NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 4,601 views

切開法で半永久的な二重に。知っておきたいメリット・デメリット

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

切開法とはまぶたの皮膚を切開し、脂肪を除去したのち縫合してひだを作ることで二重まぶたを形成する手術で、切開の範囲により部分切開法と全切開法の2種類があります。半永久的な二重まぶたが手に入りますが、ダウンタイムが長いなどデメリットもあります。

毎日のアイプチやアイテープには、もううんざり。でも整形手術を受けるのは不安だから、結局何年もアイプチやアイテープを使い続けている……という人も多いでしょう。

しかし、アイプチやアイテープを長期にわたって頻繁に使うことには、まぶたの色素沈着やたるみなどのリスクがあり、あまり良くないのも事実。

思い切って整形手術をしてしまった方が、長い目で見ればまぶたへの負担は少ない場合があります。

これからもずっと二重まぶたでいたいという強い意思を持つ人に向いているのが、半永久的な効果が得られる「切開法」という二重まぶた形成手術です。

切開法とは

目の手術の様子の写真

切開法の手術では、まぶたの皮膚を切開し、脂肪を除去したのち縫合します。まぶたの皮膚を薄くしてから縫合でひだを作り、まぶたが「折りたたまれる」ようにすることで、二重まぶたを作ります。

切開法には「部分切開法」と「全切開法」の二種類の方法があります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

全ての患者さんで脂肪を除去する訳ではありません。眼窩(がんか)脂肪が多い患者さんで脂肪を除去します。脂肪を除去し過ぎると、将来的にくぼみ目になるリスクがあります。

部分切開法とは

まぶたの中心部分を1~2cm切開する方法です。もともとまぶたがあまり腫れぼったくない人は、まぶたの脂肪の除去が少量で良いので、この方法が適しています。

全切開法より傷が小さいので腫れや内出血が少なくて済み、回復も早いメリットがあります。

その反面、全切開法よりひだを支える力が弱いため、人によっては年齢が進むとともに二重のラインがゆるんだり、まぶたが下がって二重の幅が狭くなったりすることがあります。

全切開法とは

まぶたの全体を端から端まで、3~4cmにわたって切開する方法です。もともとまぶたが腫れぼったい人に向いています。

部分切開法より多くの脂肪を除去できるだけでなく、まぶたの余分な皮膚のたるみも除去できます。

二重を支える力は部分切開法よりも強く、くっきりとした二重を形成でき、半永久的に持続します。幅広の二重の形成も可能です。

傷口が部分切開法よりも大きいため、術後の腫れや内出血もより多く、腫れが引くまでの時間も長くなります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

切開法では、目を開く際に抵抗となる厚い眼輪筋、厚い眼窩脂肪を取り除き、目を開きやすくし、目を開いた時に、皮膚に折れ込みができるよう、皮膚とまぶたの深いところにある瞼板(けんばん)が連結するようにします。

切開法のデメリット

亀裂の入ったハートを持った手の写真出典:We Heart It

しかし、切開法はあくまでも切開をともなう「手術」であるため、いくつかのデメリットも伴います。

ダウンタイムが長い

切開の幅や位置、除去する脂肪の量や手技などにより腫れの度合いはさまざまですが、手術後2〜3日は驚くほど腫れることもあるようです。

そして、2週間ほど経つとメイクが可能になります。伊達メガネなどで目元を目立ちにくくすれば、外出もOK。

大きな腫れは1か月ほどで引きますが、二重のラインが定着するまでには2〜3か月から半年かかります。この間はまだ二重のラインが不安定で、手術した部分がむくんだりすることもあります。

場合によっては、二重のラインがきちんと定着するまでに1年ほどかかることもあるのだそうです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

腫れだけでなく、傷跡の問題もあります。1ヶ月位は傷跡が赤い状態となります。

しばらく顔を洗えない

手術から数日間は傷あとを濡らしてはいけないので、いつものような洗顔やシャンプーができません。約1週間後の抜糸までは、傷あとを濡らさないようにと指導しているクリニックが多いようです。

そのため、洗顔シートでまぶた以外の顔の箇所を拭いたりして、この期間を乗り切る必要があります。

シャンプーについても、1週間は控えるように指導するクリニックや、シャンプーは可能でもまぶたを濡らさないように、というクリニックもあります。この場合は、シャンプーハットが役に立ちます。

抜糸をしたあとは普通に洗顔ができるようになりますが、その後も二重のラインが定着するまでは、まぶたをこすったりして傷あとを刺激しないように気をつける必要があります。

簡単には元に戻せない

切開法では皮膚組織を切除するため、一重まぶたに戻ることはありません。これはメリットですが、裏を返せば、「もし結果が気に入らない場合も元には戻せない」というデメリットでもあります。

二重の幅をより狭くしたい場合や、逆に広げたい場合には修正手術が可能ですが、難しい手術であるため引き受けてくれる医師も少ないのが現状です。

時間が経って腫れが引くと、二重の幅が狭まることもよくあります。その場合は、二重の幅が気に入らない場合でもすぐに修正手術をせず、しばらく様子を見てみましょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

二重を作る皮下組織をたくさんとれば良いというものでもありません。とりすぎると、目を開く働きをする挙筋腱膜(きょきんけんまく)を傷つけ、目を開きにくくなってしまったり、またいかにも切開しましたというような目頭側の食い込みが強い二重ができてしまいます。

切開法をする前に知っておきたいこと

女性と吹き出しの写真

では、実際に切開法を行うことを決めた場合、どのような心づもりをしておけば良いのでしょうか?

どれくらい痛いの?

切開法の手術自体は、麻酔をかけて行われるため痛みはありません。

術後2〜3日は軽い痛みがありますが、処方される痛み止めで十分にコントロールできます。通常は1週間足らずで痛みはなくなります。

処方されたものの、結局痛み止めは飲まずじまいだったという人も多いようです。

かかる費用はどのくらい?

施術の料金は、クリニックによって20万円から40万円の間と、幅があります。平均的な相場としては、25万円前後と考えておけば良いでしょう。

麻酔は別料金になっているクリニックもありますので、注意が必要です。

切開法におすすめのクリニック

受付の写真

高須クリニック

切開法は多くの人が受けている手術で、クリニックの評価もある程度定着しており、高い評判を持つクリニックがいくつかあります。

高須幹弥ドクターの手術には定評があり、わざわざこの先生の手術を受けに他府県から来る人も珍しくありません。

クリニックのホームページは情報量が多く、分かりやすく詳しい解説が事前の理解に役立ちます。

高須幹弥ドクターのブログでも、さまざまな症例が写真や動画で紹介されています。

城本クリニック

口コミランキングで常に上位にランクインしているクリニック。丁寧なカウンセリングや、1年または永久と期間が選べる施術の保証制度も人気の理由です。

無料カウンセリングや無料メール相談も受け付けています。

東京イセアクリニック

「神の手を持つ形成外科医」と呼ばれる吉種克之総院長は、30年間で3万件以上の二重まぶた手術の実績を持ち、全国に100人以上の美容外科医の弟子がいる名医です。

カウンセリングを重視するクリニックとしても有名で、カウンセリングにかなりの時間をかけ、どんなに高価な施術でも不要な場合ははっきり断る姿勢も、信頼の高さの理由です。

理想の二重は、医師との出会いから

切開法は医師の技量が大きくものをいう手術です。医師により、二重まぶたのデザインも変わってきます。

自分が希望するデザインを得意とし、アフターケアもしっかりしてくれる医師を選ぶことが、理想の二重まぶたになれる秘訣と言えます。

二重まぶたの整形手術でのトラブルを避けるために知っておきたいこと

美容医療サービスでのトラブルを避けるために以下のことに気をつけましょう。
1.不適切なホームページや広告などの情報に気をつける
2.医療機関に行く前に施術やクリニックの情報をよく確認する
3.施術を決める前に、リスクや施術の効果について医師に説明を求める
4.その施術は本当に必要か考える

(政府広報オンライン)

出典:美容医療サービスの消費者トラブル サービスを受ける前に確認したい4つのポイント:政府広報オンライン

二重整形 切開法(全切開) 両目の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 90,740円
湘南美容外科クリニック 177,371円
聖心美容クリニック 300,000円
水の森美容外科 315,000円
東京美容外科 350,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

二重整形 切開法(全切開) 両目の体験レポート公開中!

test

【1日ごとの経過付き】本当に腫れにくい二重切開を試してみた!

こんにちは、NICOLYモニター初挑戦のサキです。

私は腫れぼったい一重が昔からのコンプレックスだったので、今回二重切開を受けることを決意しました。

修正がききにくい手術ということではじめは不安もありましたが、担当してくださった先生のおかげで安心して手術を受けられ、私の理想としていた自然でキレイな二重を手に入れることができました!

出典:【1日ごとの経過付き】本当に腫れにくい二重切開を試してみた!|品川スキンクリニック表参道院

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

二重整形の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川美容外科 福岡院

西鉄 福岡駅より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45900 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ