NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年09月12日 更新 | 1,314 views

カギは「血の巡り」! 漢方を使って生理痛を和らげよう

毎月痛みに苦しんで憂鬱という人も多い生理痛。体質から改善すれば、生理痛は軽減できるかもしれません。効果的な漢方から日常でもちょっとした対策法まで、取り入れやすい生理痛の改善法をご紹介します。毎月の生理を楽しく迎えられるカラダ作りをしましょう!

重だるい痛みで、つらいけれども仕事や学校を休めず、毎月生理が近づくと憂鬱になるという人も多いのではないでしょうか。

体質だからと諦めて鎮痛剤を常用している人もよく見かけますが、東洋医学では「生理痛は通常起こるべきものではないため、改善できる」とされています。

生理は正常に行われていれば、身体の不要なものを一気にデトックスして美しくなる、美容のチャンスでもあります。

生理を迎えるのが楽しいと思えるように、東洋医学の力を借りて生理痛を改善しましょう!

鎮痛剤の常用には危険が多い

薬の写真

一般的な市販の鎮痛剤は生理痛だけでなく、頭痛や歯痛などさまざまな原因にも対処できてとても便利ですよね。

しかし、まったく違う部位の痛みにもかかわらず、なぜひとつの薬で対処できるのでしょうか?

それは、鎮痛剤は痛みを感じる神経を麻痺させているだけなので、患部の根本的な改善はしていないからなのです。

なので、生理痛で鎮痛剤を飲み続けてもまた翌月には同じように生理痛がやってきてしまいます。

「仕事や大事な場面を控えていて痛みで集中を切らしたくない。」といった場合には鎮痛剤はとても便利ですが、常用はおすすめできません。

また、胃のトラブルや薬剤乱用性頭痛という、鎮痛剤の飲み過ぎで起こる頭痛も副作用として起こる可能性があるので、生理痛がないように体質改善をするなかでのピンチヒッターとして、鎮痛剤を持つことをおすすめします。

なぜ生理痛が起きるの?

体が冷えている様子の女性の写真

血の巡りの悪さによる冷え

東洋医学では「気・血・津液」という身体を作る3つの要素が、全身を巡っていると考えられています。

そして、血の巡りがうまくいっていないことを瘀血(おけつ)といいます。

瘀血が起こると身体の血液や酸素が循環しなくなって、冷えが起こり、冷えが子宮に侵入して血の巡りを余計に悪くさせるため、生理痛を起こすのです。

ストレスによる血の循環機能の不良

東洋医学では「肝」や「脾(ひ)」という、血の流れに関わりの深い場所があります。

その場所がストレスによってダメージを受けると、血の流れが悪くなり、月経として出ていくべき血が体内に残ってしまい生理痛が起こる場合もあります。

冷えやストレスなどきっかけの原因はさまざまですが、血の巡りが悪くなってしまい生理痛が起きていることが共通していますね。

これらのことをまとめると、血の巡りを良くすることが生理痛を改善するためのキーポイントになります。

血の巡りを良くして、生理痛を改善!

漢方の写真

血の巡りをよくするための方法を知って具体的な改善方法を見つけていきましょう。

漢方

血液の巡りを良くする桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、生理中のイライラがひどく悩んでいる人には、血流とともにホルモンバランスも整える加味逍遙散(かみしょうようさん)などがおすすめです。

このほかにも生理痛に効くといわれる漢方は多くあり、体質により処方も変わるので、漢方外来や漢方薬局で処方してもらうのがいいでしょう。

ホットティー

身体を温めるシンプルな方法としてホットティーを飲むことも、血の巡りを良くして生理痛を改善する効果があります。

生理痛や精神安定に効果のあるフェンネルのハーブティや、生理痛対策のブレンドティーも市販されているので、積極的に取り入れてみましょう。

カイロ

食生活や運動はなかなか面倒で続かないという人にオススメなアイテムが、カイロです。

カイロで子宮を温めることで血の巡りを良くするのが狙いですが、貼る場所が重要なポイントに。

カイロは腰ではなく、体の前側の、おへその下の子宮がある辺りに貼りましょう。

生理中に貼ると生理痛の緩和ができて、生理前に貼ると生理痛が軽減されます。

布ナプキン

オーガニック思考の高い女性たちの間で人気の布ナプキン。使い捨てナプキンより生地が厚く保温性があるので、子宮を温め、生理痛の改善に効果的です。

また、布ナプキンを使用していると、経血の量やタイミングをある程度コントロールできるようになるといわれており、経血量が多すぎることによる生理痛にもおすすめです。

生理痛に効くおすすめの漢方

生理痛がひどいけど、薬を飲み続けるのはちょっと・・・という方には漢方がおすすめです!漢方ならば副作用を心配せずに飲むことができます。

さっそく生理痛がひどいときに飲むべき漢方をご紹介していきましょう。ご自身の体格によって飲み分けるのばベターのようです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は中肉中背の方に向いている漢方です。やや虚弱体質という方にもおすすめできますね。

ふだんから低血圧・貧血ぎみという方はこの当帰芍薬散で生理痛を改善していきましょう。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

こちらの漢方も、中肉中背~やや痩せ気味の女性におすすめの漢方です。全身に倦怠感があるという方にはとくに飲んでもらいたいですね。

加味逍遥散(かみしょうようさん)は発汗・イラつきを常日頃から感じている人が飲むと、これらも解消できる優れた漢方。

またのぼせと冷えの感覚が交互に襲って来るような症状にも効果てきめんです。生理痛の解消にプラスして、このような効果にも期待ができます!

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

比較的がっちりタイプの方は、この桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を服用してみてください。生理痛のときに起こる下腹部の張りや鈍い痛みを解消することができます。

血行不良による冷え性や肩こりを和らげるような効果も期待できるのがこの桂枝茯苓丸という漢方です。

漢方との付き合い方

漢方は基本的にはじっくり時間をかけて体内の生理痛にアプローチしていくものが多いです。体質改善に働きかけをしているため、時間がかかってしまうんですね。

薬は一時の痛みを取り除くには適していますが、根本的な体質改善は見込めません。体そのものを生理痛から遠ざけるようにしたい方には漢方の服用がおすすでです!

また漢方の中にも比較的即効性のある種類もありますので、このあたりはご自身の生理痛の度合いによって飲み分けるのがベストかと思います。

漢方の効果を上げるためにしたいこと

処方された漢方をただ飲み続けているよりも、運動をして筋肉量を上げた方がより生理痛を改善できる可能性が高くなります。

筋肉量が多いとその分体が消費するエネルギー量は上がっていきます。そうなると血行も促進されて、漢方はぐっと効きやすくなるのです。

運動不足だという方は、漢方を飲み始めるタイミングでぜひ運動習慣をつけていってください。

こうした日頃からの運動習慣をつけていると、根本的な体質改善にもつながっていくのでおすすめです。毎日少しずつでいいので、筋トレしたりウォーキングしたりしていきましょう!

漢方はどうやって購入するのか

漢方はドラッグストアなどでも購入できますが、できれば医師の診察を経て処方してもらってください。

漢方は保険適応内の薬なので、診察して医師から処方してもらえれば自己負担は3割ですみます。漢方もなかなかいいお値段するので、やはり保険が使えるならば使って購入すべきでしょう。

漢方は非常に不思議な薬だと言われています。効く人には効果絶大ですが、効かない人にはサッパリ効かないといった特性があるのです。

これはロキソニンなどの普通の医薬品とは違う部分でしょう。万人に効果が出るわけではないということになります。

だからこそ、医者まかせにしないで自らいろいろな漢方について勉強してみるべきです!いろいろな漢方を試してみて、自分にいちばん合ったもので生理痛を治していくのがベストな道になります。

適度な運動による生理痛改善

運動をしている女性の写真

適度な運動も、代謝を上げて血の巡りをよくする生理痛改善に必要です。

自分に合った運動を見つけ、無理のない範囲で行いましょう。

ヨガ

ヨガには身体を整えてコリ固まった筋肉を柔らかくする効果や、自律神経のバランスを良くしてストレスを溜めにくい身体にする効果があります。

筋肉がしなやかに動くと、ポンプの役割をして、血を全身に巡らせることによる生理痛改善効果が見られます。

さらに、ストレスはホルモンバランスを崩して生理痛を悪化させる大敵なので、ストレスを溜めない体質に改善するのもいいですね。

ウォーキング

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、重力で下がった血液を上に押し上げて身体に巡らせるはたらきがあるので、ふくらはぎを鍛えることが血の巡りをアップさせるポイントです。

ふくらはぎの機能アップにはウォーキングがおすすめ!

ウォーキングは正しく着地して蹴り上げることでふくらはぎの筋肉を鍛える効果があり、ふくらはぎのポンプ機能をアップすることで血の巡りを良くしてくれるので、生理痛改善に効果的です。

生理痛を改善できそうな気がしてきませんか?

解放感を感じている女性の写真

体質だからと諦めていた生理痛も、血の巡りをよくすることで改善できるかもしれません。

今回は、身体を温める改善法をメインにお伝えしましたが、身体が温まることで代謝が良くなると、生理痛だけでなくダイエットや美容にもうれしいメリットが。

体質から変えていくので1~日では結果が見えないと思いますが、根気よく続けて、明るい気分で生理を迎えられるようにしましょう。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45083 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ