医療機関で受けられる毛穴治療って? 最適な方法を見つけよう

毛穴の開きや黒ずみの治療では、ほとんどのケースが自由診療。治療は、ケミカルピーリングや、レーザー治療、高周波をあてるといった方法があります。どのような毛穴の状態に適しているかどうかはカウンセリングで医師に診てもらってから決めましょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太先生が監修しています。

普段はファンデーションなどで隠していても、化粧を落としたり間近で見ると気になるのが毛穴の開きや黒ずみ

このような悩みを解決するには、医療機関での治療がおすすめ。

「肌トラブルだから毛穴治療も保険が適用される?」

「どのような治療方法がある?」

この記事では、このような疑問を解決すべく毛穴治療についてくわしくまとめました。

目次

毛穴治療は保険は適用される?

女性と吹き出しの写真

医療機関での病気の治療においては、保険が適用されるのが普通ですが、なかには自由診療といって、保険適用外の分野があります。

毛穴が開いている、あるいは毛穴が目立っている、と悩んでいた場合、実はその原因がニキビや湿疹だったという場合があります。

このように、ニキビや湿疹を伴っている場合、そのニキビや湿疹に対しての治療は保険適用となる場合があります。

毛穴治療はほとんどの場合は自由診療

しかし、たとえば皮脂が過剰分泌して毛穴に詰まり、それが黒ずむことによって目立っている毛穴の場合や、加齢により肌がたるみ、そのせいで毛穴が広がって目立っている場合の治療は、自由診療の分野であり保険が適用されないということになります。

毛穴が開いている原因は多くが上記のようなケースであるため、ほとんどの場合が自由診療になります。

毛穴治療単独では、保険適用外のため自由診療になるケースがほとんどです。

自由診療で受けられる毛穴治療の種類

病院の処置室の写真

先述のように、ニキビは皮膚疾患として扱われるので、治療には保険が適用されます。

ニキビの場合は、毛穴に詰まっているニキビの内容物を押し出し(圧出)、そこに薬を塗るという治療が行われ、早く治るように、抗生剤やビタミン剤を処方されたりもします。

医療機関によっては、漢方薬を処方する場合もあります。

では、自由診療の分野の毛穴の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面にフルーツ酸やグリコール酸などを塗って、表皮を薄くはがす治療のことです。余分な古い角質を取ることで、ターンオーバーが促進されて新しい肌を生まれやすくします。

ケミカルピーリングは、毛穴に溜まった老廃物や古い角質を溶かし出すので、毛穴に角質や皮脂が詰まってザラザラしている、角栓が黒ずんで目立つ、という場合に効果が期待できます。

少しずつ皮膚を剥がして肌を生まれ変わらせる治療のため、一度の治療で完了することは期待できず、5~6回治療を繰り返す必要があります。

また、肌が回復する期間を考慮して2~3週間に1度の治療となり、治療期間はおよそ3か月~5か月ほどかかります

1回あたりの治療料金はおよそ数千円ほど。自由診療の治療のなかでは、比較的リーズナブルに受けられる治療です。

フラクショナルCO2レーザー治療

フラクショナルCO2とは、レーザーによって肌表面に無数の小さな穴をあけ、その穴が治癒する力を利用して、肌を生まれ変わらせる治療方法。

開けた穴が治癒する際に、コラーゲンが増大されて肌にハリがでます。

フラクショナルCO2レーザーは毛穴も引き締まるため、加齢によってたるんで広がった毛穴の治療に効果的です。

肌を少しずつ新しく生まれ変わらせるため、複数回の治療が必要で、5~6回ほどの治療をすることが多いようです。

また、レーザーでダメージを与えた肌が回復するまで1か月間を空ける必要があるため、およそ半年から1年の期間がかかります。

気になる治療費ですが、「鼻だけ」「頬の一部だけ」などの部分照射は数千円ほどから、「額と鼻」「頬と鼻」などの広い範囲になると、数万円ほどするようです。

高周波

高周波とは、電磁波の一種とされる高周波RFを、肌の奥深くの真皮層まで届け、コラーゲンや肌の弾性繊維の組織を、加熱して収縮させる方法です。

サーマクールやマトリックスIRなどが代表的なものです。

加齢によりたるんだ肌を引き締める効果が期待できます。

高周波は肌の真皮層からコラーゲンに刺激を与え、肌全体を引き締めてたるみを予防する効果が期待できます。

そのため、たるみ毛穴がさらに小じわによってつながってしまう帯状毛穴という状態になっている場合に、高周波治療が用いられることもあります。

治療頻度はマトリックスIRの場合、2~4週間に一度、数回行います

治療費は、用する機器の種類によっても異なります。

前述のようにマトリックスIRなら2~4週間に一度ですが、サーマクールなら半年に一度と頻度も異なってきます。

頬がたるむと、ゴルゴラインに沿って毛穴が開きます。
俗に言うたるみ毛穴、帯状毛穴です。

この場合、たるみの治療が必要になります。たるみの治療のひとつとして高周波という選択肢もあります。

適した治療を受けるためにはカウンセリングからスタート

医師と患者のカウンセリングの様子の写真

毛穴を本格的に治療したいと考えたら、まずはカウンセリングで医師に相談してみましょう。

無料でカウンセリングを行っているクリニックも多いので、医師に毛穴の状態を見てもらい、自分がどんなタイプの毛穴なのか、どんな治療法が適しているかも把握しておきましょう。

大体の治療の流れを把握し、治療の疑問をカウンセリングで解決しておくことで、治療計画や予算も立てやすくなるはずです。

自分に合った治療法で毛穴レスな肌を目指そう!

顔をさわる女性の写真

毛穴治療は、ほとんどのケースで自由診療です。

自由診療による毛穴治療はさまざまな方法があり、自分に適した治療を行うには、まずはカウンセリングなどで自分の毛穴と治療法について把握することが大切です。

事前によく検討して、最適な方法でツルスベ肌を目指しましょう。

この記事の監修医:石橋正太先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都港区北青山3-11-7 Aoビル10F
  • アクセス東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅「B2出口」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-106-640
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック表参道院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

毛穴の開き・黒ずみの美容医療の施術を受けられるクリニック

  • 福岡天神南駅より徒歩約1分
  • フラクショナルCO2レーザー4,500円

湘南美容外科クリニック 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー