NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年04月26日 更新 | 2,347 views

血液からキレイにして美しく痩せる! えごま油ダイエット

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

えごま油ダイエットは、痩せやすい体になるように食生活から改善するものです。なのでダイエット効果だけでなく、冷え性や便秘、口臭・体臭の解消や、さらには美肌効果まで期待できます。えごま油の効果を活かせる、正しい摂り方を紹介します。

血液をサラサラにしてくれる、オメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸。

これを豊富に含むえごま油をダイエットに使う方法が、注目されました。

えごま油ダイエットは、毎日の食生活にえごま油を少しずつ取り入れて、痩せやすい体をつくります。

つまり、食生活から体質改善を目指すのです!

えごま油で冷え性改善

数種類の油の写真

えごま油に多く含まれているα‐リノレン酸は、血液の粘性に関係しているコレステロールや中性脂肪の塊を溶かして、細胞をエネルギーとして使いやすい状態にします。

そうすることで、消費を促し、血液の粘性を下げてサラサラにするのです。

血液の循環がよくなり、隅々の毛細血管にもスムーズに血流がめぐるようになり、全身でのエネルギー代謝も上がり、冷え性の改善にもつながるでしょう。

全身の代謝が活発になることで、細胞膜の表面が滑らかになり、肌の新陳代謝も盛んになります。

そうすると、肌荒れの解消だけでなく、肌のキメを整えるサポートするので、痩せやすい体になるうえに美肌効果が得られる可能性も。

えごま油で体脂肪分解も促進

ウエストを測る女性の写真

えごま油を摂ることで、α‐リノレン酸は脂肪分解酵素のリパーゼを活性化して、脂肪をエネルギーとして使いやすくします。

これは冷え性の改善に役立ち、さらに脂肪のエネルギー代謝量が増えるので、基礎代謝を上げることにもなり、痩せやすいダイエット向きの体づくりに役立ちます。

えごま油は腸活にも最適

おなかを押さえている女性の写真

最近では、多くの特集が組まれているので、目にしたり耳にしたりすることも多いでしょう「腸活」という言葉。

えごま油ダイエットは、この腸活にも役立つのです

そもそも腸活は、腸のはたらきを活発にすることで、体全体の調子を上げることを目的にしています。

先ほど書いたとおり、えごま油は血液をサラサラにして全身の血液循環を改善し、エネルギー代謝を上げ、冷え性の解消も期待できます。

全身の代謝の改善は、全身の細胞の活性化と同じ意味です。

えごま油は、腸内の細胞膜の表面を滑らかにして、細胞の状態を正常にする効果もあります。

さらに、細胞の活性化と合わさって、腸内の老廃物を排出するためのぜんどう運動を活発にするので、便秘の改善にもつながるでしょう。

えごま油は口臭・体臭の改善にも

口臭を気にしている女性の写真

腸活によって、老廃物がスムーズに体から排出されるので、便秘気味の人には、口臭の改善にもなります。

いい匂いになるというよりは、より無臭に近づくという感じです。

腸内に老廃物が溜まっていると、それが発酵し、やがて腐敗します。この時に出る匂いが、腸内の血管から取り込まれて、心臓へと戻ります。

心臓には匂いまでとるはたらきはないので、そのまま心臓から次の近くの器官である、肺へと血液がめぐります。

肺は呼吸に関する器官なので、息を吐くときに口臭となって外に出ていきます。そこからさらに、全身へと血液が巡るので、体臭の原因にもなるのです。

香りや匂いは、人の脳への印象を強く残すので、えごま油のダイエットで印象も大きく変えましょう

えごま油の正しい摂り方は?

油をかけている写真

えごま油の摂り方は、おもに以下の3つです。

  • そのまま飲む
  • 調理完成品にかけて食べる
  • スープや飲み物に加える

目安としては、1日に大さじ2杯を摂るといいでしょう。

さらに、腸活の効果も十分に得たい人は、夜は22時までに摂るようにしてください。

そうすると、えごま油が排出にもっとも体がはたらく午前4時から正午までに、腸内に作用できるようになります。

えごま油の扱い方で気をつけたいこと

注意を促す写真

えごま油は非常に体に優しい油ですが、その構造は非常に不安定で、特に熱にとても弱いです。

高温や長時間の加熱に用いると酸化が進み、逆に体内で過酸化脂質という、動脈硬化細胞を傷つけて老化を早める物質を大量に生成します。

えごま油が耐えることができる、加熱温度は約140度ほどで、焼いたり炒めたり揚げたりという調理には向いていません。

スープでも長い時間の加熱は禁物で、調理中に使うことは避けましょう

なので使うときは、生のまま、もしくは少し温めるぐらいがちょうどよく、ドレッシングや和えダレ、ヨーグルトに足したり、味噌汁などの汁物に足したりするのがおすすめです。

また、オリーブオイルやアマニ油などと比べて味や匂いのクセがないので、そのまま飲むのもいいでしょう。

えごま油ダイエットで食生活から見直そう!

きれいな女性の写真

えごま油ダイエットは、痩せやすい体をつくるために食生活から改善させるものです。

あくまでも体づくりであって、その過程で3㎏~5kgのダイエットは可能性がありますが、それ以上に体重を減らすのは難しいです。

正しい食生活を続けると、冷え性や便秘、口臭・体臭の解消や、美肌効果に期待ができる可能性もあるので、ぜひえごま油を積極的に摂るようにしましょう!

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46189 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ