NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月07日 更新 | 1,572 views

「プレゼン失敗? 終わったなら成功だよ!」どもった自分を責めるのはやめよう[コラム]

吃音者にとってプレゼンはつらい。プレゼンの順番を待っている時間は、まるで処刑前のカウントダウンのような感覚です。いざプレゼンが始まると、思うように話せない。何度も練習して、頭の中では完璧なのに、話せない。プレゼンが終わった後、あなたは自分を、吃音であることを責めるでしょう。そんなあなたに、読んでほしい記事です。

いきなりですが、私は吃音です。

吃音という言葉はあまり浸透していないように思います。簡単に言うと、私は言葉を発する時に「どもり」ます。

私が一番吃音に悩んだのは、大学に入学してからです。大学に入ってから、大勢の前で何かをプレゼンする機会がとても増えたのです。

プレゼンの場では当たり前のことなのですが、大勢の注目を集めることになります。そんな場に立たされて緊張しないはずがなく、いくら声を出そうとしても喉につっかえるだけで、一言目が出ないのです。

スムーズに出ない音を無理やり出そうとすると、激しくどもってしまいます。

それだけは避けたいと思い、黙り込んでしまいました。声が出ないことで生まれた不自然な間をなんとか誤魔化そうと、司会者に「もう(プレゼンを始めても)大丈夫ですか?」なんて分かっていることを聞いたりもしました。

途中でも、不自然に黙り込む場面もありました。結果的に、正直、上手とは言えないプレゼンでした。評価は低かったでしょう。

しかし、プレゼンとしての評価ではなく、私は、その場を乗り切った自分を褒めたいと思いました。

きっと、人前で喋らなければならない吃音の学生、プレゼンをしなければならない吃音の社会人、他にも困っている方は多いと思います。

上手く声が出せないことは苦しいことです。

しかし、まずはその場を乗り切った自分を褒めてあげてほしいのです。

プレゼンが失敗したとしても、あなたは逃げずにプレゼンに挑んだんです。

どうか自分を責めず、褒めてあげてください。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46032 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ