2017年10月12日 更新

二重埋没法の経過を徹底解説!腫れや赤みはどれくらい続く?

「二重整形をしよう! 」と決意したとき、一番気になるのは術後の腫れや赤み。人によって差はあるものの、埋没法経験者の経過写真をみればイメージがわきやすいかもしれません。また数年後に二重がちゃんと保たれているのかも、埋没法ならではの悩み。埋没法を経験してからそれぞれ1年、3年、5年経過した埋没法経験者の、生の声を集めました。

大塚美容形成外科・歯科 大塚院院長 石井秀典

この記事は、大塚美容形成外科・歯科 大塚院院長 石井秀典先生が監修しています。

「キレイな二重にしたい」と願う女性は多いはず。

アイプチやメイクに頼った自力の二重づくりもいいけど、だんだん面倒くさくなってくる……。

そう感じた時に頭をよぎるのは、美容整形で二重を手にいれることではないでしょうか。

二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がありますが、やはり人気なのはメスを使わない埋没法。

ただ目元の整形なので、いくらメスは使わないといっても術後の経過は気になるところ。

「どれくらい腫れるのかな? 内出血する? メイクはいつからできるの? 自然な二重になるのは何か月後? 」

そんな疑問を払拭すべく、2016年3月12日2度目の埋没法をされたnonさんの経過写真を一挙公開し、埋没法の経過についてインタビューを実施。

さらに埋没法から1年、3年、5年が経過したブロガーさんの口コミも集めました。

記事の流れ

鏡の前でマスカラを塗る女性の写真
  • 術後1週間の日ごとの経過
  • 術後2週間の経過(目を開けた状態)
  • 術後2週間の経過(目を閉じた状態)
  • 術後3週間の経過(目を開けた状態)
  • 術後3週間の経過(目を閉じた状態)
  • 埋没法Q&A
  • 埋没法を受けた人たちのブログで経過観察

埋没法後1週間の経過

カレンダーに丸をつける女性の写真

腫れや内出血が一番でるのはやはり術後1週間。

まずは埋没法施術後1週間の経過を、日ごとに追っていきます。

腫れを抑えるためにアイシングしたり、目をこすらなくて済むようマスカラはひかえたり……。

なるべくダウンタイムを少なくするために、それなりに工夫が必要かもしれません。

5,000円台から埋没法が受けられるクリニックをみる

埋没法施術前

二重手術を受ける女性の施術前の写真

5年前に一度、2点止めの埋没法手術を経験しています。

2度目の埋没法の施術前の写真です。

当時は幅をそこまで広くとらなかったため、今回は幅広の二重に挑戦することにしました。

埋没法施術直後

埋没法施術直後の写真

埋没法施術直後の写真です。

幅は目を閉じた状態で8ミリ

今回は3点止めの埋没法をしたので、前回の2点止めの埋没法より麻酔を打つ箇所が多かったです。

ちなみに前回の埋没法の際は目薬麻酔もしたのですが、今回は麻酔注射のみでした。

1回目の埋没法のときの糸は抜糸せず、そのままの状態で2回目の手術をしました。

埋没法5時間後

埋没法施術から5時間後

目が重くてじんじんするので、目をつむっていたらいつの間にか寝落ち(笑)。

1時間くらい寝て起きたら、施術直後より腫れていました。

目を閉じるたびに痛みを感じます。

ちなみに埋没して12時間ほどたった頃、まつ毛の生え際あたりに内出血が確認できました。

手術当日は顔を濡らしてはいけないので、洗顔はしませんでした。

埋没法翌日

埋没法翌日の写真

寝起き直後はすごく腫れていました。

埋没法翌日の目元の写真

※腫れている部分を冷やすことは大切ですが基本的に冷えピタでのクーリングはおすすめしていません。

腫れが早くひくと聞いたので、アイシングをまぶたの上にオン!

今日はシャワーは浴びましたが湯船にはつかっていません。

傷口の赤みはちょっと引いてきましたが、右目のまつ毛の生え際にはアイラインを引いているような内出血あり。

埋没法2日経過

埋没法の施術から2日経過した写真

埋没法後2日が経過すると、腫れも少し引いて、目が開けやすくなりました!

ただ、目を閉じたときに縫い口の内出血が目立ちますね。

埋没法3日経過

埋没法施術から3日後の目元の写真

やはり縫い目とまつげのきわの内出血が気になる……。

まだ痛みますが初日と比べたらだいぶ楽になってきました。

埋没法から3日たち、目元のメイクをした写真

ちなみに施術から3日後、初めてメイクをしました。

内出血はコンシーラーで隠し、シャドーで縫い口をわかりにくくしてみたんです。

本当はマスカラを塗りたかったのですが、落とす時にゴシゴシこすらないといけないなと思い、怖くてぬりませんでした。

埋没法4日経過

埋没法施術から4日経った目元の写真

腫れは1、2日目と比べてだいぶ引いてきましたが、内出血の範囲が増えた気が。

やはり内出血はあとから出てくるんですね。

でも最初と比べたら目は開けやすくなったし、まぶたの重たさはほぼなくなりました

埋没法施術から4日後の目元メイク写真

メイクをすれば更に見た目も気にならなくなりますね。まぶたにベースメイクは塗らず、アイシャドーだけしました。

ちなみに私は、人に会う時は黒ぶちメガネでまぶたの腫れを隠すようにしていました。

埋没法5日経過

埋没法施術から5日後の目元の写真

なんだか5日目はりりしい目元になっている気が(笑)。

内出血はいまだ健在です。

埋没法6日経過

埋没法施術から6日後の目元の写真

埋没法から6日経過した今日は、施術後初めてお酒を飲みました!

明日むくんでいないか不安……。

埋没法7日経過

埋没法施術から7日後の目元の写真

ちょうど1週間が経過しましたが、目をぎゅっとつむるとまだちょっと痛みます

埋没法施術から7日経過した日の目元メイク写真

職場の同僚の人に

「下向いたときの整形してます感がやばいよ! 」

と言われてしまいました。

二重幅を広めにとったので、腫れがひくまでは整形感が出てしまっても仕方がないですね。

埋没法2週間目の経過

鏡を見る女性の写真

2週間目以降は、少しずつ変化がでてくる時期。

痛みは和らいできますが、まだ内出血が気になります。

2週間目:目を開けた状態

8日後~10日後の目が開いた状態の埋没法経過写真11日~14日後の目が開いた状態の埋没法経過写真

2週間目の経過写真です。

内出血がまだ少し見えますが、洗顔する時の痛みも和らいできて、寝起きの腫れも引いてきました。

2週間目:目を閉じた状態

8日~10日目までの目を閉じた状態の埋没法経過写真11~14日目までの目を閉じた状態の埋没法経過写真

目を閉じると、縫い目部分の内出血がわかりやすいですね……。

埋没法3週間目の経過

ノートをとる女性の写真

通常であれば1週間ほどでですが、幅の広い二重を作った場合は、おおよそ3週間目から二重がきれいになっていくのを実感するそう。

私も3週間目あたりから内出血が減り、縫い目が目立たなくなっていきました。

3週間目:目を開けた状態

15-18日目の目を開けた状態の埋没法経過写真19-21日目の目を開けた状態の埋没法経過写真

3週間目には、上目遣いをしたり目に力をいれたりしても、まったく痛くなくなりました!

3週間目:目を閉じた状態

目を閉じた状態の15-18日目の埋没法経過写真目を閉じた状態の19-21日目の埋没法経過写真

だんだん内出血もなくなってきて、縫い目も目立たなくなってきました。

食い込みも目立たず、メイクが楽しい!

5,000円台から埋没法が受けられるクリニックをみる

埋没法経過Q&A

FAQのブロックの写真

二重埋没法について知るには、埋没法経験者の生の声を聞くことが一番。

nonさんに術後の経過や痛みについてインタビューしてみました。

ーー「施術前の不安はありましたか? 」

一度埋没法を経験しているので、不安はあまりありませんでした。埋没は気に入らなくても外せるので、そんときはそんときかなーって(笑)。

ーー「施術後の不安はありましたか? 」

幅を大きくとったので、どういう完成系になるかが少し不安でした!あと前回と違って幅広で3点留めだったので腫れがすごくて、いつおさまるかなーって不安でした!

ーー「内出血や腫れは、思った以上にひどかったですか? 」

思った以上にひどかったです(笑)。内出血しやすそうな肌してるねって先生からも言われてたので、心の準備はしていましたが妖怪のように腫れてびっくりしました(笑)。

ーー「黒ぶち眼鏡、メイクで整形バレはふせぐことができるものなのでしょうか? 」

元の目にもよると思いますが、アイプチなどして二重を作って過ごしていたのなら、「目が腫れちゃった~」でごまかせるとは思います!あとはメザイクしてるとか、いろいろな言い方次第だとおもいます。

ーー「ダウンタイムをなるべく少なくするために、施術後に気をつけるべき点はありましたか? 」

頭を心臓より高くして寝たり冷ましてたりしてね、とクリニックで言われました。

ーー「施術後の痛みはどのようなもので、どれほど続いたのでしょうか? 」

それなりにじんじんしますが、鎮痛剤を飲めば大丈夫です!むしろ飲まなくても我慢できる程度。ただ1週間くらいは続くと覚悟しておいた方が良いと思います。

nonさん、埋没法の経過について詳しく答えていただきありがとうございました!

埋没法を受けた人たちのブログで経過観察

パソコンで調べ物をする女性の写真

埋没法の術後1か月の経過はなんとなく理解できたけど、数年たったらどうなるの……?

やはり埋没法で一番心配なのは、数年経った頃にとれてしまわないかということ。

埋没法の施術を受けた人たちのブログを参考にしてみましょう。

2014年11月に埋没法を経験されたパンダさんのブログ

パンダさんの場合、半年経っても二重の状態にまったく変化がなかったそうです。幅が狭まることも、広がることもなかったのだとか。

埋没法から1年が経過しても、そこまで二重に大きな変化は見られませんでした。8ヶ月目のときにちょっと狭まった感覚があったそうですが、それ以降は特に何の問題もなし。

体質なのか先生の技術のおかげなのか、あからさまな腫れも術後2週間で治まったそうです。

2012年の年末に三点留めの埋没法を受けられた愛奈さんのブログ

愛奈さんは、埋没法を受けてから半年が経過しても、パッチリの平行型二重をキープ。傷跡は、ほとんど目立たない状態になったそうです。

指で軽くまぶたをなぞってみても、留めた糸がでこぼこすることもなく、まるで生まれつきの二重のように。

しかし、埋没法を受けて1年が経過したあたりから、日によって奥二重になってしまうように。

次第に長時間睡眠をとった日や、泣いた次の日はまぶたが重く感じ、二重の幅が狭くなったかも……? と感じることがあったそうです。

埋没法を受けて2年7ヶ月が経ったあたりから、ついに右の二重ラインが日に日に薄れてゆくように。 ちなみに左目の二重ラインは健在です。

2010年2月に埋没法の施術をうけたまめこさんのブログ

埋没法経験者の間では、「埋没法は1年経過したころから取れてくる」という説があるそう。しかし、まめこさんの場合、1年経過してもまだまだ食い込みすぎてると感じるほど、二重ラインは健在らしいです。

幅は落ち着いてきて、1年経過の時点では閉じて8ミリ、開いて2~3ミリに落ち着いたそうです。

3年が経過すると、「ちょっと幅が狭くなってきたかも? 」と思う日もでてきたそう。しかし、埋没法から5年半が経過しても、二重ラインは健在だそう。

3年前に「ちょっと幅が狭くなったかも? 」と感じたものの、その後2年間は幅が狭まることもなく安定しています。

5,000円台から埋没法が受けられるクリニックをみる

埋没法の経過は人それぞれ

笑顔の女性の写真

こうしてみてみると、

「3年経過してだんだん元に戻ってきてしまった」

という声や

「5年経っても二重をキープしている」

など人によってさまざま。

信頼できるクリニックを見つけ、自分に合った二重幅を見つける入念なカウンセリングが大切なのかもしれません。

二重埋没法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,611円
品川美容外科 18,140円
城本クリニック 60,000円
聖心美容クリニック 115,000円
東京美容外科 130,000円

※費用は税抜表示です。※主に2点留め、両目の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:石井秀典先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
  • アクセスJR山手線大塚駅北口徒歩3分
  • 休診日年末年始、日・祝は要問合わせ
  • 診療時間9:00~20:00(年末年始は要問合せ) 土 9:00~19:00 日・祝 9:00~17:00
  • 電話番号0120-80-1611
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

大塚美容形成外科・歯科 東京大塚院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

二重整形・二重まぶたの施術を受けられるクリニック

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 両目ナチュラルベーシック法2点留め14,700円〜

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩約5分
  • 二重術スーパークイック法1点留め2年保証9,070円〜

品川美容外科 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー