NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月02日 更新 | 26,619 views

【連載】 過食症を経験した私の、MAX体重71kgからの軌跡 -食事編-

こんにちは!ちはるです。過食症を経験した私は、インスタグラムで公開ダイエットを始めることにしました。そこで気づいたのは、「栄養バランスの大切さ」。数々の試行錯誤を経てたどり着いた私の「ダイエット中の食事に対する考え方」をお話します。

女性のダイエット写真

こんにちは! ちはるです。

前回の記事では、ダイエットを始めたきっかけや、間違ったダイエットが原因で過食症に陥ってしまったお話をしました。

今回は過食症の症状改善につながった「ダイエット中の食事の仕方」について、お話してゆきたいと思います。

私が過食症に陥った大きな原因は、無理な食事制限でした。

その内容は以下の通り。

  • 1日1~3食をダイエット食品に置き換える、置き換えダイエット
  • 1日の摂取カロリーが基礎代謝を下回るような、カロリー制限
  • 1日の糖質摂取量を60グラム以内に抑える、極端な糖質制限
  • ごはんなどの固形物は一切食べず、酵素ドリンクのみを飲むファスティング

など、身体にも心にも負荷のかかる食事制限ばかりをしていたんです。

食べることが大好きな人が無理な食事制限をすると、たとえ実感がないとしても大きなストレスがかかっているそう。

また、身体はとても正直。

栄養不足を補おうとして、食欲を増加させます

私も最初、そんなにストレスを感じている自覚はありませんでした。

ですがいつの間にかイライラと激しい食欲に耐え切れなくなり、過食を繰り返してしまったんです。

インスタグラムがもたらした転機

インスタグラムの写真

そんな中、なんとか過食の悪循環を食い止めるため、インスタグラムで公開ダイエットを始めました。

食事の写真を掲載するようになると、コメントでいろんな方からアドバイスが。

例えばフルーツとアボカドだけの朝ごはんを載せると、

「おいしそう~! 」「身体に良さそう! 」というコメントがくる一方

これだけだと糖質と脂質が多くて、たんぱく質不足だよ

筋肉が落ちやすくなっちゃうよ

というコメントがきたりもしました。

その頃の私は今以上に知識不足だったので、正直そんなコメントを頂いたときは

「別に聞いてもいないのに…… 細かくてうるさいなー 」と内心思っていました(笑)。

しかし、アドバイスをくださる方のインスタグラムをのぞいてみると、栄養士さんや、ボディビルダーのような方々だったのです。

しっかり勉強をしていてダイエットの知識もあって、結果が出ている方のアドバイスは正しいですよね。

そこからは、コメントのアドバイスをちゃんときくようになりました。

大切なのは栄養バランス

栄養バランスの整ったお弁当の写真

私が間違ったダイエットをしていたとき、食べる量を極限まで抑えて、2週間で5キロ減ったことがありました。

そのときの食事もたんぱく質不足だったのか、一番減ったと感じた部分はバストだったんです。

女性にとってバストはなるべく減らしたくない部分。

炭水化物、たんぱく質、脂質をバランスよく食べるようになると、バストをあまり落とさずに減量できるようになりました。

また、栄養バランスが整い、心身共に健康になったためか、過食症の症状も自然と落ち着いてきたんです。

また食事内容をインスタグラムに投稿することで、客観的に自分の食生活をみることができ、食べ過ぎ防止にもなっています。

実はダイエットの大敵、塩分

減塩の食事の作り方の本

もうひとつ私が気をつけていることは、塩分量です。

以前はカロリーや糖質ばかりに目がいっていて、塩分量はほとんど気にしていませんでした。

濃い味付けの食事が好きだったので、塩分過多で夕方には足の指までパンパンにむくんでいました

なんでもむくむと身体が冷えやすくなり、身体を温めようとしてその部分に脂肪がつきやすくなるのだそう。

そんな時父が心臓の病気になり、医師の指導のもと塩分制限をすることになりました。

その内容は1日の塩分量を6グラム以内に抑える、というものでした。

その日から母は、減塩のごはんを作ってくれるようになりました。

インスタント味噌汁の塩分量は2グラム前後のものが多いのですが、母が作ってくれる減塩味噌汁の塩分量は0.7グラム前後

ダシの良い香りがして、とてもおいしいです。

メインメニューも塩分を減らす代わりに酸味や香りをつけ、物足りなさを感じなくて済むよう工夫をこらしてくれました。

減塩の食事をするようになってから、むくみが劇的に改善されたんです。

本当に痩せている人は、3食しっかり食べている

女性の水着姿の写真

「1ヶ月でマイナス5キロ!○○だけダイエット」

というようなダイエット広告は、テレビや雑誌、インターネットでたくさん出回っています。

なるべく楽して早く痩せたいと思うと、そのようなダイエットに手を出してしまいがち。

でも、インスタグラムで公開ダイエットをしているスリムな方々の投稿を見ていると、どの方も無理な食事制限はしていません。

むしろ3食きちんとバランス良く食べ、食べ過ぎた日はその分運動で解消しています。

スリムな人ほど、1ヶ月に何キロも減らすようなキツいダイエットではなく、無理なく続けられるダイエットをしているんです。

逆に以前の私のように、リバウンドを繰り返してしまう人の多くは、ほとんど運動をせず、早く痩せたいがために無理な食事制限をしてしまいがちです。

インスタグラムで公開ダイエットをしていくうちに、ダイエットで大切なのは痩せることだけではなく、痩せた後も体型をずっと保てるような、健康的な生活を送ることが大切なのだということを学びました。

今は、自分の目標体重になるために必要なカロリーを計算して、その範囲内におさまるよう、栄養バランスと塩分量を考えた食事と適度な運動をするように心がけています。

過食症の症状も落ち着いて、少しずつ減量できるようになりました。

もし無理な食事制限に苦しんでいるのなら、まずは「痩せる」のではなく、「健康になる」ことに焦点をあて、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

written by ちはる

この記事は2016年5月上旬配信予定の【連載】 過食症を経験した私の、MAX体重71kgからの軌跡 -運動編-に続きます。

いち早く連載の更新情報をゲットできる、NICOLY公式のメルマガやLINEをぜひチェックしてください!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

ちはる Profile

軽い気持ちで始めたダイエットから過食症になり、 身長168cmにしてMAX体重は71kg。

増え続ける食欲に焦りを感じていた頃、インスタグラムと出会い公開ダイエットを開始。

たくさんのフォロワーの励ましもあり、過食症の症状が徐々に落ち着く。

現在は栄養バランスを考えた正しい食生活のもと、ダイエットを継続中。

instagramのフォローはこちらから。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44612 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ