NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月10日 更新 | 1,906 views

ほくろ部分も医療レーザー脱毛できる? 料金・適用・注意点について

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

ほくろやシミに生えている毛に、医療レーザー脱毛を行うと、炎症や火傷を負う可能性があります。ですが、その部分に白いシールを貼ったり、ほくろを除去したりして、脱毛することはできます。また、医療レーザー脱毛は、日焼けをしている、妊娠・生理中などの時期は行わないほうが好ましいでしょう。

毎日のムダ毛のお手入れは、面倒なだけでなく、肌を傷めてしまいがち。

エステサロンで行われる光脱毛に比べ、クリニックでの医療レーザー脱毛では、より出力の強いレーザー照射を行うため、少ない回数で高い脱毛効果が得られます

では、医療レーザー脱毛とはいったいどういうものなのでしょうか?

医療レーザー脱毛のしくみ

女性の脚の写真

医療レーザー脱毛とは、黒い色素に吸収される性質の波長のレーザーを皮膚に照射することにより、皮膚表面にダメージを与えず毛母細胞を壊す施術です。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

レーザーは、ロングパルスアレキサンドライトレーザー、ロングパルスNd:YAGレーザー、ロングパルスダイオードレーザーなどが使われます。

ほくろやシミといった、皮膚が黒い部分に照射するとトラブルが起きる可能性があるので、そこを省いて施術することがあります。

しかし、脱毛するからには、きれいにまんべんなくツルツルな肌になりたいですよね。

そこで、ほくろやシミにレーザーが照射されたときの、影響を見ていきましょう。

ほくろやシミ、ニキビ跡にレーザーを当てると

レーザーは黒い色素が吸収するため、毛だけでなく、シミやニキビ跡、ほくろなど色素沈着のある部分にも反応します

特にほくろには、シミよりも多量のメラニン色素を含んでいるので、レーザーは必ず反応すると考えたほうが良いでしょう

小さなほくろや色の薄いほくろの場合は、色がさらに薄くなったり、消えることもあります。

しかし、ほくろの大きさや色の濃さによっては炎症になったり、火傷になってしまうリスクがあるので、必ず事前に医師に相談してみてください。

クリニックで行われているほくろ対応の種類

女性の背中の写真

クリニックで一般にほくろに対しての対応は、2種類あります。

1:そのままレーザー照射

小さなほくろの場合は、そのままレーザーを照射します。ほとんどの場合は、色が薄くなるか、消えてしまいます

照射後にほくろの色が黒くなったときは、ほくろがなくなったり色が薄くなる前の、レーザーに反応している段階だと考えられます。気になるようであれば、医師に診てもらうと良いでしょう。

2:ほくろに白いシールを貼って保護する

大きなほくろや色が濃いほくろ、残しておきたいほくろなどは、小さな白いシールを貼って保護してからレーザーを照射します。したがって、レーザーに反応したり、火傷になる心配はありません

ほくろ部分の脱毛は可能?

困っている女性の写真

ほくろの大きさや形状、色の濃さによって、脱毛が可能な場合とそうでない場合があります

小さなほくろや薄いほくろの場合は、医療レーザー脱毛ができることがあります。とはいえ、火傷などのトラブルを避けるためにも、判断は医師に任せたほうが良いでしょう。

ほくろを除去する

ほくろ部分のレーザー照射ができないと医師に判断されたなら、残る手段はほくろ自体を除去することです。

ほくろを除去することにより、そこの部分から毛も生えてこなくなるケースが大半です。ほくろを取りたかった場合は、一石二鳥ですね。

ほくろ除去の手順

  1. ほくろが悪性か良性かを医師が判断します。
  2. 悪性と診断されたときは手術での切除となりますが、良性の場合はレーザー除去や、くり抜いて電気凝固をします。ほくろ除去には、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)という、脱毛に使うものとは違うレーザーで行います。
  3. いずれの場合でも、局所麻酔をしたあと、処置を行います。

処置後は、ほくろがあった部分が少しへこんだ状態になりますが、数週間から数か月で目立たなくなり、皮膚の赤みも引くでしょう

ほくろ除去にかかる費用

ほくろの大きさや施術方法などで、クリニックごとに費用の設定方法は違います

おおまかな目安としては、1mm程度のものなら5,000円〜10,000円ほどが一般的なようです。

保険が適用されるかは、医師の判断となります。ほくろの状態により「医療措置」であれば保険適用、「美容目的」であれば保険適用外となります

医療レーザー脱毛で気をつけたいケース

医療レーザー脱毛を受けないほうがいい時期があります。

軽い気持ちで施術してしまうと、思わぬトラブルを生む可能性があるので、知っておきましょう。

日焼けをしている

海にいる女性の写真

肌が日焼けをしている期間は、医療レーザー脱毛をしないほうがいいでしょう。

日焼けとは、紫外線から皮膚を守るために、メラニン色素を含む細胞が活発に作られて皮膚表面に現れ、紫外線が皮膚の奥深くに侵入するのを防いでいる状態。

そこへレーザーを照射すると、火傷を負ったような状態になったり、色素沈着してしまうリスクが考えられます。

妊娠中

妊娠中の女性の写真

医療用レーザーの照射は、皮膚表面から数ミリとごく浅い範囲にしか届きません。そのため、基本的には妊娠中の医療レーザー脱毛は問題ないとされています。

しかし、母体にかかるストレスや、ホルモンバランスの変化により脱毛効果が出にくい可能性などで、妊婦さんへの医療レーザー脱毛を控えているクリニックもあります。

生理中

生理中の女性の写真

生理中やその前後の期間は、ホルモンバランスが乱れて皮膚が敏感になっている時期

この期間に肌を刺激すると、炎症や色素沈着などのトラブルが起こる場合があります。

生理中やその前後に肌が荒れやすい人は、脱毛は避けておいたほうが安心でしょう。

また、VIOと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛の場合は、生理中の施術は受けつけていないところがほとんどです

クリニックで判断してもらおう

日光を浴びる女性の写真

自分のほくろやシミがどの程度に当てはまるのかは、自分ではなかなか判断がつきにくいもの。

まずはクリニックに行って医師に診断してもらい、どのような選択肢があるのかを知りましょう。

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43993 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ