NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 1,405 views

エステ脱毛と医療脱毛の違いをとことん比較して、ムダ毛とサヨナラしよう♡

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

エステで受ける脱毛と、クリニックで受ける脱毛って何が違うの? という人に! 施術方法から、脱毛効果、費用にいたるまで徹底比較! エステ脱毛は「おだやかな作用だけど、サロンならではのサービスを受けられる」、医療脱毛では「安全に施術を受けられるけど、痛みを感じやすい」など、それぞれにメリットやデメリットがあります。

脱毛の施術のイメージは、どちらもベッドの上に横たわって目に保護マスクをして、何やら光でパチパチ……

「エステ脱毛も医療脱毛も同じなんじゃないの?」

「でもかかるお金ぜんぜん違うよね?」

「雑誌や広告で目にするのってエステじゃない? でも医療レーザー脱毛の方がいいっていう声も多いよね」

……というわけで、知っているようで知らないエステ脱毛と医療脱毛の違いを、比較しながら理解していきましょう!

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

エステ脱毛に関しては、医師法や厚生労働省の通達との整合性の問題があります。

エステ脱毛と医療脱毛の大きな違いは、使うことができる機材

脱毛の仕組み

エステ脱毛も医療脱毛も、光の「黒色は全ての波長の光のエネルギーを吸収し、熱のエネルギーに変換することができる」という特性を利用して、脱毛を行います。そして、その大きな違いは、当てる光の種類が異なるということです。

医療脱毛はレーザー光を、エステ脱毛ではIPL(Intense Pulsed Light)を使って施術します。

〈レーザー光とは〉

レーザー脱毛の写真

レーザー光というのは、無数の波長を持つ光で構成された「自然光」の中から、ある特定の波長を持つ光だけで構成された単一波長の光です。

光の波長は使用される機器にもより異なりますが、美容医療領域で使われる500nm〜1,200nmのいずれかの波長を持つレーザー光が一般的です。

<おもに医療脱毛で使用されているレーザー光>

  • ルビーレーザー:694nm
  • アレキサンドレーザー:755nm
  • ダイオードレーザー:800nm
  • YAGレーザー:1,064nm

※1nm(ナノメートル)は1/1,000,000mm

光は、波長が短くなるほどエネルギーが大きくなる、という特性があります。

そして、人体に対して安全に利用することができる波長のうち、より高い波長の光を作り出し、利用しているのが医療レーザー脱毛機器です。

〈 IPLとは〉

IRL脱毛の写真

IPLとは、「Intense Puled Light」と呼ばれる、自然光から肌に対して有害な紫外線成分をカットした光です。

レーザー光とは異なり、500nm〜1,200nmのすべての波長成分を持っています。

イメージとしては、カメラのフラッシュ光のように強い光から紫外線成分をカットしたものです。

レーザー光と比較して、単一波長でないため光全体が持つエネルギーが低くなってしまいます。

〈なぜIPLはエネルギーが低くなってしまうの?〉

レーザ光とIPLを硬貨に例えてみたいと思います。

それぞれの脱毛機器で1回で照射される光のエネルギーを6枚の硬貨に例えます。

医療レーザーは500円玉硬貨を6枚持っているのに対して、IPLは1円~500円硬貨をそれぞれ1枚ずつ持っていることと同じです。

合計すると、前者が3,000円なのに対し、後者は666円ですね。

つまり、同じ出力レベルであっても、IPLは波長の幅を持った光であるのに対して、レーザー光は単一の波長のみの光で構成されているため、効率よく照射することが可能なのです。

※実際の光のエネルギーはもう少し複雑です。

ところで、医療脱毛の「医療」とは?

医師と患者のカウンセリングの写真

医療脱毛で使用する脱毛機器は、高いエネルギーを持つレーザー光を使用したものだということを説明しました。

医療レーザー脱毛機器は、人体に対しては安全に設計されているとはいうものの、レーザー光の照射により毛母細胞を焼灼することができるほどのエネルギーを持っています。

ですので、使い方を誤ると思わぬ怪我や事故につながる危険性があります。

厚生労働省は、美容目的で使用される医療レーザー脱毛機器も「医療機器」と定め、これらを使うことができるのは、医師と定めています。

昭和59年11月13日及び昭和63年2月4日に、いわゆる『永久脱毛』行為について、厚生省・医事課より 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」との回答が出されており、 医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

出典:日本医学脱毛協会

「永久脱毛」をしたいのなら医療機関を選ぼう

脱毛の仕組みは、何かしらの手段を用いて「毛母細胞を破壊する」ことで脱毛効果を得るというもの。

しかし、この効果は、光を用いた脱毛方法のなかでは医療レーザー脱毛でないと得られません。

なぜなら、IPLでは完全に毛母細胞を破壊するために必要なエネルギーを出すことはできないためです。

永久脱毛 = 医療脱毛(医療レーザー脱毛)

つまり、私たちが「永久脱毛」をしたいと考えた場合、医療脱毛でしか施術を受けることができないということです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

『永久脱毛』といっても、毛が1本も生えてこない訳ではありません。色々な定義がありますが、日本医学脱毛協会の定義では、『2~3年の治療を行ったところ約90%の人に6ヶ月~1年以上の脱毛効果がみられたもの』です。

エステ脱毛でできるのは、「減毛」

レーザ光の波長とIPL出典:聖心美容クリニック 美容皮膚科

永久脱毛とは、AEA(米国電気脱毛協会)にて定義されているもので
脱毛施術1ヶ月経過後に毛の再生率が20%以下の状態のことを指します。

出典:Patolaqshe

医療レーザー脱毛は、レーザー光を使い、一気に毛母細胞を焼灼(焼くこと)し、破壊する施術方法です。

毛母細胞を確実に破壊するので、高い確率で脱毛効果が実感できるというのも医療脱毛の特徴です。

エステ脱毛で受けるIPLでの施術は、毛母細胞の「焼灼・破壊」ではなく、「ダメージを与える」程度に収まるので、脱毛効果は医療脱毛と比較し緩やかで、永久脱毛というよりは減毛と言ったほうが正しいかもしれません。

IPLは焼灼、破壊に至るに十分なエネルギーではないため、破壊しきれなかった毛母細胞が次の毛周期に入ってしまい、再び発毛するということも考えられます。

そして、これがエステ脱毛で「効果がなかった」という声につながっているとも考えられます。

エステ脱毛のメリットとは?

それでは、エステ脱毛のメリットについてくわしく見ていきましょう。

エステならではのアフターケアを受けられる

医療脱毛と比べて脱毛効果は劣るように感じてしまうエステ脱毛ですが、エステ脱毛にはエステ脱毛でしか受けることができないメリットもたくさんあります。

IPLでのエステ脱毛は、レーザー光による医療脱毛と比較し毛母細胞へのダメージが少ない分、施術時の痛みが少ないという特長があります。

照射される光のエネルギーがレーザー光と比較して低いということは、肌に対するダメージも少ないということです。

また、照射されるIPLには美肌効果に効果的だとされる波長の光も含まれているので、施術部位によっては思わず美肌効果も得られたというようなこともあるようです。

施術時の特別感を味わえる

何と言っても医療機関では味わうことがなかなかできないのが特別感。

施設内のインテリア、雰囲気、香りに至るまで、女性の美的感覚を刺激するよう工夫されているところが多いのが魅力です。

サロンに1歩足を踏み入れた瞬間から、特別な気分を味わえるのではないでしょうか。

さらに、エステ脱毛で得られるのは特別感だけではありません。

施術後に肌のダメージケアのためにオリジナルの保湿剤等を使用したマッサージを提供してくれるエステサロンもあります。

脱毛+αの施術を受けることができるというのが、とてもうれしいですね。

基本料金だけなら、医療脱毛よりリーズナブル

  • エステ脱毛……全身脱毛6回コース 約20万円〜
  • 医療脱毛……全身脱毛6回コース 約40万円〜

エステ脱毛と医療脱毛を料金で比較すると、回数設定プランだけで比較した場合、エステ脱毛の方が医療脱毛に比べてリーズナブルな料金設定であることが多いようです。

エステ脱毛のデメリット

パワーが弱い分、回数がかさむ

医療脱毛ではその高い脱毛効果から、規定回数で満足のいく脱毛効果を得られることが多いようですが、エステ脱毛は「効果が穏やか」であるため、規定回数で満足のいく脱毛効果が得られないこともあるとのこと。

場合によっては、医療レーザー脱毛の倍ほどの回数になることがあるようです。

そのため、「延長プラン」というプランや、または回数を設定せず、”満足がいくまで”続けることができる「月会費制」というシステムを導入する脱毛サロンもあるそうです。

医療脱毛のメリットとは?

病院の処置室の写真

有資格者が施術するため、安心

最近では、クリニックと提携している脱毛サロンもあるようですが、「トラブルが起きたときの対応の早さ」でいえば、医療機関の方が勝っているでしょう。

脱毛の施術では、火傷などのトラブルが起きることもあるため、適切な判断や施術をしてもらえるというのは重要なことです。

敏感肌やアトピーなどの肌トラブルがあってもOK

敏感肌やアトピーなどで肌トラブルを持つ人にとって、肌の露出が増え、汗もかく時期はとてもつらいものです。

ムダ毛の処理をしたくても、カミソリ負けをしてしまって真っ赤になってしまって……、かと言って脱毛クリームやワックスは使えるわけもなく……そんな悩みを持つ人には、医療脱毛がおすすめです。

敏感肌やアトピーの人にとって、自己流のムダ毛処理は肌に繰り返しダメージを与えてしまい、肌の状態を悪くしてしまうことがあります。

これは、トラブルがない肌の人にもいえることですね。

そんなとき、医師が常駐する医療機関で医療脱毛を受けることで、肌へのダメージを防ぐことができるのです。

医療機関では、肌のコンディションに合わせてレーザーの出力を調節できるため、安全に施術を受けることができます。

ただし、肌荒れが悪化しているときには、施術ができないこともありますので、カウンセリングで医師に確認してみましょう。

少ない回数で効果を実感できる

医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べて脱毛効果がとても高いのが魅力です。

なかには、一度の施術で満足できてしまう人もいるそうなので、驚いてしまいますね。

また、毛が硬くて太い人は、医療レーザー脱毛でないと思ったような効果が得られないということが多いようです。

医療脱毛のデメリットとは?

痛みを感じることがある

インターネットで医療脱毛、永久脱毛、医療レーザー脱毛と検索をすると「痛い」「痛み」というキーワードが出てきます。

医療レーザー脱毛では、効果がしっかり得られるのと同時に、毛母細胞を焼灼するために発生する熱による、「痛み」がつきまとうのも事実です。

脱毛効果と痛みとの関係は切っても切り離せないものなのです。

しかし、最近では、痛みをできる限り抑えることができる機器が開発されたり、麻酔薬を使用するなど痛みに対するケアを積極的に行う医療機関も増えたりしています。

痛みの感じ方は施術を受ける部位や人により様々ですが、一般的に下記のような傾向が見られるようです。

  • レーザー光の出力レベルが高くなるほど痛みを感じやすい、
  • 使用されるレーザー光の波長が短い(光エネルギーが高い)ものの方が痛みが強い

医療脱毛を行う際には、施術を受けようと考えている医療機関がどのような種類の脱毛機器を使用しているのかということや、痛みへのケアは行われているのかということを確認するといいでしょう。

費用がかさむ。ただし、場合によっては……

エステ脱毛のところで、全身脱毛コースの料金について比較しましたが、基本料金だけ見れば医療レーザー脱毛の方が費用がかさみます。

医療機関で施術を受ける医療脱毛ですが、医療機関で施術を受けることができると言っても健康保険は適用されません。

医療脱毛はあくまでも美容目的の治療となるため、すべてが自費診療となります。

自費診療で発生する治療費(施術費用)は、医療機関が設定することができるので、医療機関により設定されている金額に幅があります。

ただし、両わきの初回特別コースなどを設定している医療機関では、エステ脱毛と変わらない価格で施術を受けられることもあるため、一概に「医療レーザー脱毛の方が高い」とは言いきれません。

エステ脱毛と医療脱毛は……結局どちらがいいの?

医療脱毛とエステ脱毛の比較

エステ脱毛と医療脱毛には、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらがいいと断言するのは難しいようです。

ですから、自分の目的や希望にあわせて選ぶのがいいでしょう。

〈エステ脱毛に向いている人〉

  • 痛みに弱く、できるだけ痛みを感じたくない人
  • 施術中の雰囲気も楽しみたい人
  • 1回あたり(月あたり/コースあたり)の出費を抑えたい人

〈医療脱毛に向いている人〉

  • とにかく脱毛効果を得たい人
  • 毛が硬く太い人
  • 敏感肌・アトピー肌など肌トラブルで悩んでいる人
  • トータルの施術回数を抑え、早く効果を得たい人

医療脱毛の施術までの流れ

PCを見ながら電話をかける女性の写真

エステ脱毛と違い、医療脱毛は施術の流れ自体がよくわからないですよね。

そこで、医療脱毛の施術の流れを、簡単に紹介します。

1. カウンセリングの予約を入れる

自宅や勤務先、学校から通院できるの範囲の医療機関を探しましょう。

エステ脱毛にしても、医療脱毛であっても施術開始から終了まで1年以上を要することが多いので、無理なく通える範囲で選択したほうが無難です。

多くの医療機関では、施術前の無料カウンセリングを受けることができるので、ホームページなどでコース、価格などをチェックしたうえで無料カウンセリングの予約を入れます。

さらに、可能であれば複数のクリニックをピックアップすることをおすすめします。

使用されている脱毛機器は、医療機関によって異なるため、自分に合った機器がどれなのかを知るためにも複数の医療機関のカウンセリングを受けると良いでしょう。

2. 予約した日程で医療機関を訪問する

事前に予約をした日程で、医療機関を訪問します。

そして、受付を済ませ、問診票を記入します。

問診票にはアレルギーの有無、妊娠の有無、これまでの既往歴等を記入します。

脱毛であっても医療行為ですので、問診票は正しく記入するようにしましょう。

特に、アレルギー情報は重要な情報になるので、できる限りくわしく記入します。

3. 無料カウンセリングを受ける

施術前に行われる無料カウンセリングでは、医師による施術部位の肌の状態だけではなく、医療レーザー脱毛で得られる効果、危険性についての重要事項説明(インフォームドコンセント)が行われます。

その他には料金、施術完了までのスケジュールについての説明も受けます。このときに不安に感じたことや、気になる点があった場合には遠慮をすることなく聞くようにしましょう。

医療機関によっては医師による説明だけではなく、看護師・技師によるカウンセリング別に行う「ダブルカウンセリング」を実施している医療機関もあります。

無料カウンセリングで、医師や看護師、技師と実際に会い、その対応を自分の目で確認するということも不安を取り除く材料となるので積極的に利用してみましょう。

4. 施術の開始

納得のいく医療機関が見つかったら、コース、プランの契約を行い施術を開始します。

およそ2か月に1回の施術となることが多いようですが、施術完了までに1年以上を要することが多い医療脱毛です。

不安に感じたり疑問を感じたりしたら、次の施術に持ち越さずに、そのたびにどんどん質問をしてみましょう。

自分に合った施術を受けることで、満足感UP!

思っていたような効果が得られなかった!と後悔をしないためにも、エステ脱毛と医療脱毛との両方について深く知ることが大切です。

施術を開始する前に疑問や不安を取り除いて、「受けてよかった!」と思えるような結果になるように、無料カウンセリングを受けて、自分自身が納得のできるエステサロンや医療機関を見つけてください。

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45867 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ