NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月09日 更新 | 3,297 views

遺伝or環境?社会不安障害の原因と克服方法とは

臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィス

この記事は、臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィスが監修しています。

じつは社会不安障害の原因のほとんどは、環境やトラウマが原因であり、遺伝は少ないといわれています。環境やトラウマなどの後天的な原因で社会不安障害になった場合、どのような克服方法や治療法があるのか。今回くわしくまとめてみました!

雑草が生い茂っている様子出典:We♡it

社会不安障害が発症した原因を知りたい……と考える人は多く、私もその1人です。

社会不安障害の原因は、遺伝などの先天的原因が少なく、環境やトラウマによる後天的な原因がほとんどだと言われています。

どうしたら、症状が改善するのだろう……と悩む人のために、社会不安障害の原因と克服方法について今回くわしくご紹介します。

社会不安障害に「遺伝」は影響する?

じつは、遺伝によって社会不安障害が引き起こされることは少ないです。

ただし、必ず遺伝がないとは言えません。

不安を感じやすい人は、精神を安定させる脳内物質であるセロトニンやドーパミンが不足していたり、脳内物質を受け取る部分に異常があることも。

また、脳の偏桃体(不安や恐怖をつかさどる場所)が生まれつき小さいことで、不安や恐怖を抑えられないといった場合もあります。

このような不安を感じやすい体質は遺伝しやすいため、社会不安障害が遺伝すると考えられていますが、「親が社会不安障害だから子どもも発症する」とは、必ずしもいえないでしょう。

臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィス

社会不安障害は先天的な遺伝的要因に、環境要因、トラウマ的な出来事などが重なり合ったことが原因で発症することがあります。
遺伝だけが原因で発症することは少ないようです。
またどのようなことがどの程度強いストレスとなるかは個人差があります。

社会不安障害の原因

社会不安障害は先天的な遺伝的要因に、環境要因、トラウマ的な出来事などが重なり合ったことで発症することがあります。

そのため遺伝だけが原因で発症することは少ないようです。

またどのようなことがどの程度強いストレスとなるかは個人差があります。

後天的な原因として、おもに環境トラウマが関係していますが、ここでは具体的な例をご紹介していきます。

環境的原因

幼少期からの生活環境は、社会不安障害の発症に大きく関係します。たとえば、

  • 過保護な養育
  • 厳しい教育
  • 社会不安障害をもつ親の影響

などが大きく関係していると考えられています。

原因1: 過保護な養育

親から過保護に育てられた子どもは、ストレスにさらされる機会が減ります。

この場合、社会に出るなどの自立を求められる環境や状況にうまく対応できなくなることが多いよう。そして、対応できないことに強いストレスを感じ、社会不安障害を発症する可能性が高くなります。

原因2: 厳しい親の教え、教育方針

失敗したり、恥をかくことを許さないといった、厳しい親の教えのもとで育った場合、子どもは「失敗してはいけない」という極度のプレッシャーから、人前や社会的な場面で緊張しやすくなってしまいます。

「〜してはいけない」などの厳しすぎる教えは、子どもに強いストレスを与え、社会不安障害発症の原因となってしまうことも。

臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィス

失敗してはいけない」という教えのもとで育つことで、小さな失敗を重大にとらえ、深く落ち込みやすくなることも指摘されています。

原因3: 社会不安障害を抱える親との生活

子どもは、親の行動を見て行動することが多く、行動や思考パターンが似ていきます。

つまり、社会不安障害を抱える親にとっての不安や恐怖の対象は、そのまま子どもにとっても不安や恐怖の対象になることも。

そのため社会不安障害の親の影響は、子どもが社会不安障害を発症する原因となる場合もあります。

トラウマ的原因

公共の場で失敗したり、恥ずかしい思いをしたりすることで、トラウマを感じたとき社会不安障害は発症しやすいです。

私自身も、会食中の行動を人に指摘されたことが原因で、会食恐怖症を発症しました。

人にからかわれたり、いじめられたりすると、人の目を過剰に意識するようになり、社会不安障害になってしまう場合もあります。

社会不安障害の克服方法

女性が紙ひこうきを飛ばす様子出典:We♡it

社会不安障害が環境やトラウマなどの後天的な原因で発症した場合、おもに3つの克服方法があります。

方法1. 薬物療法

薬物療法は、薬を服用して社会不安障害を克服する方法。

薬は、精神科で専門医の指導を受けながら服用します。

おもに薬物療法で使われる薬は、

  • 抗うつ剤
  • 抗不安剤
  • β-ブロッカー
  • 漢方薬

の4種類です。

また、社会不安障害の症状が重い場合は、精神を落ち着かせるホルモン、セロトニンを補う効果がある抗うつ剤のSSRIが有効だといわれています。

抗不安剤は、脳の活動をスローダウンさせ、不安や恐怖を感じにくくする作用があります。

β-ブロッカーは、動悸、発汗、手足の震えを抑制する効果があります。

漢方薬は、体全体に穏やかに作用して、不安や緊張を和らげる効果があります。体質改善が期待でき、社会不安障害の症状だけでなく、めまいや頭痛などにも効果的です。

方法2. 認知行動療法

ものの考え方や受け取り方に働きかけることで、心を軽くする精神療法のひとつ。

認知行動療法は、カウンセラーの下で治療することが可能です。強いストレスや不安によって歪んでしまった認知を正し、ストレスを軽くする作用があります。

認知行動療法のしくみ

  1. まずストレスの原因を整理します。
  2. 自身の行動や思考が、ストレスにどう影響しているのか調べます。
  3. 行動や思考と現実とのズレについて、見方をやわらかいものに変える練習をします。
  4. 自分にとって何がもっとも大切かを考えるように意識します。

考え方がわかれば気持ちも変わります。

このように認知についてバランスよく考えられることが大切です。

臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィス

人は誰でもものごとの捉え方や考え方のくせを持っています。
そのくせは、それまでその方が体験の中で自然に培ってきたもので、それ自体悪いものではありません。
人は各々の捉え方や考え方によって出来事を解釈、判断しています。ただ、強いストレス下にある時には、捉え方にゆがみが生じやすくなります。
出来事に対して頭に自然と浮かんでくる考えを自動思考と言います。
認知行動療法ではこの自動思考に焦点を当て、自動思考と現実に起こっていることのギャップを検証します。
そして自分の捉え方のくせを知って、自分で偏りを修正できるようになることを目指します。
認知行動療法は、専門家との面接を軸として、日常生活の中でもホームワークとして自動思考を捉えるトレーニングを行います。作業を繰り返すことで徐々に自分で偏りに気づき、修正することができるようになっていきます。
受身ではなく、能動的な治療方法です。

方法3. 森田療法

森田正馬さん考案の心理療法のことです。

不安や緊張を感じることがあってもそれは当たり前のことだから気持ちを打ち消そうとしなくてよく、 不安や緊張は悪いものではないと捉えます。 湧き上がってくる感情を受け止めながら、気持ちに左右されずに行動することが森田療法の目的なのです。

原因を知ってより良い治療をしよう

白シャツの女性の後ろ姿出典:We♡it

社会不安障害は、治療で改善することができます。

原因を知り、より良い治療を受けることで、社会不安障害の苦しみを乗り越えることができるはず。

前向きに社会不安障害と向き合っていきましょう。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ