んで最も発生頻度が高い腫瘍のひとつです。

多くは20代〜30代に発生し、良性であることがほとんどですが、正確には検査をしないとわかりません。もし、この腫瘍が見つかった場合は、手術による摘出か定期的な検査を受けることをおすすめします。

卵巣嚢腫で脱毛が起こるメカニズム

卵巣嚢腫は女性ホルモンのバランスが乱れることによって引き起こされる病気。ダイエットやストレス、冷えなど若い世代の女性に多く見られるこれらが原因となり、女性ホルモンのバランスを乱してしまうのです。そうなると、

卵巣の機能が低下し、不正出血や生理不順などが起こるなどの婦人科系疾患が抜け毛につながります。

卵巣嚢腫の抜け毛タイプ

卵巣嚢腫の人の抜け毛のタイプとしては、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症です。

女性の脱毛症でも発症しやすく、全体的に髪が薄くなることもあり、症状が悪化すると頭皮が見えてしまうほど進行する人も。女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが増えると発症する人が多いです。

卵巣嚢腫の症状

卵巣嚢腫は、

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 頻尿
  • 便秘
  • 外から触ってわかる
  • 卵巣のねじれ

などの症状がみられます。

抜け毛は病気のサインかも。早めに病院で検査をしよう

ハーフアップをした女性が壁に写真を貼り付ける様子出典:We♡it

抜け毛とともに病気の症状に当てはまる項目がある場合、早めに病院へ行きましょう。

膠原病、甲状腺機能低下症、鉄欠乏症貧血が疑わしい場合は内科を、卵巣嚢腫が疑わしい場合は婦人科を受診しましょう。

毎日は抜け毛はあるもの。しかし、じつは抜け毛は身体が発する病気のサインかもしれません。

自分自身の判断だけでなく、心配な場合はためらわずに病院で検査をしましょう。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44917 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ