NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年09月05日 更新 | 1,711 views

体の内側から溢れる美しさへ! 漢方でのアンチエイジングのすすめ

生命の源である腎が弱まると、シミやシワ、たるみや抜け毛など体に様々な影響が出ます。漢方は体の内側からアンチエイジングし、健康面やメンタルケアとしても効果が期待できます。アンチエイジング効果が期待できる漢方は、「地黄」や「芍薬」が有名です。また、漢方を購入するときの注意点や、アンチエイジング効果を高める生活習慣を紹介します。

女性なら誰でも、若々しくきれいでありたいと思う人が多いですよね。

東洋医学は漢方や生活習慣のちょっとしたコツで、内側から美しくアンチエイジングします。

では、東洋医学のアンチエイジング法を詳しく見ていきましょう。

アンチエイジングには腎がかかせない!

笑顔の2人の写真

アンチエイジングのカギを握っているのは、東洋医学や漢方の世界でいう「腎」

東洋医学での腎は、腎臓とは違うもので、生命エネルギーの軸となる精がはたらく場所であり、生命の源といわれています。

腎が衰えてしまうと、若々しさが減少して老いが進んでしまうのです。

また、腎のはたらきのピークは28歳であり、それ以降は徐々にパワーダウンします。

しかし、腎のケアをすることで老化の進みが緩やかになり、同世代の女性たちよりも若々しさをキープできるでしょう。

無理に老いにあらがうのではなく、ナチュラルな美魔女になれる!ということです。

アンチエイジング要素の老化

ショックを受けてる女性の写真

シミ

漢方の世界でいう「瘀血(おけつ)」は、血の巡りが悪くなっている状態をいいます。

血行が悪いと老廃物が溜まってしまい、肌のターンオーバーがうまくいかなくなるため、シミをつくる原因となります。

また、腎は血液をろ過するはたらきがあるので、腎が弱ると瘀血が起こり、シミができやすくなるのです。

シワやたるみ

シワは肌が乾燥することでできます。

腎が弱まり、血行不良になると肌に必要な栄養が行き届かなくなるため、肌は乾燥し、シワの原因に。

また、肌の乾燥は、肌の弾力が低下しているということで、これはたるみの原因にもなります。

シワとたるみができるのは、腎の弱りが一因としてあるのです。

白髪や薄毛

近年は30代前後の女性が、白髪や薄毛によって老けて見えると、悩むことが増えています。

顔立ちが美しくても、白髪だらけでは老けて見えるので、ヘアケアも重要なアンチエイジング要素です。

腎は髪の毛の健康も担っているため、腎のケアが大切です。

同世代の方より白髪が多い人や、髪がやせ細って薄く見える人は体質だからと諦めたり、白髪染めだけに頼りきりになったりせずに、内側からケアをしていきましょう。

アンチエイジングは東洋医学や漢方におまかせ!

数種類の漢方の写真

漢方はアンチエイジングの強い味方!

漢方の作用は、体質から改善して臓器や精神面まで元気な状態にするので、アンチエイジング以外にも健康面メンタルケアとしてもプラス効果があります。

  • 美容にコンプレックスがあり、前向きな気持ちになれない
  • メイクを工夫しても、高い化粧品を使っても満足いかず、ストレスを感じている
  • 老化に対して不安がある

このように思う人は特に、東洋医学や漢方を取り入れたアンチエイジング法がおすすめです。

腎の機能を上げる地黄(じおう)、血の巡りを良くして腎のはたらきを助ける芍薬(しゃくやく)などがアンチエイジング効果が期待できる漢方です。

また、漢方というと苦くて飲みづらいイメージを持つ人が多いかもしれませんが、粉薬とさほど大きな差はありません。

不安な人は、漢方を処方するときに相談してみましょう。

漢方を購入できる場所やポイント

買い物中の女性の写真

漢方を購入できる場所は、内科の一種として漢方を処方する漢方外来や、町の薬局としてある漢方薬局などが主流です。しかし、美容というよりは治療メインでの処方が多いので、美容目的での処方ができるか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

また、最近は百貨店の美容コーナーに漢方調剤を設けているところもあり、そのような漢方調剤は美容目的の人も多く訪れています。

一般的なドラッグストアで、アドバイスを受けずに購入できる漢方もありますが、体質によって合う漢方が異なったり、用法容量をしっかりと理解していないと効果が出なかったりするので、自己判断で買うのはあまりおすすめできません。

セルフケアは養生がキーポイント

「養生(ようじょう)」とは健康に気を付けて、体のはたらきを整えることをいいます。

生活習慣の小さなコツですが、積み重ねると大きなアンチエイジング効果が期待できるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

食事は添加物をなるべく控えて、偏食をしない

食べ物の写真

腎は血の巡りを助けてアンチエイジングをしていますが、その血は食べ物からできています。

添加物の多く含まれた食事ばかりと摂っていると、キレイな血が巡らないため腎が衰えてしまうのです。

コンビニのおにぎりを控えて自分で作ったり、手作りしているお総菜屋さんから買ったりするようにしましょう。

忙しいときでも外食ではなく、焼き魚や納豆など調理の手間の少ない方法で自炊をするといった小さな工夫で、体の内側から大きく変化しますよ。

睡眠時間を確保して、日中は必ず起きている

寝ている女性の写真

睡眠はホルモンバランスを安定させる効果があり、それが整っている人は老化が遅いので、睡眠は食事と同じぐらいに重要なものです。

夜にのんびりスキンケアや美容タイムを設けることも女性の楽しみのひとつではありますが、それによって睡眠時間を削るなら、ゆっくり寝た方がアンチエイジングには効果的でしょう。

また、日光もホルモンバランスを整えるのでアンチエイジングの大切な要素になります。

夜勤を続けていると体を壊す人が多いのは、日光を浴びてホルモンバランスを整える機会が少ないことが原因のひとつといえます。

夜勤で日中起きることが難しい人は、タイミングを見つけて日光浴を積極的にしましょう

また、睡眠不足にそなえ寝ておく「寝溜め」も、体にとってメリットがないといわれているので、休日も昼過ぎまで寝るのではなく日中は起きるように心がけるといいですね。

ストレスを溜めない

喜んでいる女性の写真

ストレスを溜めると、腎やそれ以外の機能のはたらきが弱まり、老化を一気に早めてしまうおそれが。

趣味などリラックスの時間を設けて、ストレスを発散することもアンチエイジングなのです。

新しく趣味を見つけるときには、音楽や芸術などひとりで気ままに楽しめるものを選ぶと、ストレスを溜めないのでいいですよ。

おすすめのアンチエイジング漢方

アンチエイジングに飲んでもらいたい漢方をご紹介します!体力に合わせた漢方選びをすることが重要なようなのでぜひその辺も参考にしてみてください。

体力がある方に向いている漢方、ない方に向いている漢方・・・いろいろな種類のアンチエイジング漢方が あるんですよ♪

八味地黄丸(はちみじおうがん)

加齢によって弱ってしまった足腰の力を再び取り戻すような効果のある漢方です。体力は普通レベルか、もしくは少し虚弱な方におすすめのものになります。

冷えや頻尿も改善してくれるそうなので、とくに女性には飲んでもらいたい漢方なのです。体の中からアンチエイジングしていきましょう!

比較的高齢者の方に好まれている類の漢方のようですが、若い方が飲んでも全然OKですよ。

六味丸(ろくみがん)

上記の八味地黄丸をもう少しシンプルにしたタイプの漢方が、この六味丸(ろくみがん)です。こちらの下半身の弱体化を改善する効果があります。

体力がなくたまにめまいやふらつきを感じてしまうということであれば、ぜひこの漢方を使用してください。副腎機能を向上する働きも持っているとのことです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

脈や腹筋の力が弱いという方は、この加味逍遥散(かみしょうようさん)を飲みましょう。体力のなさを解消してアンチエイジングできる漢方です。

体力だけでなく、精神的に弱まっているときにもぜひ飲んでもらいたいのがこの加味逍遥散(かみしょうようさん)。気分が落ち込むことが多い・・・という女性にもおすすめですよ!

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

貧血や鉄欠乏症になりがち、という女性に積極的に飲んでもらいたいのがこの漢方。月経になにか異常があるときに、産婦人科で出されることもあるようです。

更年期障害の治療にも一役買っている当帰芍薬散、年齢を重ねてそういった症状が出始めた方がいたらぜひ飲んでみてください。

またむくみを改善するのにも有効的に働いてくれるのがこの漢方です。身体を芯から温めるような作用があるので、血液を巡らせてむくみを取り払っていきます。

加齢によって体の代謝がどうもうまくいってない・・・という方は、アンチエイジングのために当帰芍薬散を摂取していきましょう。

併せて適度な運動をすると、相乗効果でさらに血液や体液の巡りがよくなりますよ!

釣藤散(ちょうとうさん)

以下のような症状に悩まされている方は、この釣藤散(ちょうとうさん)を飲んでみてください。

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • イライラ
  • 肩こり

比較的若い方を中心に飲まれている漢方でもあります。体力はあるけど日々のストレスで心身ともに辛いときがある・・・という方にはピッタリの漢方です。

釣藤散には熱を取り払う働きがあるので、なにかあると「カ~ッ」となってしまう女性にはとくに飲んでもらいたい漢方となっています。

熱が強い方に向いている漢方とも言えるでしょう。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

比較的体力があるという方におすすめなのがこちらの漢方。柴胡加竜骨牡蛎湯は便秘気味・不眠・不安とった症状に効果を発揮してくれます。

便秘は肌のターンオーバーを妨げたり吹き出物を誘発したりするため、美容には大敵。できるだけ早く改善するのがベターです。

柴胡加竜骨牡蛎湯のアンチエイジング効果で便秘が解消されれば、きっと肌もいききとしてくるはず!体力がある方はこちらの漢方できれいを追求していきましょう。

漢方でのアンチエイジングは意外と簡単だった!

東洋医学や漢方というと、敷居が高いイメージを持つ人が多いかもしれませんが、自分に合った漢方を使えば、アンチエイジング以外にも様々な良い効果があるのです。

漢方や東洋医学を深く学ぶとなると歴史が長いのでとても大変ですが、養生など身近で簡単にできるものもたくさんあります。

自分の生活に取り入れやすい漢方を見つけて、健康的な美しさを手に入れましょう!

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ