NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 15,564 views

意外と知らないロコイド軟膏の基礎知識

薬剤師 清水葉子

この記事は、薬剤師 清水葉子が監修しています。

ロコイド軟膏とは湿疹、蕁麻疹(じんましん)、かゆみの治療に使われ、赤ちゃんから年配の方まで処方されます。でも、ロコイド軟膏は、ステロイド外用薬の一種。その副作用には皮膚の炎症や粉ふきといった症状があります。とはいえ、ロコイド軟膏はステロイドのなかでも弱い部類で、副作用が起こる割合もかなり低いんです。

洗濯バサミ

赤ちゃんや子どもの湿疹や蕁麻疹に使われるロコイド軟膏。

今回はロコイド軟膏を使う前に知っておくべき基礎知識をまとめました。

1. 「ロコイド軟膏」は製品名

ロコイド軟膏と聞くと「ロコイド」という成分が入っているのではないかと勘違いしがち。

でも、ロコイド軟膏の主成分は「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」というステロイド系の成分です。

そこに、不純物が少なく皮膚刺激性が低い高品質の白色ワセリン「サンホワイト®」が使われています。

ロコイド軟膏とは、鳥居薬品株式会社が製造している製品の名前なんです。

2. ロコイド軟膏は湿疹や蕁麻疹の治療薬

ロコイド軟膏は、湿疹や蕁麻疹、軽度のアトピーに使われ、炎症や痛み、かゆみを抑える効能があります。

特長は、赤ちゃんやこども、お年寄りでも使うことができること。

粘膜には塗布できませんが、顔や首などにも塗布することができます。

3. ロコイド軟膏はステロイド外用薬の一種

ロコイド軟膏の主成分「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」は前述のとおりステロイド外用薬の一種です。

ステロイドとはアトピーの治療に使われることが多く、炎症やかゆみを抑えてくれる一方、使い方を間違えると副作用が出ることもあります。

4. ロコイド軟膏の副作用は軽い

ステロイドには、その効果の強さによって5段階のレベルがあり、ロコイド軟膏は下から2番目のⅣ群にあたります。

一般的に、ステロイドの作用が強いほど副作用も強いので、副作用も軽めのものになります。

とはいえ、ロコイド軟膏にまったく副作用がないわけではありません。

メーカーの鳥居薬品株式会社のサイトによると、

皮膚炎 
乾皮様皮膚(皮膚が乾燥し、粉をふく症状) 
ざ瘡様疹(ニキビ)

出典:ロコイド軟膏インタビューフォーム

といった副作用が起きる可能性があるとか。

これは、約19000例にも及ぶロコイド軟膏の安全性テストで発生した副作用のトップ3。もちろん、ほかの副作用が出る可能性もあります。

5. ロコイド軟膏は副作用が出にくい

また、ロコイドの副作用は比較的軽いだけでなく、現れる可能性が低いのも特長。

ロコイド軟膏の安全性を確かめるためのテストでは、副作用が出たのは全体約19000例のうち0.3%でした。

ロコイド軟膏は安心して使えるステロイド

ロコイド軟膏は、赤ちゃんの乳児湿疹などにも使えるほど安全なステロイド軟膏で、比較的安心して使える薬ではありますが、副作用がでることもありますので、医師の説明に従い用法用量を守って使いましょう。

ロコイド軟膏の正しい使い方などは赤ちゃんにも使えるコロイド軟膏の効能と注意したい副作用を見てみてください。

image via Shutterstock

written by nopaso

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ