NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年09月05日 更新 | 4,718 views

自宅で永久脱毛はできる? 家庭用脱毛器の選び方とおすすめマシン

自宅で永久脱毛ができたらとても便利ですが、はたして実際に可能なのでしょうか?また、 自宅で行う、家庭用脱毛器による脱毛には、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか? 脱毛器を選ぶ際のポイントや、おすすめの脱毛器について見ていきましょう!

毛深い体を見られて恥ずかしい思いをしたり、何度か通う必要があったりなど、通うのに抵抗を感じている人も多い脱毛サロン。

脱毛サロンに行かずに、自分でこっそりムダ毛を処理できたらうれしいですよね!

自宅で永久脱毛ってできるの?

女性と吹き出しの写真

自宅で永久脱毛をしたい、と考えている人も多いでしょうが、それは可能なのでしょうか?

実は、永久脱毛という施術は、医療機関において医師または看護師のみが行うことができるとされていて、自宅はもちろんエステサロンであっても、本当の意味での永久脱毛は行うことができないのです。

ただし、永久脱毛に近い脱毛を行うことは可能です。

そもそも、永久脱毛とは、「施術から1か月経った時点で、毛の再生率が20%以下である」という定義です。

つまり、永久脱毛は、一度の施術で永久に毛が生えないようにするという脱毛方法ではなく、毛を少なくして目立たなくし、回数を重ねてムダ毛のない状態に近づけるというものです。

そして、自宅でも、毛を少なくして目立たなくさせていくことに近い脱毛は可能なのです。

自宅で永久脱毛に近い脱毛を行う方法とは?

それでは、自宅で永久脱毛に近い脱毛を行うためには、どのような処理方法があるでしょうか。

まず、自宅で行うムダ毛のセルフケアの方法として、カミソリや毛抜き、脱毛ワックスや脱毛クリームによるものがあります。 しかし、これらの方法は、肌表面に出ている毛をなくすだけの一時的な脱毛方法であり、「永久脱毛に近い脱毛」とは言えません。

そこで、おすすめなのが、家庭用脱毛器による処理方法です。

現在の家庭用脱毛器は非常に効能が進化していて、永久脱毛に近い脱毛ができるとのことなので、これは期待できそうです!

自宅で脱毛を行うメリット&デメリット

マルとバツの写真

自宅で脱毛を行うにも、メリットとデメリットがあります。では具体的に、どのような点が挙げられるでしょうか。

自宅で脱毛を行うメリット5つ!

予約する必要がない!

脱毛サロンやクリニックで施術をする場合は、当然施術日を予約する必要があります。

また、仕事の都合や急用などで、予約をキャンセルした場合は、次の施術日がなかなか取れないなどの不都合が生じることもありますよね。

一方、自宅での脱毛であれば不都合がないですし、手間もかかりません。

自分の好きなタイミングでできる!

自宅での脱毛であれば、いつ処理するかは、自分の好きなときに決められます。

自宅でするので、クリニックに通う時間もかかりませんし、仕事や家事などで忙しくても、自分で都合のいいタイミングで処理できます。

コストが抑えられる!

脱毛サロンやクリニックで、永久脱毛のコースを組むと、かなりの費用がかかります。

永久脱毛の方法や、部位によっても異なりますが、全身脱毛であれば、4~50万円くらいはかかるとか。

これに対し、自宅での脱毛であれば、かかる費用は家庭用脱毛器と消耗品の値段だけなので、かなりコストを抑えることができます。

人に見られないで脱毛できる!

たとえサロンやクリニックのスタッフであっても、人によっては、脱毛の際にお肌を見られることに抵抗を感じることも。

毛深さにコンプレックスを感じている人は多いものですが、自宅でのケアならこのような心配は不要です。

再度ムダ毛が生えてきても安心!

永久脱毛をしても、その後永久にムダ毛が生えないという保証はありません。ホルモンバランスの変化や、体毛サイクルの乱れなどで、わずかながらまた生えることもあるとか。

クリニックや美容サロンでの脱毛の場合、また永久脱毛の施術をするのは費用や手間がかかって大変ですが、家庭用脱毛器であれば、緊急時にもすぐ対応できます。

自宅で脱毛を行うデメリット5つ!

自分で処理しづらい部分を見落としがち

自分で家庭用脱毛器で処理する場合は、自分で見えにくかったり手が届きにくかったりする部分はやりにくく、きれいに仕上がらないというデメリットがあります。

処理時間がかかる

サロンの機械に比べ、家庭用脱毛器は小さくて照射面積が狭く、威力も弱いことから、一度の処理時間が長くかかってしまいがちです。

自分でするのが面倒

サロンやクリニックでする場合は、スタッフにお任せすればいいのですが、自宅での脱毛はすべて自分で処理しなければなりません。

全身脱毛する場合は特に、自分で処理するのに時間がかかって面倒に感じてしまうかもしれません。

仕上がりがきれいにならない

プロのスタッフが施術してくれるサロンに比べ、自分で処理する場合は、部位によって仕上がりにむらが出たりしてきれいにできない場合があります。

トラブルが生じても自己責任

家庭用脱毛器の場合は、使用法を誤ったりしてトラブルになっても、対処も自分でしなければなりません。

間違った使用法で起きた肌トラブルや製品のトラブルは、保証の対象外となることもあるので注意しましょう!

家庭用脱毛器を選ぶときに、チェックしたいポイント

脱毛器の写真

照射範囲が広い

一度の照射範囲が広ければ、それだけ処理にかかる時間が短くなります。

特に全身脱毛など、広い範囲を脱毛したい場合は手が疲れてしまうため、短時間で終わるとうれしいですね。

脱毛効果が高い

脱毛効果が高ければ、ひとつの場所にかかる時間が短くて済みます。

機会を使うということは、ある程度肌に負担をかけるわけですから、一度にさっと処理したいものです。

痛みが少ない

製品によっては、痛みを強く感じる場合があります。痛みはストレスになりやすく、それにより脱毛が嫌になってしまう人も多いでしょう。

特に痛みに弱い人は選ぶときに注意してみましょう。

脱毛したい部位に対応できる!

製品によっては、顔やデリケートゾーンなどには使えないものもあります。

商品にはそれぞれ個性があるので、自分が処理したい部分を脱毛できるか、事前にチェックしましょう。

おすすめの家庭用脱毛器3選!

家庭用脱毛器を選ぶときのポイントや口コミなどを考慮し、おすすめのものを3つピックアップしました。

アローエイト株式会社 脱毛器ケノン

ケノンの脱毛器の写真出典:アローエイト株式会社

アローエイト株式会社の「脱毛器ケノン」は、エステサロンでも使用されるフラッシュタイプの脱毛器です。

フラッシュタイプとは、黒い色素に対して反応する特殊な光を当て、毛乳頭にダメージを与える脱毛法です。

それによって、毛をつくり出す働きを破壊し、生えるまでの期間が長くなり、結果的に毛が薄くなっていきます。

フラッシュタイプなので、痛みも少なめで、Iライン、Oライン以外の、ほぼ全身への使用が可能!

発売以来、ずっと上位の売り上げをキープし続けている、人気の高い商品です。

照射範囲が広くてパワーもあるので、短時間でさっと処理できます。

価格はお手頃ではないですが、ワンショットあたりのコストが低いので、結果的に見たらお得な気がします。

アローエイト株式会社 脱毛器ケノン 64,806円(税抜)

tria(トリア) パーソナルレーザー脱毛器 4X

パーソナルレーザー脱毛器 4Xの写真出典:tria

tria(トリア)の「パーソナルレーザー脱毛器 4X家」は、庭用レーザー脱毛器としては、唯一アメリカの認可を受けた製品です。

レーザーの専門家によって開発されたもので、定期的に使用することで、早い人なら3ヶ月でスベスベの肌を手に入れられるとか。

レーザーの出力レベルも5段階から選ぶことができるので、自分のお肌やムダ毛の状態に合わせたお手入れができ、ほぼ全身に使用可能です。

やや照射範囲は狭いですが、脱毛力は評価できる気がします。

照射範囲が狭いぶん、広範囲の処理は時間がかかりますが、操作が簡単なのでそれほどストレスを感じません。

tria パーソナルレーザー脱毛器 4X 50,741円(税抜)

hikari(ヒカリ) epi proセット

脱毛器epi proの写真出典:hikari

フラッシュタイプの脱毛器です。

光脱毛でお肌にやさしく、3段階の出力を一番低く設定すれば、美顔器としても使えます。

Iライン、Oライン以外のほぼ全身に使え、顔やデリケートゾーンの脱毛も可能です。

照射範囲も広めなので、個人差はあるものの、ワキであれば約4回ほどの照射でお手入れが完了するとのことです。

比較的お手頃価格なのがうれしいです。

カートリッジ交換でそのぶん費用がかかりますが、トータルのバランスで見れば、特別コストが高いという感じではないような気がします。

美顔器として使えるのは、大きな魅力です。

hikari epi proセット 37,800円(税抜)

自分で永久脱毛するのは「不可能」という声も!?

上記で紹介した脱毛機器を使えば、ムダ毛をきれいに処理することができます。使い方をマスターして、エステでやったような仕上がりにできれば理想ですよね!

一説によると、石鹸やクリームを使って永久脱毛ができるという噂があるようなんですが・・・これは真実なのでしょうか?

残念ながらこれはデマみたいです。永久脱毛するにはレーザーやフラッシュ脱毛するしか方法はありません。

石鹸やクリームをムダ毛の生えている場所に塗ってシャワーをすると、濃かった毛がさーっとなくなるような動画を見たことがる方もいるかもしれませんね。

これは肌に出ている表面の毛を溶かす成分が入っているだけなので、時間が経てばまた毛が生まれ変わって生えてきてしまいます。

ああいった商品を「永久脱毛ができる!」といって売り出しているのはすでに法律違反なのですが・・・みなさんは騙されないようにしてくださいね。

地道に毛抜きで処理すれば永久脱毛にたどり着く?

毛というのは毎回抜いていると自然と薄くなっていきます。そして最終的にはまったく生えてこなくなるのです。

この原理を活かして、毎回毛抜きなどで毛一本一本を抜いていればいずれは毛が生えなくなって永久脱毛成功!ということもありうるのです。

ただこのやり方をしている人はほとんどいません。それは毛抜きでムダ毛を抜くのに非常に時間がかかってしまうからです。

家庭用脱毛機器がなくても、ピンセットさえあれば永久脱毛はできる・・・という紹介でした。

指の毛や顔のうぶ毛などピンポイントな部分の永久脱毛をするには、この方法を採用してみてもいいかもしれませんね!?

永久脱毛の値段と期間の比較

永久脱毛したいけど、サロンに通うか自宅で機器を使ってやるか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、まずは永久脱毛にかかる費用と期間をしっかり把握してみてください。そこからあなたに最適なのがどちらかわかると思います。

永久脱毛にかかるのは1年前後

脱毛サロンで永久脱毛をするのにかかる期間は、長い人でも1年半くらい。永久脱毛はちょっとずつ毛を薄くしていくため、これだけの年月がかかってしまいます。

家庭用脱毛機器を使った永久脱毛は1年前後なので、期間に関してはサロンと家庭での自己処理どちらも同じくらいだということがわかりますね。

期間が同じであれば、自分の都合で脱毛できる家庭用機器の方が便利な感じはします。仕事が忙しい、あまり脱毛に取れる時間がない、という方は機器の購入を検討してみましょう。

費用は圧倒的に機器の方が安い!

通うサロンや買う脱毛機器によりますが、前者は20~30万円で後者は7万円程度という大きな費用の差があります。

脱毛サロンもキャンペーン期間などに施術を受ければもう少し安上がりですみますが・・・基本的にはこの価格のようです。

永久脱毛にあまりお金がかけられないな~という方は、家庭用脱毛機器を買ってしまってもいいかもしれませんね。

永久脱毛は毛のサイクルに合わせて施術をしていくため、毛が生えてくるのを待つ期間は機器が使用できません。

なので脱毛機器をシェアして使うという方法を取っている方もいます。毛の周期を友達とずらすことで、ひとつの機器を無駄なく使用できるんですね。

周りに「永久脱毛したい!」というお友達がいたら、こういったシェアをしてみてもいいかもしれません。そうすれば機器にかかる費用はさらに半額になりますよ!

自分の目的に合った脱毛器で、理想のお肌を手に入れよう!

ひとくちに家庭用脱毛器といっても、価格も機能もさまざまです。

購入する際は、自分がどの部分をきれいにしたいのか、パワーの強さや美顔器機能など、重視する機能は何かを十分考慮しましょう。

自宅で、自分のペースでお手入れして、永久脱毛にも劣らないツルスベ肌を手に入れたいですね。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ