NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月06日 更新 | 2,381 views

どこでも買えてお手軽! 大豆ダイエットの効果とやり方、注意点は?

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

素材そのままや、納豆や味噌や豆腐というさまざまな形で、大豆を利用するのが「大豆ダイエット」。では大豆は、どのようにダイエットに利用していくのがいいのか? ダイエット以外にも得られる効果は何かあるのか? などについてくわしくお教えします。

最近では「畑の肉」としてヘルシー志向の人達に人気が高く、海外でも注目を浴びている大豆製品。

身近で、お手頃に手に入るものなので、ダイエットで取り入れるにはぴったりです。

では、大豆や大豆製品は、どのように用いればダイエットやそのほかのうれしい効果を得られるのでしょうか?

大豆ダイエットとは?

ウエストのお肉をつまむ女性の写真

大豆ダイエットには色々な種類があり、すぐに思いつくだけでも下記のようなものが挙げられます。

  • おからダイエット
  • 納豆ダイエット
  • 豆腐ダイエット
  • 豆乳ダイエット
  • 炒り大豆ダイエット

このなかでも、大豆の力をもっとも多く得ることを考えるなら、炒り大豆ダイエットを強くおすすめします。

炒り大豆ダイエットの方法

炒り大豆の写真

炒り大豆ダイエットは、食事だけでなく、おやつの代わりにもなる置き換え食ダイエットです。

イメージは、節分でまくあの豆です。ポリポリとした食感で、香ばしさもあり、普段から好んで食べる人も多いのでは?

炒り大豆は、油を使わずに乾煎りする方法や、アルミホイルに広げてオーブントースターで焼くという方法で簡単に作ることができます。

また出来合いのものでも100gで100円ほどなので、コストの面でもメリット大といえます。

ダイエットに効く、大豆の4つの成分

ウエストにメジャーを当てる女性の写真

大豆ダイエットでは4つの成分が効果を発揮していて、それはイソフラボン・大豆ペプチド・サポニン・大豆オリゴ糖の4種類です。

では、それぞれにどのようなはたらきがあるのか、くわしく見ていきましょう。

美しく痩せられる!

大豆に含まれているイソフラボンは、体内に吸収されると、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似たはたらきをし、同時にエストロゲンの分泌も促進します。

エストロゲンには骨の破壊を抑制して、カルシウムが骨に沈着するのを助ける作用があるので、ダイエットによる骨粗しょう症の予防に効果があります。

また血管の収縮を抑制して、血液の流れを良くすることで、脳の血流を改善して不安感やイライラを緩和します。

ダイエットに向いた体づくりをサポート

大豆ペプチド(=アミノ酸が数個~数十個連なったもの)は、タンパク質よりも分子量が小さく、吸収が速いのが特徴です。

大豆のアミノ酸スコア(体内に取り入れた時の食品のアミノ酸利用効率)は86と、動物性のタンパク質源に対しては14ほど数値が低いのですが、ふh脂質やコレステロールが肉類に比べて低く、かつ痩せやすい体を作るために必要なタンパク質*をしっかり摂ることができます。

苦みで体の内側をキレイに

大豆に含まれているサポニンは、乳化(=水と油を混ぜあわせる)作用があり、摂り過ぎた余分な脂肪を吸着して、体内に吸収される量を抑えます。

さらに吸収した糖質が中性脂肪に変換されるのを抑制して、体脂肪の増加を防ぎます。

また、サポニンの持つ血管の拡張作用によって、毛細血管が特に拡がり、細胞へのエネルギーの取り込みと消費が増えるので、基礎代謝の上昇や冷え性の改善につながり、ダイエットに向く体づくりに役立ちます。

腸内細菌も元気に!

大豆に含まれている糖質の中には、大豆オリゴ糖という大豆特有のオリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は食品中に含まれている糖が数個くっついたもの。

通常の糖質と違う構造になっており、胃液やすい液などの消化酵素の影響を受けにくく、腸内まで届きます。

そして、腸内細菌によって初めて分解・吸収され、自身の体ではなく腸内細菌のエネルギーとして使われます。

さらに、大豆オリゴ糖には「他のオリゴ糖よりも少量で腸内細菌を増やす効果が高い」という特徴もあります。

腸内細菌が活性は便通改善につながるので、ダイエットの大敵の便秘の解消に役立ちます。

大豆のダイエット以外への摂取メリットは?

大豆には体の免疫に重要なナチュラルキラー細胞を活性化して、ダイエット時に落ちやすくなる免疫力の低下を防ぐ効果があります。

また、体の老化を早めてしまう過酸化脂質は、肝機能を阻害してしまうのですが、肝機能の低下はダイエットだけでなく、日々を健康に過ごすための全身の代謝の低下にも関与します。

そこで抗酸化力の高い大豆を摂取することで、美しくてスリムというだけでなく、健康的な体も手に入れることができるのです。

大豆ダイエットで気をつけること

髪に描かれたたくさんのエクスクラメーションマークの写真

大豆ダイエットはとても簡単で、手軽に食事やおやつに取り入れることができます。

ただし、効果を求めすぎて一度にたくさん食べると、繊維質と大豆オリゴ糖の摂り過ぎで、便秘あるいは下痢症状が出て、お腹を痛めることがあります。

便秘も下痢もダイエットには大敵なので、摂る分量にはくれぐれも気をつけて下さい。

体づくりができたら、運動も始めよう!

大豆ダイエットは、これだけで大きく体重を減らしたり、劇的に体を締めたり、というものではなく、運動と組み合わせることでパワーを発揮するものです。

大豆ダイエットを続ければ、全身の代謝や血流を改善してエネルギーを消費しやすい体になり、簡単な運動でもこれまで以上に高い効果が得られます。

ぜひ上手に取り入れて、めぐりのいい痩せやすい体を手に入れましょう!

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43193 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ