2017年12月15日 更新

脱毛したのに毛が抜けない! 医療レーザー脱毛で毛が抜けるまでにかかる時間

医療レーザー脱毛を治療してから毛が抜け始めるまでに、早い人でもおよそ1週間、遅い人だと1か月ほど。また、治療に使用した機器のタイプや、体質などによって毛が抜け始めるまでの時間に差が出てきます。治療後、保湿をして肌の状態を回復させることで脱毛効果アップが期待できます。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

リゾート地への旅行や結婚式など、「大事なイベントのときにきれいな肌でいたい」という理由で、医療レーザー脱毛の治療を希望する人は多いでしょう。

しかし医療レーザー脱毛は、治療したその瞬間に脱毛効果が期待できるものではなく、毛が抜け始めるまでに少しの時間を要します

そのため、毛が抜け始めてくるまでの目安の時間をあらかじめ知っておけば、「きれいな肌でありたい日」から逆算して治療の時期を決めることができます。

では、治療からムダ毛が抜け終わるまで、どれほどの時間がかかるのでしょうか

目次

医療レーザー脱毛後いつ毛は抜ける?

レーザー脱毛の写真

医療レーザー脱毛とはレーザーを皮膚に照射することで、毛をつくるもとである毛母細胞を破壊するという治療

毛母細胞がダメージを受けてから毛が抜け始めるため、時間差が発生するのです

その時間差がどのくらいなのかは、さまざまな原因が考えられ早い人でも治療後およそ1週間、遅い人は2〜3週間ほど経たないと毛は抜け始めません。

太く硬い毛質の人でも、効果を実感できるのは治療後1〜3週間かかると考えておくのが良いでしょう。

この期間に、本当に脱毛できたのか不安になる人がいるかもしれませんが、これはむしろ普通のことなので、気にしすぎないようにしてください。

治療直後に毛が抜ける「ポップアップ現象」とは

医療用レーザーで治療した直後に、皮膚から縮れたムダ毛が飛び出すように抜けることがあります。これを「ポップアップ現象」といい、太く硬い毛に起こりやすいのが特徴です。

それはなぜかというと、照射するレーザー光は黒い色に反応するので、細く薄い毛よりも、メラニン色素を多く含む太く硬い毛のほうが、レーザー光線の熱量をより吸収するためです。

吸収した熱量が毛根から放熱されるときに、毛のタンパク質が変性して縮れて飛び出してくるのです。

1回の治療では全体の2割ほどしか抜けない

治療後1〜3週間で、レーザーを照射した部位に生えている毛がすべて一気に抜け落ちるのではなく、段階的にあちこち抜けていきます。傾向としては、皮膚の代謝の良い部分から先に抜けていくようです。

しかし、照射するレーザー光は毛周期のなかでも成長期の毛にのみ効果が出るため、治療後1〜3週間で毛が抜け始めるといっても、1回の治療で全体の2割ほどの毛しか抜けないと考えたほうが良いでしょう。

そして、この期間に残っている毛がむしろ治療前より伸びているように見えることがありますが、それは毛が成長しているのではなく毛根から毛が浮いてきている証拠。おそらく、その毛は近いうちに抜けます。

医療レーザー脱毛の機器や体質による毛の抜けやすさの違い

脚をさわる女性の写真

毛が抜け始めるまでの時間の違いには、治療に使う機器、皮膚の代謝の活発度、また毛の太さや毛根の状態など、さまざまなことが関係します。

使用する機器による差

医療レーザー脱毛で使われる装置の代表的なものに「ダイオードレーザー」、「アレキサンドレーザー」、「YAGレーザー」の3つがあります。

アレキサンドライトレーザー

日本で多くのクリニックで使われているメジャーな機器。

3つの機器のなかでもっとも短い、755ナノメートルの波長のレーザー光を出します。

レーザー光の波長が短いほどその熱量は大きく、メラニン色素によく反応するため、日焼けした肌やもとの肌の色が黒い人には治療できないかもしれません。

アレキサンドライトレーザーは、毛根が深めの太く硬い毛に強く反応しますが、そのぶんデリケートな部分の治療は少し痛みを感じるでしょう。

また、アレキサンドライトレーザーはレーザー光を照射したあと、冷却ガスを噴射して肌を冷やしながら行うので、火傷を負う可能性が低いのがメリット。

毛が抜けるまでの時間は比較的短く、およそ1〜2週間といわれています。

ダイオードレーザー

アレキサンドライトレーザーより新しく、主流になりつつある機器。

アレキサンドライトレーザーより長い、800ナノメートルの波長のレーザー光を出します。

照射ヘッドについている冷却装置で皮膚を直接冷やしながら治療するため、火傷を負う心配がありません

また、脱毛しにくいといわれる産毛や色素の薄い毛などにも効果が期待できます。さらに毛の色や太さ、肌の色などに関係なく治療を受けることができます

しかし、毛が抜け始めるまでの時間はほかの機器より長く、およそ1か月かかります

YAGレーザー

YAGレーザーの波長は1,064ナノメートルでほかの機器と比べて長く、メラニン色素への反応も弱めのため、脱毛効果をあまり強く実感できません。

しかし、レーザーの波長が長いほど毛根のある皮膚の奥まで届きやすいため、毛根の深い毛の治療に向いています

YAGレーザーは皮膚表面の色素に反応しにくいため、日焼けした肌やもとが黒い肌にも使用できるとされていますが、肌が炎症を起こしている場合は治療を断られる可能性があるので、医師に相談してみてください。

YAGレーザーで治療して、毛が抜けるまでかかる時間は2週間ほどです。

体質による差

ポップアップ現象が起こらなかった毛は、時間をかけてだんだんと毛穴から押し出され、最終的には抜けます。

そのため、皮膚の代謝が遅い人は抜けるまでの時間が長くなることがあります。

また、それまでのムダ毛の処理にカミソリや除毛クリームなどを使っていた場合は、毛根が古いので、毛が抜けるまでより時間がかかります。

一方、毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックスなどを使って処理していた場合は、毛根が新しいため、毛が抜けるまでが比較的早いようです。

さらに、敏感肌の人や肌の色が黒い人、デリケートな部位などへの照射のときは、レーザーの出力を抑えることがほとんどで、効果が出にくくなります

日々のケアにより脱毛効果は異なる?

カミソリで処理している女性の写真

ほかにも、治療から毛が抜けるまでの時間の長さは、治療後のケアによっても差が出ます。脱毛効果を早く得たい人は治療後のケアにも注意が必要です。

医療レーザー脱毛の照射が効果を発揮するのは、成長期の毛のみです。

退行期や休止期の毛根が成長期になるのを待って、あらためてアプローチしなければ脱毛ができないため、複数回の治療が必要になるのです。

しかし、医療レーザー脱毛の治療後に生えてきた毛を無理やり抜いてしまうと、その毛の毛周期が狂ってしまい、その後の治療の効果が得られないことがあります。

なので、毛根を傷つけず、カミソリよりも肌への負担が少ない電動シェーバーでの処理が理想的でしょう。

保湿は脱毛効果アップ

治療後の肌は軽い炎症状態で、乾燥しやすくなっています。

そのため、こまめに保湿して肌の状態の回復を促すことが、毛を抜けやすくすることにつながるのです。

また、十分に潤っている肌にはレーザーも浸透しやすいため、保湿した肌を保っておくと次回の治療のときにより大きな効果を得ることができるかもしれません。

毛が抜ける期間は最短でも1週間!効果は機種や体質、日ごろのケアが関係

笑顔の女性の写真

医療レーザー脱毛後は、なにも変化はないと落ち込む人も多いかと思いますが、脱毛効果は最短でも1週間後から。

そのため、毛が抜け落ちるまで気長に待ちましょう。

また脱毛の効果をしっかり得るためには日ごろのケアも重要です。脱毛効果を高めるためにも、十分なケアができる余裕のある時期を選んで治療すると良いでしょう。

医療脱毛はアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーで行うことがほとんどです。

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも脱毛効果は弱いですが痛みが圧倒的に少ないというメリットがあります。

脱毛を考えている方はそれぞれのメリット・デメリットを十分に理解してから検討しましょう。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医療脱毛・レーザー脱毛の施術を受けられるクリニック

  • 東京新宿駅東口より徒歩3分
  • 全身脱毛5回コース月々13,000円×24回

リゼクリニック 新宿院の詳細

  • 大阪谷町線 東梅田駅から徒歩1分
  • 脇脱毛 1回1,000円

湘南美容外科 大阪駅前院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩2分
  • VIO脱毛5回コース99,800円

リゼクリニック 福岡天神院の詳細

医療レーザー脱毛の施術を受けられるクリニックを探す

  • 四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

理事長・院長 田牧聡志

田牧聡志

理事長・院長 / 監修記事 (1)

ティーズクリニック形成外科

総院長 兼 郡山院長 石原信浩

石原信浩

総院長 兼 郡山院長 / 監修記事 (1)

タウン形成外科クリニック

サイトメニュー