NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 10,527 views

「処女」が恥ずかしくて、恋愛に臆病になってしまった私 [体験談]

中学生の頃に両思いになった彼と初めてお付き合いをしたのに、彼から「明日キスしてもいい?」と聞かれ、ファーストキスに理想があった私は気持ち悪いと感じて一気に幻滅してしまいました。しかし大学まで勉強一筋だった私は周りとのギャップに焦り始め、経験のあるフリをする為にメイクや服装でごまかすようになりました。

公園で紙で作ったちょうちょを飛ばしている女の子出典:We heart it

私は小学生の時から結構モテる方で、色々な男の子から告白された経験がありました。

自分で言うのもなんですが、確かに周りの女子と比べると私は一番可愛かったと思います。

しかし、その時の私はまだ恋愛に興味がなかったので告白されてもすべて断っていました。

そして私が中学生になると、さらに男子生徒からモテるようになりました。

3クラスあったのですが、すべてのクラスの男子は、私に好意があるらしく一時はファンクラブもできるほどでした。

「私ってモテるのかもしれない」

有頂天になった私は、今思えば調子に乗っていたのかもしれません。

学年で一番可愛いということに誇らしさを感じていました。

初めて出来た彼氏

スマホから反射して虹色の光が目に当たっている女性出典:We heart it

中2になると、私が以前から片思いしていた男子から告白され付き合うことになりました。

生まれて初めて男子と付き合い、生まれて初めて男子と一緒に帰る。

最初は何もかもが全てだったので、ドキドキの毎日でした。

彼も私のことを大切にしてくれました。

そして付き合い始めてから8ヶ月が経った頃のことでしょうか。

夜に彼氏とメールでやり取りをしていた時に、彼氏がふと私に質問をしました。

「ねぇ。明日キスしていい?」

私はこの言葉を聞いてゾッとしました。

普通なら大好きな彼氏に言われて嬉しい!と思うものなのでしょうが、私の場合は

気持ち悪い。

という感情しかありませんでした。

ファーストキスは私にとって大事なもので、昔から私は登下校中にふいにキスをされるのが夢だったのです。

なんで前日の日にキスをして良いか聞かれなければいけないのか、こんなんじゃ明日ドキドキすることもなくファーストキスをすることになるのか。

私は自分がファーストキスに対して抱いていた理想とあまりにもかけ離れた質問をされたので、次第に苛立ちを覚えるようになりました。

25歳になった今では「なんだ、そんなこと」と思うようなことだったのですが、中学生の頃の私はまだ純粋だったので、こんな小さなことに腹をたてていたのです。

もちろん答えはノー。

キスをして良いかなんて聞くものじゃないよと言いました。

彼氏はゴメンねと言いましたが、その後の私たちの関係には壁ができてしまいました。

それから2ヶ月後、私たちは自然消滅をしました。

付き合うことへの恐怖

ビルの屋上からたくさんのビルが建っている都会を見つめている女性出典:We heart it

中学生の頃に付き合った彼氏はそれ以降おらず、しばらくは彼氏はいらないと思っていました。

それからは何事もなく中学生活も終わり、私も高校生になりました。

高校生になると周りの友達は、一層に興味を持つようになりました。

私はセックスなどには全く興味がありませんでした。

むしろ嫌煙すべき行為だと思っていたので、友達が彼氏とセックスをしたという話を聞くたび気持ち悪いと思うようになりました。

といってもやはり恋には興味があって、当時流行っていた「恋空」のような純愛がしたいと思っていました。

ただ私はセックスに興味がない男子限定で付き合いたいと思っていました。

そして高校生になって1年が過ぎようとした時に、隣のクラスの男子生徒から告白されました。

私は一瞬苦い中学生時代の頃を思い出しました。

またあの時のような思いをするのではないだろうかと思いましたが、その時の私は恋がしてみたいという思いの方が強かったので、その時は付き合うことにしました。

しかし元々自分から好きになって付き合ったわけではなかったので、毎日連絡を取り合うのが面倒になって1ヶ月もしないうちに別れてしまいました。

あの時の私はおそらく恋愛には興味があるけど、少し恐怖心を抱いていたのでは?と思います。

キスをするのも、セックスをするのも怖くて、そういう関係になるのが嫌だったのです。

その彼氏と別れたあとは、ひたすら勉学に努めました。

友達が付き合って別れてを繰り返している間、私はひたすら勉強をしていました。

いっぱい勉強をして、憧れの大学に入学して、その大学で付き合った人と初めての経験をすれば良いと思っていました。

それから私は無事に大学に合格を果たし、憧れだったキャンパスライフを送ることになりました。

セックスの経験がないという恥ずかしさ

お洒落をしてデートに向かおうとしている女性出典:We heart it

大学に入学をすると、周りの同級生は大人びた人が増えて私は少し子供のように見えました。

何で私はこんなに可愛くないんだろう?

今まで自分が一番可愛いと思っていたのに、周りを見渡せばもっと可愛い人がいるということに気づいたのです。

どうすればもっと可愛くなれるのかを試行錯誤した結果、ギャルになろうと決意をしました。

当時西野カナが人気で、ヒット曲を連発していて私もこんな風になりたいと思ったのです。

そこで私はさっそくギャル雑誌を読みあさり、ファッションやメイクの勉強をすることにしました。

ギャルのように明るい髪型で、バッチリ化粧をして、そうすることで新しい自分を見つけたような気がしました。

しかしただ自分の見た目を変えても、今までの平凡な生活とは何ら変化はありませんでした。

高校生の頃はずっと勉強ばかりの毎日だったので、大学生になったら、誰かと付き合って青春を謳歌するはずだったのに、彼氏ができるどころか私は男子とも話すことさえままならなかったのです。

しかし私の友達はもうセックスの経験をとうに果たしており、いつも話題になるのはそういった話ばかり。

大学生にもなって、まだそういう経験がないということを恥ずかしくて誰にも言えませんでした。

なので私も友達に合わせて自分もセックスの経験がある振りをしていました。

確かに見た目がギャルなこともあって、私は誰からも疑われることはありませんでした。

そうやって事実をひた隠しにしていることと、大人になってもまだなお経験がないことに、焦りを感じ始めました。

夜の橋の上で失恋で今にも泣き出しそうな女性出典:We heart it

そして大学生になって3年が経ったとき、当時私が所属していたバトミントン部の後輩に突然告白をされました。

その後輩は学年でトップの人気があったので、私のことなんか興味もないだろうと思っていたので本当にビックリしました。

こんなにカッコいい男性から告白をされて、振るのはもったいないなという思いから、私は告白を受けることにしました。

彼は付き合い始めてから、とにかく優しく接してくれました。

そこらへんの性に盛んな男子とは全く違っていて、大事に大事にしてくれたのです。

付き合って半年経っても彼はキスさえしてこようとはしませんでした。

そんなある日、彼と以前の元彼の話になったときに質問をうけました。

「今まで彼氏がいたなら、もうセックスの経験ってあるよね?」と。

私はまさかないよ!とも言えなかったので、コクリと頷いてしまいました。

そうすると彼は少し落ち込んだような顔をしていました。

一度嘘をついてしまったことで、私は後に引けなくなってしまい、それ以降も彼の前で私は偽ったふりをしないといけなくなりました。

そんなある日、私は彼から大分に温泉旅行へ行こうと誘いを受けました。

一泊二日の温泉旅で、男女2人が屋根の下。

絶対に何もないわけがありません。

私は経験があると彼に思われているので、そういった行為になった時どうなるのだろう。

もし彼にバレたらどう思われるのだろうか、大学中の噂になってしまうのだろうか。

私は一気に不安が押し寄せてきて、次第に彼と一緒にいることが、嫌になってしまいました。

処女だとバレる恐怖心と羞恥心で、私は温泉旅行の誘いを断りました。

そしてその1週間後、私は彼と別れることにしました。

もう彼氏を作るのに飽き飽きしてしまい、それ以降は一切彼氏を作らないようにしました。

他の人からしてみれば、そんなの気にする必要ない、処女なんてむしろ男性からしてみれば嬉しいだろうと思われるかもしれません。

しかし私はある一線を越えてしまう恐怖と、処女だとバレてるしまう恥ずかしさでいっぱいだったのです。

初めて大好きになった人

海に来て笑顔で正面を見つめている女性出典:We heart it

それから私は誰にもこの悩みを打ち明けられずに、そのまま大学を卒業し、一般企業に入社しました。

社会人として働き始めると周りの同期や先輩は、みんな仕事の話ばかりしかしなかったので、私はある意味で救われました。

もう余計なことを考えなくて良いんだという安心感がありました。

そして、入社して間もなくの頃。

私は経理事務として働いていたのですが、当時私の教育係として担当についてくれた人に私は一目惚れをしてしまいました。

初めて一目惚れをして、こんなに男性のことを魅力的に感じたことはありませんでした。

優しく指導をしてくれて頼り甲斐のある先輩に、私は毎日心惹かれていきました。

もっと先輩のことを知りたい!

大学の時に、もう恋なんてしないと固く心に誓ったはずだったのに、先輩と会ってからあっけなく変わってしまったのです。

私はその後新入社員の歓迎会の時に、先輩にアドレスを聞くことにしました。

先輩は最初驚いた様子でしたが、満更でもなかったようですぐに教えてくれました。

それからというものの、私は先輩に好かれるために一生懸命努力をしました。

どうすれば可愛いと思ってもらえるのか、どうすれば付き合ってもらえるのか。

色々と努力を積み重ねているうちに、先輩が私を見る目が次第に変わっていき、女性として接してくれるようになりました。

「これなら付き合ってもらえるはずだ!」

私は一世一代の覚悟で先輩に告白すると、先輩も、

「いいよ」

と言ってくれました。

私は誰かと付き合うことにこんなに幸せを感じたのは初めてでした。

この先もずっと一緒にいたい、結婚をして彼の子供がほしい!と思っていたのです。

しかし私はまだ処女。

彼と付き合う上で私にはまだ大きな壁が立ちはだかっていました。

ついに処女から抜け出した私

ベットでくつろぎながらテレビを見ている女性出典:We heart it

先輩と付き合い初めて1ヶ月が経った頃。

私は彼の家へと遊びに行くことになりました。

彼は一人暮らしだったので、セックスをする可能性はあるかもしれないと思いました。

しかし今までなら、この時点で「別れたい」とか思っていたのに、彼の場合は全くそんな風には思いませんでした。

自分でもこんな気持ちになったのは初めてでした。

むしろ、もうバレてもいいやと思っていたのです。

そしていよいよ彼の家に着いて、部屋にあがりました。

目の前には大きなベッドがあって、私はすでに心臓がバクバク高鳴っていました。

彼の部屋では映画を見ていたのですが、もう気が気ではなく、全く映画に集中することができませんでした。

すると映画が始まって30分くらいたったころに、急に後ろからぎゅっと抱きしめられキスをされました。

私はキスをするのも初めてだったので、頭の中はもう真っ白でした。

「これはセックスの流れかな」

私はそのままベッドに倒されてしまいました。

私は嬉しいという感情の反面、バレてしまったらどう思われるのか不安になっていました。

そしていよいよ行為が始まって、私はもう体をすべて彼に預ける形となっていました。

もうなされるがままだったので、何をされていたのかも覚えていませんが、途中で出血をしてしまい彼はびっくりして私に聞きました。

「ごめん!痛かった?」

私はびっくりして、とっさに

「違うの。久しぶりだったから血が出てしまったのかも」

と意味が分からないことを言ってしまいました。

しかし彼はそれで納得をしたようで、その後はとても優しくしてくれました。

私は処女だということがバレてしまうのではないかと思っていたのですが、意外にバレることもなく無事に私の初体験は終わりました。

初体験を終えて感じたこと

愛する我が子に高い高いをしてあげている様子出典:We heart it

セックスをするまでは、そういった行為が汚らわしいものだと思っていたのですが、大好きな彼の愛情を感じることができるものだと分かりました。

それからは一気に私の殻が破けて、セックスに対して嫌悪感を抱くことはなくなりました。

現在25歳になりますが、今その先輩と結婚をし0歳になる子供がいます。

私は彼と出会う前は自分が処女だということを、常にひた隠しにしようとする余り、付き合うことが面倒なことだと思っていました。

しかしそれは誤っていました。

本当に心から好きだと思える人には、自分の知られたくない部分もバレてもいいやと思えてしまうのです。

処女だから早く初体験を終わらせようとしないで本当に良かったと思います。

初体験は焦らず自分の好きな人とするのが一番です。

written by ra0910

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43614 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ