NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月06日 更新 | 890 views

食べてよし、塗ってよし♡ オリーブオイルは美肌をつくる万能食品!

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

オリーブオイルで美肌をつくれるって知っていましたか? 実はオリーブオイルは、食べてよし、塗ってよしと、とても万能なのです。オリーブオイルを毎日大さじ1杯飲めば、便秘が改善できて、腸内環境が整えられることで美肌になります。また、肌に塗ってマッサージすると、小鼻の黒ずみや乾燥肌ともおさらばできます。

オリーブオイルは、美肌づくりの強い味方。

海外ではすでにメジャーになったオリーブオイルを使ったケアですが、最近では日本でも、美意識の高いナチュラル派の女性から注目されています。

この記事では、おすすめのオリーブオイルの種類や、スキンケアやインナーケアへの取り入れ方などについてくわしく紹介します。

オリーブオイルの種類

いろいろなオリーブオイルの写真

オリーブオイルは、精製度によって大きく3種類に分かれます。

バージンオリーブオイル

オリーブの果実を絞って作られていますが、果実を「そのまま絞った」オイルが、バージンオリーブオイルです。

バージンオリーブオイルのなかで、もっとも酸化度の低い上質なオイルが、エクストラバージンオリーブオイルと呼ばれます。

精製オリーブオイル

精製オリーブオイルは、バージンオリーブオイルのなかで、酸化度が高いものを精製したオリーブオイルです。

オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)

オリーブオイルは、バージンオリーブオイルと、精製オリーブオイルをブレンドしたオイルです。

おすすめなのは、エクストラバージンオリーブオイル!

オリーブオイルを購入するときは、食品表示を確認して、必ずエクストラバージンオリーブオイルを選びましょう。

エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実を絞ったもので、ほかに何も手を加えていません。また、先述のように酸化度がとても低いのが特徴です。

ほかのオリーブオイルに比べて風味がよく、生のまま食べるときや、肌に塗るときは、エクストラバージンオリーブオイルを使用するのがオススメです。

オリーブオイルを飲んで腸内環境を正常化

スプーンでオリーブオイルを飲む女性の写真

外から見えている「肌」は、外から見えない「粘膜」と繋がっています。

外から見えるものというのは、顔や手の肌、唇、爪などで、外から見えない粘膜とは、胃や腸の粘膜のことです。

肌と粘膜は、口と肛門を境にして繋がりお互いに影響しあっているため、粘膜が荒れていると肌も荒れます。

なので、便秘や暴飲暴食などで、胃腸の粘膜を整えられずにいると、肌も荒れてしまいます。

また、便秘で食べかすや便がずっと腸内に残っていたり、悪玉菌が優勢になったりでは、腸は荒れ放題です。

これでは、どれだけ肌のケアをしても、美肌にはなれません。

そこで、おすすめしたいのが、オリーブオイルでのインナーケア。

オリーブオイルを大さじ1杯飲むと、便秘が改善するといわれています。

これは、オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」のはたらきによるものです。

オレイン酸は、便の硬さを調節し、排便を促します。便秘ではないけれど便が硬いという人も、オリーブオイルを飲んでみるといいでしょう。

そうすることでデトックスがスムーズに行われるようになり、体の内側から美しい肌を育むことができます。

抗酸化作用で美肌に

花に囲まれた美しい女性の写真

オリーブオイルに含まれる「ビタミンA」「ビタミンE」「クロロフィル」「ポリフェノール」には、抗酸化作用があり、体内で増えた活性酸素を除去し、体内の酸化(老化)を防ぎます。

美肌でいるためには、体内での酸化を予防することがカギとなります。

抗酸化作用がある食品を積極的に摂取することで、身体の中からアンチエイジングができ、日々生まれ変わる肌を若々しく保ちます。

肌は1〜3か月のサイクルで生まれ変わっているので、次に生まれる肌を美肌にするためには、常に抗酸化作用がある食品を積極的に摂っておきたい、ということですね。

肌に直接塗って美肌に

スキンケアをする女性の写真

スキンケアをするときには、エクストラバージンオリーブオイルを使用しましょう。

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、皮脂にも含まれる成分で、天然の保湿剤といわれます。

オリーブオイルは、塗ってマッサージしたり、クレンジングの代わりに使ったり、仕上げのパックに使ったりでき、なんとも万能なのです。

そのスキンケア効果は、顔色が良くなる、乾燥肌が改善する、小鼻の黒ずみが薄くなるなど、多岐にわたります。

ただし、オリーブオイルに即効性はないので、継続してケアをすることで効果を得られるはずです。

使ってみて、ヒリヒリしたり、逆に肌荒れしてしまったなどの症状が出た場合は、使うのをやめましょう。

オリーブオイルで美肌に

いかがでしたか? 食べる以外の用途にも注目したいオリーブオイル。

今回は美肌に着目しましたが、そのほかにも、血液サラサラ効果や、生活習慣病予防など、多くの健康効果が期待できます。

毎日の生活にオリーブオイルを摂り入れて、美肌生活を始めましょう!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ